ゾンビdeカーニバル
 ツヴァイ2、初めてボス戦で詰まりました。3回もリトライしてしまいました。ここまではストレートだったのに・・・。対モンブラン戦、最初はどうやってもダメージが通らず、食べ物がなくなって終了。2回目も慎重に戦ってみたのですがダメ。ここでアルウェンの魔法が一切効かない事にやっと気がつきました。3回目はモンブランが降りてきたところをラグナが貼りついて怒涛の攻撃をしてみたのですがやっぱりダメ。逆にダメージを受けるだけ受けておしまい。この過程でモンブランが光っている時はなにをどうしたってダメージは与えられないことが判明。唯一ゾンビと輪になって回転している時だけ、この瞬間だけ無防備だということが分かりました。

 ここまで分かればもう楽勝です。最初から輪の中央に入り込んで、モンブランを目押しで攻撃。モンブランはダメージを受けるとゾンビに攻撃を命じるので、しばらくこれを避け続けてまた輪になるのを待つ、もしパターンが崩れて輪になるなくなったら、ダメージを恐れず中央に位置していれば必ずまた輪になって攻撃してくるので再びチャンスを待ちます。最後の一撃分はものすごい回転スピードになっててなかなか当たりませんけど、落ち着いていればそのうち当たるでしょう。

 倒し方を想定してから1回目、その通り倒せました。今回はレベル14のマークがあるところをレベル12で進んでいたわけで、レベル的にはちょっときつい面もあったのかもしれませんが、それでもかなり苦戦しました。モンブランの音声付き煽りがむかつくだけにちょっと屈辱感を味わいました。

 今まで戦ってきたボスはどれもよーく見ていると動きに隙があって、この瞬間にここを狙って倒すんだというポイントが必ずあります。よく出来てるなーと感心してしまいます。アクションが苦手ならレベルを上げて食べ物を大量に持ち込んでもごり押しで勝てますし、腕に覚えがあればレベルなど関係なくボスの動きを見切ってさっさと倒せてしまう、このあたりのバランスはさすがファルコムだなと思います。

 今どのあたりなのかな。城に乗り込んだところだから半分あたり?でもそれだとボリュームがかなり少ない気がします。このまま普通に終わるのか、意外な展開が待っているのか、はてさて。



ツヴァイ2
 秋葉原のヨドバシカメラその他の量販店でファルコムのゲームソフトが投売り状態だそうです。もしかしたら横浜のヨドバシにもあるかな?と思い見にいってきましたが、ありませんでした。そのまま帰るのもしゃくだったのでファルコムの新作ツヴァイ2を買ってみました。
 結構面白いです。ゲーム開始直後のプロローグ部分は退屈で、レベル1の段階ではキャラが弱すぎて、正直買って失敗したかも・・・と思いました。でもレベル2になると途端に強くなって、ここからは好き放題暴れることが出来て楽しくなってきます。最初からこの強さのほうがよかったような。

 キャラの出来は二世代前のゲームで使われていたような、いかにもなポリゴンなのですが、解像度が高い分古臭い感じはしません。ただ、デザインについては別のアプローチもあったかなとも思います。

 主人公キャラふたりの性格はなかなか良く、このゲーム一番の魅力となっています。このふたりはファルコムのゲームの登場人物のなかでもかなり好きなほうかも。だいたいゲームそのものはぐるみんですからね・・・。キャラに魅力がなかったらどうしようもありません。

 今のところ具体的に面白かったのは超人ギャランドゥと出くわすところ。強制的にエクササイズさせられます。このシーンは思わず笑ってしまいました。このノリはわけがわかりません。直前でセーブできる場所なので何度も見返してしまいます。不思議な魅力があります。

 あと、先日頂いたゲームパッドがこれを遊ぶ上で大活躍。敵一群の周りをぐるぐる走り回りながらジャンプしつつ魔法攻撃といった、ちょっと複雑なキー操作はキーボードよりゲームパッドのほうが断然しやすいです。ただこのパッド、ボタン配置の幅がかなり詰まっていてちょっとだけ使いにくいように感じます。女性の手にも余ると思います。ボタン配置の特許の関係なのかなぁ。タダで貰ったものですから贅沢は言えませんが。

 今のところは楽しく遊べて満足しています。



闇の大地へ
 GM主催の闇の大地へ行くイベントに参加してみました。しかしただ時間を無駄にしただけでした。物凄いつまらなかったです。以前行われた魂の神殿ツアーのように、みんなで総力戦で助け合いながら先を突き進むようなもの期待していました。でも違ってました。ただの遠足です。
 エルドリンからオルバーストールの廃墟に飛んで、闇の大地のゲートを目指して、闇の大地に入ってからマップ中央の道標のところまで歩いてそこでイベント終了。普通にひとりで進めたら15分もかかりません・・・。それを1時間半かけてやってたわけですから、楽しいわけがありません。突撃しないまでももう少し敵が徘徊する中を掻き分けて進むのかっと思ってました。しかしそうではなくて、ほぼ安全ルートを辿っていくだけ。

 内容はともかく、参加者が魂の神殿ツアーの時と比べてだいぶ少なくなっていました。やっぱり人は減ったのかな。露店の数はあまり変化を感じませんけどね。

 最後がこんな形で残念でしたが、ブイラトキングダム、なにか大きなイベントがあるまではやめることにしました。遊びどころがまったくないので続ける意味がありません。仮にこのまま続けても、もし次の大型アップデートで上位のキングダムクエストが実装されても、参加できるレベルには到達していないでしょう。現状、1レベル上げるのに何万匹という敵を狩り続けなければなりません。さすがにそこまでこのゲームに時間を費やす気はありません。それならもういいや、と投げてしまうことにしました。

 サービス開始当初は楽しい部分の多いゲームでしたけど、開発がそこをわかっていなかったというか、力の入れるところがおかしかったですね。誰も遊ばない王者決定戦にバトルフィールド、いける人がほとんどいない上位マップの実装。いったいどうしろと・・・。

 それにしても今回は本当につまらないイベントでした。あと、闇の大地はその名に反して暗くなく、むしろ明るかったです。



ゲームパッド送られてきた
 広告記事ばかりでいったいなんのブログなんだかわからなくなってきましたが、初めて動画プレーヤーをブログに埋め込んでみました。やっぱり直接観られるのはいいですね。エキサイトブログはYouTubeだけ特別扱いにして掲載できるようになったのです(本来はタグの問題で不可能)。YouTubeだけでもありがたいです。

 ただ、下の記事の動画を観て一目瞭然だと思うのですが、画質がどうにもなりません。ぼけぼけでどんなゲームなのか、どこが面白いのかさっぱりわかりません。実写の動画ならこの解像度でもいいと思いますけど・・・。広告記事を書いて多少なりともお金を貰う以上は一本でも売り上げに貢献できたらいいなとは思うのですが、ゲームの動画でこの画質では誰も惹かれないでしょう。プロモーションとしてはあまり上手くないような気がします。

 ちなみにあの記事は後段の文章以外はすべてテンプレートが用意されていて、それをコピペしただけです。これだけでお金が貰えてしまうなんて本当にいいのかなと思わなくもありません。

 そういえばゲットアンプド2βテスター当選者全員配布のゲームパッドが送られてきました。思いのほかしっかりした商品でびっくりしました。肝心のゲットアンプド2はもうやっていませんが・・・。



PR: ナイツ・イン・ザ・ナイトメア
 新感覚のアクティブ&タクティカルRPG『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』9月25日発売!斬新で奥深いゲームシステムのRPGがニンテンドーDSに登場。プレイヤーはタッチペンで「ウィスプ」という魂を操り、魔物が撃ち出す無数の弾をよけながら魂を奪われた騎士たちに仮初めの命を与えて戦う新感覚のゲーム。アクション、RPG、シミュレーション、全ての魅力が詰まった、スティングのオリジナルファンタジー最新作。100名以上の騎士たちや甲冑の乙女マリアと共に、魔物の手に落ちた古城を奪還するために戦い抜け!YouTube公式チャンネル『STING GAME CHANNEL』でもプレイ動画を公開中!
公式サイトはコチラ ⇒ http://www.sting.co.jp/knights/
最新動画はコチラ  ⇒ http://jp.youtube.com/stingGAME


 古城奪還の戦いに挑むアクティブ&タクティカルRPGなのだそうですが、公式サイトを見てもゲームシステムがよくわかりません。あまりに情報が多すぎでなにがなにやら・・・。公開されている動画についても、いくらなんでもボケボケ。これでは内容が伝わってきませんよね。ただ、DS本体を持っていれば、みんなのニンテンドーチャンネルあるいはDSステーションから体験版をダウンロードして実際に試すことが出来るようです。これで中身を確認してってことなのでしょう。当記事でこのゲームに興味を持った人は体験版をチェックしてみてください。



君主オンライン
 政治・経済を楽しもう!を謳い文句に運営されているMMORPGです。試しに遊んでみたのですが、2Dベースのグラフィック、キャラの見た目がしょぼいのですぐやめてしまいました。まわりみんな自分と同じキャラだとつまらないですね。





ケチりすぎ
 00時発と05時発のピノがそれぞれに参加申請されていたので人数の少ないほうで始めてみました。こっちは3人。もう一方は15人の満員。楽をしたければ15人ですね。楽しむなら少人数、やる気のある人が来る傾向にありますし。ピノは3人でも楽は楽ですから、どうせなら楽しいほうが良いです。

 でもアーチャーがゴーストボヨンに捕まり気絶させられ、そのまま沈んだのを見て思わず発言してしまいました。ストーンとポーションけちらないでと。わたしも同時に気絶させられたので回復してあげられなかったのですが、わたし自身は自前でストーンとポーションを両方使い即回復。なんのピンチにもなりませんでしたが、その人はそのまま抵抗もなくやられていったのです。わたしはクレリックでしたし。ふたりのHPゲージ見て動いているわけですから自分で回復しようとしてなかったのは一目瞭然。それに対する答えはけちってない、だそうです。けちってなかったら死なないでしょう・・・。現にHP3700近くあって最初の一撃は耐えてるのですから。キングボヨンとピノの範囲攻撃にはタイムラグがあるのを知らないのかな?ダメージを受けてすぐにストーン使おうとしても使えないこと、日ごろから自分で回復しているなら誰でもわかってることのはず。知らないのなら話にもなりませんが。

 ああわたしのせいで険悪な雰囲気になるかもなぁと思ったのですが、逆に言ってよかったです。それまで自分では回復しなかったメイジの人がどんどんストーン回復するようになりましたし。そもそも3人でやってるわけですよ。アーチャーとメイジ、そしてクレリック。ひとりひとりが出来ること自分でしないでどうするんだって言いたくなります。今回ははっきりものを言ってしまいましたが。わたしはスクロール全種にHP1.5倍増加剤まで使ってやってるのに、他の人は自分の削られたHPを回復することすらしない、そのままのうのうとやられてるなんて、正直こんな他人に依存しているだけの頼りないパーティなんて組む必要ないですよ・・・。

 なんだか最近は愚痴ばっかりですね。でも愚痴りたくもなります。あんな人を馬鹿にしたような動き見せられたら。だからパーティなんて組みたくないのです。組まなければ適当な動きをしている人などサポートしなくて済みますから。

 せっかくゲームで楽しみたいのに、つまらない思いばっかり。ストーンで回復するのってなにがそんなに嫌なのでしょうね?そんなにお金ないのかな。もしそうならよっぽどお金のやりくりが下手としか・・・。

 まあもういいです。明後日がすべてです。



色数の少ない動画
 せっかくイース?の動画を投稿したのに自分でもまったく観られません。zoomeの調子がおかしいみたい。うーん、他の場所のほうがいいのかな。

 イース?のOPムービーがなかなか綺麗に録れたので、もう少し古いゲームの動画にも挑戦してみました。キャプチャまではアマレココで簡単に出来たのに、問題はその後。いつものようにAviUtlの拡張x264出力(GUI)でエンコードしたみたのですが、色がおかしくなってしまうのです。ちょっとおかしい程度ではなく、まったく別の色になってしまいます。画面上の色が8色しかないのがいけないのだろうとは思うのですが・・・。

 エンコードする前はたった8色しかないのだからさぞ圧縮もされかつ綺麗な動画が出来るだろうと予想していたので、この結果には驚きました。設定を色々いじってみたのですが変わらず。それならばと携帯動画変換君の設定を分かる範囲で書き換えて試してみると今度はまともに(?)エンコードできました。でも、やっぱりところどころおかしいです。

 たった8色しか使えなかった時代のゲームは、例えば赤と黄色のドットを隣り合わせに配置することでオレンジを表現するといったような擬似的に中間色を作り出していました。しかしこれがどうやら上手く処理できないようです。最先端の動画圧縮技術がこんなところで躓くなんて・・・。オリジナルの画像が単純な分、圧縮した際の劣化が思いのほか目立ってしまうという理由もあると思いますけどね。でもそれを考慮してもオリジナルとは発色が明らかに違いますし、劣化は目立つしでなかなか難しい状態です。



もうやだ
 ピノ参加者が6人だったので、そちら5人でどうぞと発言してパーティを促しました。クレリックはわたし含めて3人、わたしを除く5人の内訳はメイジ2人にアーチャー1人、そしてクレリック2人。3人ずつ2パーティに分かれるよりそちらのほうが良いと思ったからだったのですが・・・。
 ピノまではマラソンで進んで、ピノを釣ってからが驚くべき展開となりました。ファイターがいないので上手くピノを引き止めておく役がいなかったのですが、ピノに狙われたメイジがどんどん後ろに逃げてしまって、雑魚が湧いたときに引き剥がしていくスペースがピノ戦中盤でなくなってしまったのです。死にたくないのは分かりますけど、この後の展開を考えたらこの動きはありえないです・・・。

 もう次のターンでマーロンとマーラが出てくるところ、雑魚を整理して新しくスペースを作ろうと思ったのでしょうか、その5人は今更ここまでに引き剥がした雑魚を倒しに後ろに戻り始めました。ピノはわたしに完全に預けて。わたしはマーロンが湧いたところで、もう後がないという地点でピノを引き止めておいたのですが、誰一人助けに来ないのです。マーロンとマーラを避けて反対側からこちらに向かっていたらしい・・・。意味が分かりません。マーロン等が出るのはわかっているのですから、あらかじめこちら側に来ていればよかっただけの話です。スペースを作るなら進行方向にいる雑魚を少し倒せばよかったのです。あと残るはロボスだけなのですからね。反対側から大回りでくるにしてもクレリックは2人いたのですから、4人で雑魚をまとめて釣っているうちにクレリック1人がわたしのところに向かうとか、ちょっと考えたらできそうなものなのですけど。そんなことは期待するだけ無駄だったのは到着してからの動きを見ても明らかで、視界に入ってからもなお雑魚狩りに必死。なんともあきれてしまいました。

 だいたいわたしより1000以上HPが多いクレリックがまったくの逃げ腰でしたし、そのHPは飾りか!と言いたくなってしまいました。もうこの面子では一緒にやりたくありません。今回は、パーティを組むとパーティメンバーしかみなくなる典型的な悪い例でしたね。

 援護がまったく当てに出来ないなと分かった時点でHP1.5倍増加剤を使ったので、わたしがやられることはありませんでした。買っておいて良かったです。



ミニドラHARDクリア!
 彷徨えるミニドラゴンHARD、クリアできました。宝箱の中身は幸運のリックスと祝福のチール10個ずつ!と中級HP再生ポーション10個と高級解毒ポーション3個。随分と豪勢ですね。ファイター2人、クレリック1人、メイジ2人、そしてアーチャーが5人。この構成でクリアして4分近くあまっていました。
 この構成のなにが良かったのか考えてみると、まず第一にクレリックが1人しかいないということ。これは単純に攻撃役が多いわけです。ミニドラHARDクリアの一番の障害は時間が足りないことなので、攻撃役は1人でも多いに越したことないのです。

 第二に間接攻撃職が多いこと。これはミニドラ戦で"混乱"せずかつ急降下攻撃を避けてやられることなく安定して攻撃を加え続けられる人が多いことを意味します。急降下攻撃で同時にみんな死んでしまうと雑魚は散り散り、ミニドラゴンは暴れ放題となってしまいますから、立て直すのが非常に難しくなってしまうのです。今回は崩れることなく最後まで安定しいました(ただ、ミニドラゴンを倒した後のウェアベアー一群を処理するのに、まだ時間は十分あるのだから落ち着いて丁寧に1匹ずついけば良いものを、まとめて狩ろうと特攻している人が何人かいたのが残念でした。このせいで最後の最後でやられる人続出。今回は総崩れにはなりませんでしたけど、こういうちょっとして油断がみんなを巻き込んでしまうんですよね)。

 第三にアーチャーが多かったこと。先に書いたとおり今回のクリアまでの道のりは最後まで安定していました。これはファイターが"混乱"したときにアーチャーがミニドラにスピリットソーンを掛けて動きを封じていたからです。アーチャーは5人もいましたから、誰かしらが使ってほぼ確実に決まっていました。これで助かった場面は何度もあったと思います。

 このひとつ前のミニドラゴンHARDにも参加していたのですが、その時はファイター2人にクレリック2人、メイジ4人にアーチャー2人。構成だけ見ると上のものより断然良い内容ですが、まったく話にならない状態で時間切れ。これは構成が悪かったわけではなく、クレリックの人があまりに下手で・・・。ファイターの人をサポートせず放置で好き勝手やっているものだから(というか視界にいなかったです。ファイターの人がやられて蘇生してとチャットで発言しているのに無視してましたし・・・)、ミニドラ戦で壁役のファイターがやられてしまうとあとはずるずる。ミニドラゴンに追われた人がなにを思ったか細道に入ってロボスの空き地まで逃げてしまい、時間だけが無駄に過ぎていってしまいました。逃げなくてもクリアは無理だったと思いますけどね。

 それはともかく、30分10人参加という縛りでみんなで挑んでクリアできたのは嬉しかったですし、楽しかったです。宝箱の中身も分かりましたし、満足。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.