5000円を稼ぐ
 普通の個人が趣味で運営するようなサイトではアフィリエイトで稼ぐのは先ず無理だと思うのですが、自分で登録しても報酬がもらえる広告もたくさんあります。それを利用して5000円稼ごうというのがこの記事です(なぜ5000円かといえば、最低5000円貯まらないと振り込まれないからです)。実際にわたしが試したところ5000円いきました。ブログやホームページをしっかり運営している人なら誰でも稼げると思います。

 今回わたしが使ったのはJANetというアフィリエイト仲介業者です(リンク先のパートナー登録から)。ここには本人申し込みOKの広告がたくさんあります。その中で登録してもいいと思う広告の掲載について申請し、承認されたら自分のサイトに広告を掲載、それを経由して自ら登録・申し込みをして報酬を貰う、これだけです。よくあるポイントサイトを自分のサイト上に作って自分で利用すると考えるとわかりやすいかもしれません。

 JANetの広告検索機能にはすでに本人申し込みOKという条件がありますので、ここにチェックすれば一覧がずらずらっと出てきます。もう少し絞りをかけたい場合は、無料会員登録・キャンペーン応募・アンケートモニター登録の条件もチェックしておけばよいでしょう。

 お勧めはゲーム系です。検索キーワードにゲームと入力すればさらに候補が絞れます。登録1件で大体100円から200円といったところでしょうか。わたしがやってみた限りでは、ゲームの無料会員登録の広告だけで4000円近くいきました(7月31日時点で)。これだけでも目標の5000円まであと少し。足りない分は友人にお願いして登録してもらうのもいいかもしれません。あくまで自分ひとりでということなら他の種類の広告を見繕えばよいだけです。探せば色々あります。自分のブログを登録するだけで500円という超太っ腹な広告もありました。もちろんわたしも登録しました。

 ただし注意しなければならないこともあります。登録・申し込みは避けるべき広告というのがあります。例えば、興味もないのに資料請求や見積に申し込んでしまうと後が大変です。営業の電話やダイレクトメールに悩まされることになります。個人情報をどこまでわたしてもよいか、登録・申し込みにはそのあたりをよくよく考えてみてください。

 また、明らかにメールアドレス狙いの広告も少なくありません。登録させたメールアドレスを利用して数え切れないほどのメルマガに登録させることで広告主が儲けようという類の広告です。登録の際にフラッシュのゲームをさせるようなものはほぼこれですね。登録したら最後、そのメールアドレスは使い物にならなくなります。あと、登録の際に何かをダウンロードさせようとするところも避けたほうがよいでしょう(ゲームの無料登録に際して、遊ぶゲームのクライアントをダウンロードするのはもちろん違いますよ)。たいてい後々悩まされます。

 とはいえなにも難しい事はなく、報酬に目がくらんでやたらめったら登録・申し込みをするのではなく、ちゃんと吟味すればよいというだけのことです。やたら個人情報を登録させようとするところはやめておけばよいのです。繰り返しますが、登録の際にフラッシュのゲームをさせるところは絶対に止めたほうがよいです。

 これで5000円。たいして手間も掛からず、ちょっとしたお小遣い稼ぎとしては十分ではないでしょうか。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.