新たな武器ツルハシ
 ミニドラゴンクリア後の新たに鉱石を叩き出した直後に時間切れでエルドリンに飛ばされたところ、手に持っているのはツルハシ・・・。きのこになれない以外普通に操作できました。ひとりツルハシ持って街中をうろうろしているのはなんだかシュールだなと思ったので、スナップショットを撮ったり、アマレココを起動して動画にしてみたりしてしばらく遊んでいました。異常な雰囲気を察知したのか、無言でそばに近づいてツルハシを見に来る人も何人かいました。

 鉱石掘りのゲージが出ていますが、ずーっといったりきたりしているだけで消えません。ラインでヒットさせても消えませんでした。歩いていても表示されたままでした。



にぎわってる
 キンクエに参加するとキングダムカードが貰えるということで、久々にゲーム内がにぎわっています。キングボヨンからゴードンまで、どのキンクエも満遍なく開催されているのがすごい。こんなの久しぶりに見ました。

 その中で、わたしもジャイアントハニングに参加しました。これとミニドラゴンだけですね。遊べるのは。あとはもうつまらなすぎて・・・。ハニング、参加者12人でメイジが0人。珍しいこともあるものです。メイジがいない場合、10人くらいでかなりぎりぎりなので、クレリックの人も率先して攻撃にまわっていました。その甲斐もあり残り3分で無事クリア。こういってはなんですけど、メイジいないほうが手応えがあって楽しいです。メイジの殲滅力があまりにありすぎるのが問題だと思うのですが。

 公式サイトで6月に行われたアンケートの結果がまとめられています。アンケートというよりはただユーザーの愚痴や不満を並べただけのような感じになっています。遊んでいていろいろな不満があるのはわたしも同じではありますが、ただひとつ、アーチャーを強化して欲しいという意見にはちょっと疑問を感じました。わたしはメイン95、サブ47のアーチャーを持っています。その上で、アーチャー自体はちょうどよい強さだと思っています。他の職がおかしいのです。メイジの殲滅力、クレリックの耐久力と回復力、これらがあまりに高すぎなのです。ゲームバランスをおかしくしています。ファイターは評価できるほどのキャラを持っていないのでわかりません。

 もしそれでもアーチャーは弱すぎる、もっと強くしたいと思うのなら、ステータスポイントをSTRに全振りし直してみてください。これだけで攻撃力は1.5倍程度になります。スクロールやポーションを常時使うより、護符を使うより効果があります。次にスキルを見直します。アーチャーはホークタロンメインで、これを生かすためにネーチャーキャスティングを併用します。これを基本に、あとはフューリーインパクトとスピリットソーンを上手く使って戦います。スキル強化はこの4つを重点的に。

 パワーショットは強化する必要ありません。ホークタロンで連射していたほうがダメージは大きいです。実はアイミングショットもいらないのですが(STR全振りならホークタロン連射のほうがダメージは大)、このスキルだけはホークタロンを習得するまではフューリーに次ぐ役立ちスキルなので強化するのも仕方がないかもしれません。意外に使えるのがボーンアローで、レベルが上がってくると重宝すると思います(強化は不要)。パーティを組んだ際に各人の命中が足りていないと感じたときはバイトアローも使うといいかもしれません。ひとりで稼ぎするときは使う必要ありません。命中が足りなければ素直に命中スクロールを使ったほうが効率がいいからです。

 アーチャーはSTR全振りとホークタロン、これが肝だと思いますよ。決して弱くはありません。



褒賞はなかなか良い
 あれだけつまらないつまらないと散々けなしてきている蜘蛛の襲撃を何度かやってみました。クリア褒賞がなかなか良いです。高級素材各種20個ずつ、中級スクロール5個ずつ、幸運のリックス[3]もでました。たぶんチール[3]も貰えるのでしょう。

 ただ、つまらないという評価にはまったく変わりはありません。特にクレリックだとヒールしかすることがない、というか、パーティの他のメンバーが自分で回復してくれないので、30分間回復で手一杯です。画面左のメンバー表示見てるだけ。なぜみんなあそこまで自分で回復しないのかさっぱりわかりません。メイジで好き勝手に特攻しながらHPが1/3切ってもストーン使わない人とか、サポートしきれないです・・・(もちろん、全員が全員そうではありません。でもかなり多いです)。専属ではないのだから、他にも回復を必要としている人がいる、そこがわかっていないようです。頼りすぎですね。あきれてしまいます。ストーンなんてけちらなくても、クリアしてもらえる素材ちょこっと売るだけで余裕の黒字なのに。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.