ろくなものがない
 最近色々なオンラインゲームに登録・インストールして思ったのですが、気軽に始められるゲームがとても少ないです。アットゲームズのようにブラウザで遊べるものならいいのですけど、個別タイトルのゲームとなるとクライアントはどれも1GB程度ありますし、インストールを終えてもそこからまたパッチ当ての作業。苦行とも思える準備をすべて終えやっとログインしてみれば、なにをしていいのかわからない不親切なシステムでやる気が吹き飛んでしまったり。

 βテストやサービス開始直後はそれでも受け入れられると思います。とにかく話題性でひっぱれますし、プレイヤー側としてもそういう不親切な部分よりもとにかく遊びたい気持ちが先にきますし。でも、フィーバーがひと段落した後、なんとなく遊んでみようかなという人には厳しすぎます。敷居が高すぎ。たぶん、ゲームをしてみようと思って登録はしてみたものの、ログインするまでが面倒でやめてしまった人というのは何人もいたでしょう。

 それと、やはり似たようなゲームが多すぎですね。インターフェイスひとつとっても、右上にマップウインドウ、左上にキャラウインドウ、下はスキルショートカットバー、左下にチャット欄、どれもこれも同じレイアウトです。開発の思考が停止しているのでしょうか・・・。

 結局、このまま続けて遊んでみようと思ったゲームはひとつもありませんでした。



インフィニットループ体験版
 PSPのインフィニットループ体験版をしてみました。救われない話です。どうなってしまうのでしょうか。続きがとても気になります。こう思わせることができただけでも体験版としては成功ですね。でもこの体験版短すぎ。後ほど序盤が遊べる大容量体験版も公開されるみたいですけど、でも発売日もうすぐです。ゲームソフトというのはよほどのヒットでもない限り発売日にどばっと売れて、あとは売れなくなるので、体験版を公開するならタイミングを逃してしまうと意味がなくなってしまいます。

 憑依すると視点が変わるところ、キャラクターの動作、見やすい画面(フォント)、遊んでみたいなーと思いました。24日発売で5000円かー。大作なら欲しいかな。すぐ終わるようなら5000円はもったいないです。小説が10冊近く買えますからね。

 インフィニットループの公式サイトはここ


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.