ミニドラHARDクリア!
 彷徨えるミニドラゴンHARD、クリアできました。宝箱の中身は幸運のリックスと祝福のチール10個ずつ!と中級HP再生ポーション10個と高級解毒ポーション3個。随分と豪勢ですね。ファイター2人、クレリック1人、メイジ2人、そしてアーチャーが5人。この構成でクリアして4分近くあまっていました。
 この構成のなにが良かったのか考えてみると、まず第一にクレリックが1人しかいないということ。これは単純に攻撃役が多いわけです。ミニドラHARDクリアの一番の障害は時間が足りないことなので、攻撃役は1人でも多いに越したことないのです。

 第二に間接攻撃職が多いこと。これはミニドラ戦で"混乱"せずかつ急降下攻撃を避けてやられることなく安定して攻撃を加え続けられる人が多いことを意味します。急降下攻撃で同時にみんな死んでしまうと雑魚は散り散り、ミニドラゴンは暴れ放題となってしまいますから、立て直すのが非常に難しくなってしまうのです。今回は崩れることなく最後まで安定しいました(ただ、ミニドラゴンを倒した後のウェアベアー一群を処理するのに、まだ時間は十分あるのだから落ち着いて丁寧に1匹ずついけば良いものを、まとめて狩ろうと特攻している人が何人かいたのが残念でした。このせいで最後の最後でやられる人続出。今回は総崩れにはなりませんでしたけど、こういうちょっとして油断がみんなを巻き込んでしまうんですよね)。

 第三にアーチャーが多かったこと。先に書いたとおり今回のクリアまでの道のりは最後まで安定していました。これはファイターが"混乱"したときにアーチャーがミニドラにスピリットソーンを掛けて動きを封じていたからです。アーチャーは5人もいましたから、誰かしらが使ってほぼ確実に決まっていました。これで助かった場面は何度もあったと思います。

 このひとつ前のミニドラゴンHARDにも参加していたのですが、その時はファイター2人にクレリック2人、メイジ4人にアーチャー2人。構成だけ見ると上のものより断然良い内容ですが、まったく話にならない状態で時間切れ。これは構成が悪かったわけではなく、クレリックの人があまりに下手で・・・。ファイターの人をサポートせず放置で好き勝手やっているものだから(というか視界にいなかったです。ファイターの人がやられて蘇生してとチャットで発言しているのに無視してましたし・・・)、ミニドラ戦で壁役のファイターがやられてしまうとあとはずるずる。ミニドラゴンに追われた人がなにを思ったか細道に入ってロボスの空き地まで逃げてしまい、時間だけが無駄に過ぎていってしまいました。逃げなくてもクリアは無理だったと思いますけどね。

 それはともかく、30分10人参加という縛りでみんなで挑んでクリアできたのは嬉しかったですし、楽しかったです。宝箱の中身も分かりましたし、満足。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.