機関砲が強い
 かつてあんなに苦労してクリアしたダンケルク撤退戦ですが、機関砲で艦船を狙いまくってるだけで簡単にクリアできることに気がつきました。連射の効くロケットを4発撃ちながら機銃と機関砲をそのまま連射してるだけでぼこぼこ沈める事が出来ます。それまで8分くらいかかっていたのが5分半程度でクリアできてしまいます。機関砲なんてほとんど使ってこなかったのでびっくり。

 どの武器も一発の威力が強いものより、威力は落ちても連射が効くものの砲が扱いやすく、トータルでは有利に事が運べる感じがします。爆弾なんて再使用時間が0.5秒違うだけで狙いが全く違ってきますからね。

 これをきっかけに色々考えて武器を買いなおしてはみたものの、威力は上がっても修理代も跳ね上がってしまうので、残念ながら気楽に使えそうもありません。威力は下がっても修理代がほとんどかからない武器で固めておくのがよさそうです。



一見遊びまくり
 ミニドラHARDが揃わなかったので、開始3分前でピノに鞍替え。14人で始まりました。参加者が多かったのでパーティは拒否設定で気ままにプレイ。20分掛からずクリアとなりました。このゲーム、PCがしょぼいとエフェクトのキラキラが十字型になります。この状態が酷くなるとクライアントが落ちます。現在修理・交換に出しているシステムだとこういうことはありません。早くマザーボード返ってこないかな・・・。

 でも今のお古のPCでもわずかのストレスさえ我慢すれば十分ゲームが遊べますし、ゲーム中に動画を撮るような無茶なことをしなければ通常の使用にはまったく支障がありません。これだけ使えるものを押入れにしまっていたなんて、なんだか随分ともったいないことしてたなと感じています。

 ゲームで遊んでいる記事が続いていますが、実際はそんなに遊んでません。この記事のピノだって20分ちょっとですし、ヒーローズインザスカイは1ミッションが長くても6分くらい、それを数回やってお終いです。魔境奇談なんてそもそも人がいなくて全然遊べませんし、やっても3分くらいで終わる退魔モードを何回か繰り返してるだけ。以前とは違って短時間で手軽に遊べるゲームが好みになっています。やり込み必須なゲームは多分もうやりません。楽しさより疲れが先に来てしまいます。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.