アクセストレードレビュー
 通常アフィリエイトといえば広告バナーを自分のブログやホームポージに載せてそれをクリックしてもらっていくら、あるいはバナーを通じて会員登録してもらっていくら、という形態が馴染み深いと思うのですが、ここで紹介するアクセストレードレビューは具体的なサービスや商品を利用した上でその感想や要望を記事にすることで報酬が支払われるシステムとなっています。例えば、特定のオンラインゲームについて遊んだ上でそのレビューを記事にするとお金が貰えるわけです。

 わたしもブログをやっていますから、記事を書いて報酬がもらえるのは趣味と実益が合致して大変ありがたいと思い、某ゲームについてのレビュー募集に即参加申請してみました。たかだか200字程度の記事で400円程貰えてしまいます。

 それで、実際にやってみて思ったのですが、記事にすること自体はたやすいものの、いくつか問題がある事に気がつきました。どれも新規登録からでないと参加できないので、すでに遊んでいるオンラインゲームについてはレビューできないこと、使用する素材、特に画像については必ず使わなければならないので、用意されている中に自分の書きたい内容とあっているものがひとつもない場合困ってしまうこと、そして遊んでみてつまらない印象しか持たなかった場合、自分の良心に従いその旨正直に記事にするか、広告主に配慮してあえて提灯記事にするか、非常に悩んでしまうこと、などなど。

 もちろん、参加して新しくやってみたゲームが面白く、喜んで記事にできるものならこういう問題はありませんけどね。そうならないようにさまざまなタイトルのゲームについてアクセストレードレビューが利用でき、選択できるようになればよいのですが。

 アクセストレードレビューに参加してみたい人はこちらから
アクセストレードレビュー



クリックしてるだけ・・・
 アクセストレードのラストカオスレビューキャンペーンをやろうとゲームクライアントをダウンロードして新規登録、ゲーム開始してみたはいいのですが、なにをするにもカーソルクリックで嫌になってきます。

 なにが嫌かって、敵を狙うのにカーソルが少しでもずれてしまうとそこに走り出してしまうところ。操作に慣れる前にストレス溜まりまくりでゲームどころではありませんでした。普段わたしが遊ぶゲームはWASDで移動、数字キーでスキル選択なものばかりなので、ちょっと相性がよくなかったみたい。この手のゲームはマウスひとつで遊べる簡単さをひとつの売りにしているようですが、わたしにはとてもそうは思えません。キー操作を任意に併用させてくれればもっと自由に遊べるのに。

 ラストカオスのレビューはあきらめました。面白いと感じませんでしたし、わずかのお金のために媚びへつらう記事を書くのは馬鹿らしいです。こればっかりは好みの問題なのでどうしようもありません。逆に駄目出しばかりの記事になんて広告主も報酬を払いたくないでしょうしね。

 そもそもゲーム内容以前に、初めて遊ぶ際のアップデートファイルが多すぎて、レビューキャンペーンのためでなければその時点で間違いなく止めていました。どこの運営にも言えることですが、こういうちょっとしたところにも目を向けて欲しいです。ゲーム開始するまでの敷居が高すぎです。




場違い
 ピノ開催時間前にのぞいてみたらもう15人揃って始まっていました。残念、でも蜘蛛が10人で始まりそうだからこっちでいいやとレベル70で参加してみました。

 自分のキャラがあまりに強すぎ。フォーチュンハンマーの威力がありすぎです。ヴィヴィ相手にブレーク入れてウィールドのクリティカルで2000出ます。ブレークのクリティカルでも1000超えています。クリティカルなんてそんな出ないのではと思う人もいるかもしれませんけど、レベル70フォーチュンハンマーは素の状態で10%もあります。そこにアーチャーのミストチャージで基本2%、パーティボーナス4%、あとは猛虎のポーションに集中スクロールの上積みで計20%以上いくわけで、実質的にクリティカル服を着ているようなもの。クリティカルヒットがばんばんでます。

 これはこれで面白かったのですが、客観的にみれば完全に場違いですね。最後のほうは自分でもちょっとしらけてました。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.