ペーパーマンしてみた
 もともとは開発元が直接運営する予定だったものの親会社の意向で事業から撤退、それに伴いペーパーマン絡みの権利がゲームポットへ委譲され、現在のβテストに漕ぎついたという経緯のあるゲームです。

 ペーパーマンはプレイヤーキャラが紙で出来ているという設定が売りらしいのですが、意地の悪い見方をするとただキャラを3Dに起こす手間を手間を端折った言い訳に思えます。ゲームとしてこの設定が受けるのか、正直疑問ですが、それは追々わかるでしょう。あと、有名声優がキャラに声を当てることでより賑やかな内容になっているみたいです。

 わたしも広告を貼った以上はやらないと、と思い試したのですが、ふつーのFPSでした。個人的にこの手のゲームは非常に酔い易いので好きではありません。というわけで終了。




Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.