CRTを処分
 春に壊れたCRT、ついに廃品業者に渡してしまいました。1000円取られました。行政のリサイクルにまわす4000円以上取られるのでしょうがないです。本当は国内の無料引取りリサイクル業者に送るつもりだったのですけど、梱包材がないので送る手段がなく、どうしようか考えあぐねているうちに半年も経ってしまっていました。もういいやということで処分。

 廃品業者のおじさんと少し話しをしてみました。この手のものはやはり東南アジアに流されるそうです。業者間ではソニーの製品は人気がないとか。ソニーの製品は独自の技術が使われている場合が多く、東南アジアでは修理出来る人がいないため、再利用するのが難しくて売りにくいのだそうです。今でもテレビの下取りでソニー製は不可とあるのをみたことがあります。なんでだろ?と思っていたのですが、ああいう下取りされたものも東南アジアに流されていくというわけですね。

 渡したCRTは再利用されずスクラップされて貴金属だけとられて終わりそう。



5000円当たった
 某懸賞で5000円当たっていました。ひと月以上も前の抽選で、気がついたのはいまさっき。幸いまだ無効になってませんでした。メールのひとつもくれれば良いのに・・・。個人情報保護法の絡みで難しいのかな。とりあえず発送先を連絡して手続きは完了。

 新しい本でも買おうかな。年末大掃除で少し本を処分したので(ブックオフに送りました)、ちょっとだけ置き場に余裕があります。



ドーバー海峡の空戦
 なんとなく遊んでいたら、ミッション失敗続きで修理費があまりに嵩むため挑戦を諦めていたドーバー海峡の空戦、クリアできてしまいました。うれしい。

 装甲板つけたままダメージを受けまくると修理費ばっかり飛んでいってやってられないので、思い切って装備から外しました。これで失敗しても金銭的に痛くないので、失敗前提で試行錯誤してみました。

 時間制限が厳しいので爆撃機で艦船を破壊したほうがいいのかなと思ったのですけど、艦船を破壊した後に空戦が待っているので戦闘機のほうがよいのではないかと考え直し、艦船には遠くからロケットを撃ちこみ、すれ違いざまに上から爆弾を落とす感じでやっていたら時間内に破壊できました。続く空戦は味方が多いのであまり無理しないでいたほうが良いようです。調子に乗って空戦を楽しんでいたら撃墜されかけました。そしてついにクリア。

 これでついにヨーロッパ2のエリアに突入です。やった。

 ヨーロッパ2最初のミッションはロンドン防空戦。味方の爆撃機を護衛しつつレーダーを破壊する内容です。途中まではそんなに難しくはありません。ただし敵戦闘機は倒しても倒してもやってくるので気が抜けません。レーダーを破壊しつくすと(爆撃機が勝手に破壊してくれます)、さらに北西にレーダーが6基あり、これを破壊しろといわれてからが本番。この時点では味方爆撃機はいなかったので(やられてしまった?)、単機で頑張ることになりました。狙うのは送電線のような鉄塔のほうではなく、それに囲まれている箱みたいな部分です。最初はこれがわからず無駄に時間を消費してしまいましたが、わかってしまえばあとは簡単です。先のミッションのようにロケットを撃ちこみ、すれ違いざまに爆弾、このパターンで時間ぎりぎりでクリア。

 続くロンドン爆撃ミッションは味方の爆撃機を護衛しているだけでした。これは簡単です。

 三番目のミッションはエース救出。これがなかなか面白くて、捕虜になったエースを脱走させ、エースを乗せて逃走している車両を敵のジープの追跡から守るという内容です。ジープを破壊せよといわれるのですが、このジープがなかなか硬い・・・。しかも道路沿いにある建物が邪魔で低空飛行では近づけません。残念ながら最初の挑戦では失敗に終わりました。でもこれは良く出来たミッションですね。感心しました。

 このゲーム面白いです。キャラモノでなければ嫌だというのでなければ、ぜひ遊んでみて欲しいと思います。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.