なにがきついのか
 夜明け沼から補給のための帰還にゴードンキンクエを利用。

 適当に雑魚を集めていたらファイターがいないからメイジにタゲが全部いってきつい、そう発言するアーチャーがいました(メイジ本人ではなく)。?、なんで?と思ったのですが黙っていました。売り言葉に買い言葉は収拾がつかなくなりますから。でも、雑魚に囲まれてきついと思うなら最初から範囲攻撃しなければいいだけの話です。その判断もできないのかな?というのが率直な感想というか反論。わたしが寄せてるので攻撃しなければ雑魚はわたしを攻撃してきます。攻撃を受けたらきついひとはそこを周りから叩けばよろしいのです。雑魚が減って耐えられると思ったら範囲攻撃でも何でも好きにすればいいのです。わたしは自身が耐えられる数しか集めていないので、わたしが死んで周りに迷惑をかけることはありません。

 仮に死んでもデスペナルティはなし、なにを恐れているのかがわかりません(ゴードンは3人参加の場合、2人同時にやられると失敗扱いになるのでここだけは注意)。こちらもめちゃくちゃやってるわけではありませんし。こういう定型でしか動けない人がパーティにいるとつまらないですね。ただでさえ難易度の低いキンクエで慎重さを要求されても・・・。

 ミニドラでも全員スクロールで固めていて参加者の誰一人やられようがないのに対ミニドラの手順にこだわる人がたまにいますけど、自らゲームをつまらなくしているだけなのではないでしょうか。今回、確かにメイジに渡すつもりで雑魚を集めていましたが、きつい数を自分で判断できずに考えなしに範囲攻撃しているメイジばかりなのか、ということに驚き呆れてしまいました。こんな程度のことにまで配慮しないといけないなんて。(オークキャプテンやブラックインキュバスを集め回ったら、それは無理だろうとわたしも思いましす)

 ゴードンキンクエをクリアしたら名声が100増えることに気が付きました。もうすぐ50000いきそう・・・。



また赤字生活
 メインアーチャー活躍の舞台は夜明け沼に。今までの赤と黒の世界とは一変、薄暗い紫色の空と透明度ゼロの茶色い沼地が広がっています。でもこちらのほうが色合い的に落ち着いて遊べる気がします。

 レベル91から93までクエストを貯め込んでいるとわかりますが、クエストの内容がアリゲータージュニア関連とアリゲーター関連、そしてライノス関連に分かれています。夜明け沼のゲートから右手に進むとアリゲーターとアリゲータージュニアが、ゲート左手の沼を反時計回りに進んでいくとライノスとアリゲータージュニアがまとまっています。つまり、まずアリゲーターかライノスのクエストをこなす事を優先し、アリゲータージュニアはあくまでおまけで倒すようにしていくとクエスト消化の効率がよいようです。ライノスよりアリゲーターのクエストのほうが簡単なので、まずアリゲーターから始めるのがお勧めです。ライノスのクエストアイテムはぜんぜんでません。HPストーン333個なくなるまでに5/30しか揃いませんでした。先が長いです。

 HPストーンが0になったので街で補充をしました。今までは繰り返しクエストをこなしたら即補充をしていたのと、クエスト報酬のお金が巨額だったため気にも留めませんでしたが、ストーン代はかなりかかります。333個補充して100銀ほどなくなりました。クエスト報酬が70銀程度、90武器を売って40銀。ライノスクエストでのドロップの渋さを見るに、これは赤字街道まっしぐらです。通常ドロップもかなり渋く、すべて売っても赤字。今までの繰り返しクエストで2ジェムくらい稼げたことになりますが、放蕩三昧でまったく貯金をしないでレベル93にきてしまうと行き詰ってしまうかも。

 とりあえずアリゲーターとアリゲータージュニアクエストはすべて終了。報告さえすればいつでもレベル94にできる状態になりました。残りクエストを考えると、やはりクエストだけでレベル95にするのは無理かな。パーティダンジョンはひとりでは厳しすぎですし、ベロウナイロードからクエストアイテム取らないと駄目ですし・・・。

 夜明け沼は結構人通りがありました。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.