視野角の狭さ
 1908WFPが手元に届いてから10日経ち、試用期間も終了。もう返品は出来なくなりました。でも使っているうちに気に入ったのでこのまま使い続けます。

 使っていてわかったのですが、視野角が狭いのは下から見上げた時に特に顕著です。見上げるというと大げさな言い回しですが、実際はほんの少し、わずかでも見上げる形だともうだめ。逆に見下ろす分には問題ありません。綺麗に見えます。つまり、このモニターを床に置いてねっころがりながら使うというのは実質的に不可能だということです(そんな使い方をする人がいるのか知りませんが・・・)。同じ理由で、ピボットして使う場合、画面右側から見る分にはいいのですが、少しでも左側に行ってしまうと画面が見えなくなります。ピボットの実用性についてはかなり疑問だと思います。モニターを回転させるのは簡単なだけにもったいない。

 1908WFPのスタンドは自由に高さ調整出来るので、この視野角の問題で悩まされることは普通はないと思います。左右の視野角もお世辞にも広いとは思いませんが、これはどうしようもありません。慣れるしかありませんね。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.