半ば終わった
 久しぶりにブライトキングダム、メインアーチャーを稼動させました。残っているパーティダンジョンクエストをしてみました。ライノスDはすでに20匹倒してあるのであとはアリゲータージュニアDとアリゲーターDだけ。アリゲータージュニアDは最初の部屋にいるのでいつでも倒せるからいいのですが、問題はアリゲーターDです。以前特攻して確認した限りでは最低でも三番目の部屋まで行かないといません。そしてその三番目の部屋の手前にライノスDが3匹いて、そのうち1匹にでも手を出すと3匹ともきてしまう・・・、ここまではわかっていました。

 今回、最初の部屋のアリゲータージュニアDを全部倒して空間を作ったうえで、3匹のライノスDをスピリットソーン・フューリーインパクトで2匹止め、3匹目を最初の部屋に誘導して倒し、ついで2匹目をスピリットソーンで止めているうちに片方を再度最初の部屋へ誘導して倒す、そして最後の1匹も倒す、この順でみごと三番目の部屋まで行くことが出来ました。スピリットソーンとフューリーインパクトがともに決まらなかった場合、ゲートまで逃げ帰り、また最初からやり直しになります。

 そしてアリゲーターD。三番目の部屋にはアリゲーターDしかいません。ここに来るまでの手間を考えると、今回クエスト分をすべて倒してしまおうと思ったのですが、1匹に手を出すと周りもすべて釣られてくるというひとりではどうにもならない仕様でした。少し粘ったものの帰還書でルーメンへ逃げ帰りました。アーチャーひとりでこのクエストをやる場合、最低でも護符は使わないとダメですね。

 久しぶりでしたが、別に面白いとは思いませんでした。もうこのゲームも自分の中では終わりなのかな・・・。



やはり記載ミス
 先日記事にした1908WFPのTrueLifeテクノロジ問題は、やはりというか当然というか、わたしの指摘した通り、デル側の記載ミスであったと連絡がありました。たぶんTrueColorと記述するところを間違えたのでしょうね・・・。もともとノングレアのほうがよかったので、この間違いがあったからどうだということはないのですが、グレアパネルであることを前提に反射防止効果のある19インチワイドの液晶保護フィルムを買ってしまい、あえていうならこの分損してしまったかなというだけです。

 今回、この件はデルの責任として返品を受け付けるということで連絡をいただきました(おそらくは返品の際の送料振込み手数料あちら持ちということです。まあこれはあちらに責がある以上当然のことですが)。もともとデルの製品には10日間の評価期間がありますし、返品するにしてもその前に代替モニターがなければわたしも困るので、仮に返品するにしてももう少し時間が欲しい旨、先方に伝えておきました。

 実際のところTrueLifeテクノロジの間違いはどうでもいいです。今回わざわざ問い合わせたのは、TrueLifeテクノロジという一応ウリ文句を広告に記載してあるのに、それがないものが届いた、手元に届いたものは注文したものと違うのではないか、という単純な疑問からのものですから。そんなことよりもこのモニターで不満なのはとにかく視野角が狭いところ。使っているうちに色味の問題より視野角の問題のほうが影響が大きいと感じるようになりました。狭くないモデルがあるのならそれと交換したいです・・・。ないけど。大きさとフレームデザイン、そして解像度についてはまったく不満ないのにな。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.