ブックオフ買取を利用してみた
 最近自分で利用した広告にブックオフオンラインがあります。年末大掃除も兼ねて本棚の奥に眠っていた本の何冊かを処分したのです。つまらなくて二度と読まないだろうという本だけ選び出しました。

 ブックオフオンラインは30冊から送料着払いで買取をしてくれます。梱包材は自分で用意する必要がありますが、梱包しておければペリカン便が家まで受け取りに来てくれるのでそれを渡すだけです。梱包にはスーパーなどで貰える適当なダンボールとぷちぷちの緩衝材(なければ新聞紙を丸めたもの)と梱包用テープがあれば十分でしょう。宛名書きは不要で、買取を申し込んだ時の受付ナンバーを紙に書いて同梱しておけばよいです。あとはオンライン登録で受け渡しの日時を指定しておくだけ。一週間ほど待っていれば買取金額を銀行に振り込んでくれます。もちろん買取金額に不満があれば返品してもらうことも可能です(送料こっちもち)。

 わたしが今回売った本は文庫や新書、それに揃ってないコミック、ようはジャンル問わずばらばらの組み合わせ。いずれも状態は悪くなく、そこらの古本屋で売っている本よりはかなり綺麗なものばかりでした。でもそれでも買取価格は驚きの160円・・・。1冊5円計算です。ブックオフオンラインの買取ってこんなに安いんですね。

 送料と振込手数料はブックオフオンラインが負担しているわけで、それを考えると仕方ないのかなと思うところもあります。でも160円・・・。ペリカン便の受け渡しに午後を指定しておいたところ、やってきたのが午後6時前。半日拘束されて160円は割に合わなかったかも。今回のケースだと紙のゴミとして捨ててしまうのが早かったかもしれません。ブックオフオンラインの対応に不満はまったくありませんでしたが、この先再び利用することはないと思います。



稼げないから止める
 調査によるとアフィリエイト利用者がアフィリエイトを止める理由は思ったほど稼げないからが最多。へー。やっぱり稼ごうという気で臨むと色々大変なのでしょうね。うちなんてただ広告バナー貼ってるだけなので手間なんて全然かかりませんし、ブログの更新ついでにやっていることなので止めようなんて一度も思ったことありません。それに1000円くらいの報酬でも十分嬉しいです。

 ちなみに、今だと左のヤクルトの広告からメルマガ登録すると一件160円の報酬になります。随分と気前いいですよね。オンラインゲームの広告だとだいたい100円前後で、大盤振る舞いなタイトルだと200円超えることもあります。登録からキャラメイクまで終えると320円なんていうのもありました。すごすき。でもそれはすぐに予算超過してました。

 本人利用はダメ、という広告も沢山あります。特定の運営のゲームの広告は全部だめですねぇ。そういう広告は報酬にはほとんど繋がらないのでうちでは扱いません。自分で広告を利用して報酬を頂く、その代わりしばらく広告を置いておく、もし良い部分があれば記事にしてアピールします。そういうスタンスでやっています。

 最近で人気があったのはコズミックブレイクの広告かな。クリムローゼ実装と記事にしたら途端に利用者が増えました。あれは運営の宣伝が上手かったですね。逆に人気がなかったのが魔境奇談・・・。あれだけ景品をばら撒くイベント告知をしているのに、このブログでも伝えたのに、少なくともうちからは誰も登録してませんでした。登録して各自ブログの記事を書くだけで誰でも500円貰えたのにね。ただリンクしただけの記事でもいいって言っていたのに。あそこまで反応薄だと運営もさぞびっくりしたでしょう。貰えるのがnanacoギフトID形式だったのがよくなかったのでしょうか。

 12月は新しく始まったゲームが多かった分広告も多かったので、12月分はいつもより多く報酬が貰えそうです。ファルコムのメルマガをきっかけにアフィリエイトを始めてもうすぐ半年、今のところは特に不満なくやれています。とりあえず自分もやってみようかな?と思った人はまずはアクセストレードJANetがお勧めです。成果の反映が早いので、楽しくやれると思います。



気力が持たない
 時間当たりの稼ぎ効率なら3人くらいで珊瑚海海戦をやるのがよさそう。全員爆撃機なら2分かからず経験値1400入ってきます。マレー沖海戦の巡洋艦撃沈分岐で3分10秒ですから相当速いですね。ただ、面白くもなんともありません。

 戦闘機で大陸航空戦に挑戦するも3回やってすべて補給部隊に逃げ切られてしまいました。爆弾の威力がないのと数が落とせないのとで20潰すのすら出来ません・・・。機銃で狙えそうなものですけど、どう考えても補給部隊のジープは小さすぎ。狙っても全然当たりません。

 ちょびちょびっと遊んでレベル27の40%まできました。気力を全部使い切るまで遊べば1日1レベルくら上がりそうです。でも現実の気力が持たなくて、だいたい600くらいあまっていつも終わります。

 地中海エリアまではとても面白いゲームなのに、太平洋エリアに入ると途端にやることがなくなってあまり面白くありません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.