結婚システム
 久々にピノに参加、でも正直言うと楽しくはありませんでした。相変わらずメイジの独壇場。クレリックのヒール頼みに無理に突っ込んで自分では回復せず、死んでいる場面もありました。回復スキルにだってリキャストタイムがあるのだから、自分で回復しなければどうにもならないこともあるのです。それが理解できない人はどこにでもいますね。

 いや、クレリックの腕が悪い、もっと上手くやれば死ななくてすんだと考える人もいるかもしれませんが、そもそもクレリックの腕が悪い、下手だと感じたなら、無理に突っ込まなければ死ぬことはありません。

 ピノは今でも参加者が一番多いだけあって、確かにクリア褒賞は美味しいです。高級素材各種30個ずつに高級スクロール15個、リックス[4]が出ることもあります。現時点でのキンクエ褒賞のなかでは一番です。全部店売り処分するだけでも50銀くらいになります。これだけでも大幅黒字。人が寄り付かないキンクエはなぜそうなったのか、これを見れば一目瞭然だと思うのですが、開発も運営もこんな簡単なことが分からないようです。

 自由にできるPCが一台あったので、ネットワーク越しにブライトキングダムを起動してみました。タイトル画面にたどり着くまでに5分くらいかかります。それ以降のローディングはそこまでは遅くはないので何とか耐え忍びましたが、素直にローカルにファイルをコピーして起動させたほうがよかったようです。

 それでもせっかく手元に二台のPCがあるわけですから結婚システムを試してみました。結論から言うと、二台のPCを使ってまでする必要はない、その価値はまったく感じられませんでした。ステータスは微妙にあがるものの、装備オプションの良し悪しで埋まる誤差みたいなものです。誤差でも上がるのならやった方が得と言えなくもないですけど、この結婚システムはかなりめんどうでもうしたくありません。

 まず指輪に10銀、2枚の申込状に20銀、そして式場使用料に200銀かかります。衣装も売っていますが、これはなくても大丈夫です。結婚式の予約はかなり余裕がないようで、なかなかできません。予約が最大数だといわれて断られてしまうのです。この時点でもかなりストレスがたまりましたが、やっと予約が取れても20分待たされます。20分待ってやっと式場に飛ばされると(キンクエと同じで自動的に飛ばされます)そこからさらに5分待たされます。この5分という時間は、おそらくは招待客との歓談にあててという意味なのだと思うのですが、そもそも予約から式の開始まで20分も待たされているので、なにをいまさらというのが本音です。

 料理システムといい結婚システムといい、プレイヤーからの催促で実装されたものですが、本当にこんなものを望んでいたのか、かなり疑問です。(料理システムはどう考えても失敗なはず・・・)



レベル70
 ついにサブクレリックもレベル70になりました。貯めておいたクエストで70近くまで行く予定でしたが、なぜか週末経験値2倍だったため、そのままストレートにレベル70になれました。経験値2倍になるのがわかっていればレベル68あたりでもっと手を抜くことができたのに・・・。それはともかく目標の70、やっときました。
 レベル70になったので装備を鍛錬。フォーチュンハンマーとハロウィンシールドという謎の組み合わせですが、どちらも露店で安かったときに購入したものです。フォーチュンハンマーは捨て値同然で売られていました。このハンマーはレベル70のものだけ性能がずば抜けていて、クリティカル率もなぜか10%あります。デザインは悪すぎですけどね。でもあまりに強力なのでその点は目をつぶることにします。

 鍛錬には以前配布された蒼い石板と金の石板それぞれ計10個、これを使いました。するとハンマーは+6、シールドは+7、おまけにフォーチュンボウも+7になりました。石板たったの10個でこの成果はすごいのではないでしょうか。リックスもチールも"祝福"のものを使い、"幸運"はあえて避けました。寄付は毎回8銀投入。リックス・チールの配置は12時の位置から時計回りに順々に選択してみましたが、多分これは関係ないでしょう。"祝福"と金の石板、そして寄付が良かったのだと思います。

 これでこのクレリックのレベル上げも本当におしまい。ここから先のつらさはアーチャーで十分味わっていて、その感触がまだ抜けていないのでやる気になりません。レベル77から始まる繰り返しクエストは確かにお金も稼げますし楽といえば楽ですけど、それでも相当な時間を費やしました。今はもういいです。レベル上げするとしたらサブアーチャーをレベル50に、となりますが、アーチャーは放っておいてもミニドラゴン遊んでいればそのうち50になるのでどうでもいいです。

 鍛錬のために蒼い石板を追加で買うつもりでしたが、+7までいけて満足です。買わずに済みました。あとで久しぶりにピノに参加しよう。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.