はじメルキャンペーン
 新規アカウントでキャラをレベル20にすると抽選で2名に1台ずつPCが当たります。20までならやろうと思えばできなくもない程度の手間だったと記憶してますが・・・。ツクモPCほうがグラフィックカードがワンランク上です。ドスパラPCでも十分すぎると思いますけどね。

 キャンペーンの期間は4月21日から5月12日まで。



劇的に良くなった
 ハード的なシステムを一新。今度はゲームを試してみました。エクスプローラーの操作感は大して変わらなかったのに、いくつかのゲームの動作は劇的に改善されました。(新旧共にオーバークロックはしていません)

新システム環境
CPU Core2Duo E4400 2.00GHz
メモリー DDR2 PC2-6400 CL5 1GBx2
グラフィック NVIDIA GeForce 7100/NVIDIA nForce 630i(オンボード)
これに一昔前のUATA100のハードディスクを2基(80GBと120GB)つけてます。

旧システム環境
CPU Pentium4 2.80C
メモリー PC-3200 256MBx2 512MBx1
グラフィック Radeon9550
ハードディスクの構成は上記と同一のもの。

・パンヤ 効果なし
 起動時のクライアントチェック(クロポン表示のあれ)の速度は変わらず。これはハードディスクが速くないとどうにもならなさそう。また常駐ソフトによってはエラーが出るのも変わらず、そのエラー表示をタスクマネージャから消そうとすると暗転したまましばらく元に戻れないのも相変わらず(放っておけばそのうちログイン画面になりますが、その放っておく時間は以前と変わらず)。プレイ時の動作は何も変わりません。もともとゲーム動作そのものは軽いものなので、明確な差は出ないみたいです。ただ、色深度を16bitにした場合、以前と違って画面が汚いです。グラデーションが破綻してます。

・ファンタジーアースゼロ 効果絶大
 解像度1152x864フルスクリーン、ファークリップ最大で最前線で戦っていても処理落ち一切なし。ナイトで最前線を走り回っても同様。以前と比べると別のゲームといっていいです。すごすぎです。公式サイトの質問掲示板ではこのゲームが満足に動くPCのスペックについてよくやり取りされており、わたしも以前はそれを参考にグラフィックボードを新調しようかなと考えた時期もありましたが、ファンタジーアースを遊ぶという目的内においてはあそこで勧められているPCのスペックはあまりに過剰であることがわかりました。オンボードグラフィックでこれだけ動いてるのに・・・。CPUだけよければいいっぽいです。書き込んでもみんな信じないかな。

・ブライトキングダム 効果大
 タイトル画面での異様な負荷がなくなりスムーズにログインできるようになりました。しかしサーバーを選んだ瞬間に画面に映っているドラゴンの色がおかしくなるようになりました(何度か試してすべて同じ現象)。エルドリンの露店が乱立しているところを歩くと若干カクカクしますが、今までのように動きが止まってしまうことはもうありません。名前や吹き出し表示をオンにしても軽いまま。ストレスがかなり軽減したと思います。デュアルコアだとオンボードグラフィックでもこんなによくなるのかーと驚きです。先日の神殿イベントで負荷を試せたらよかったのに。

 ゲームに関しては文句なし!です。



一新!
 注文した商品がハードディスクを除いてすべて届いたので組んでみました。CPUをマザーボードに嵌めてクーラーの柱をぱちんぱちんと止め、メモリーを2枚挿しただけ。この作業自体は10分も掛かりませんでした。

 ただ、今まで使っていたマザーボードをケースから出すのでだいぶ手間取ってしまいました。ケース内のホコリがすごい・・・。グラフィックカードも上を向いている面がホコリまみれ、下を向いている面は新品のように綺麗なままなのに。ホコリは掃除機のノズルを剥き出しにしておいて、ホコリを掃除機の隙間用ブラシで掻き出したそばから吸い取っていくと周りを汚すことなくホコリを落とせます(以前テレビの修理でソニーのサービスセンターから派遣されたおじさんがやってたのをマネただけですが)。

 ケース内も綺麗になったので新しいマザーボードを装着。それ以外はなにもつけない状態で電源をオン。すると無事画面が表示されました。まだ新しいハードディスクが届いていないので、今まで使っていたWindows2000のシステムが入っているハードディスクをそのまま流用することにしました。

 流用にはこちらの方法を使いました。何も問題なく認識されてWindowsも起動しました。もちろんハード的なシステムは一新されているので、いろいろとドライバをインストールしなおさないといけませんが、手間はそれだけです。ただ、この方法の直後はUSBマウスが認識されませんでした。PS/2マウスは認識されたので難を逃れましたが、持ってなかったら嵌ってたかも・・・。

 ドライバのインストールはWindowsの要求に従うのではなく、予めダウンロードしておいた各ドライバのSetup.exeを直接実行することで行いました。これでグラフィックもオーディオも正常に使えるようになりました。

 この時点でひとつ気がついたことがあります。フォントの見栄えが違うのです。言われてみればそうかもしれないといったそんな曖昧な程度ではありません。同じフォントなのに一見して違います。なんだかボールドがかかっているような、太め。スムージングも綺麗ではありません。今までとはまったく別物です。表示の品位に関してはだめですね。近いうちにグラフィックカードを買わないと・・・。(以前使っていたマザーボードのオンボードグラフィック865Gはこんなことはありませんでした)

 ともかく、これで今までの環境をそのまま移行できたのですが、Core2Duo、別に速くない・・・。エクスプローラーの各フォルダを開く時に待たされるのが直るかなと期待していたのですが、以前と特に変わりませんでした。うーむ、これはなにか設定が間違っているのだろうと検索してみると、Windows2000の場合、単純にハードディスクを繋ぎ変えただけではデュアルコアとして認識しないとのこと。あ、これかな?と思い、手順に従って修正してみたら見事にデュアルコアシステムになりました(デバイスマネージャからコンピュータ→ドライバの更新→ドライバの検索→WindowsUpdate→別のドライバを1つにチェック→ACPIマルチプロセッサPCを選択→再起動)。タスクマネージャからCPUがふたつ見えていれば成功です。

 これで相当速くなるのだろうと期待したものの結果はいまひとつ。エクスプローラー操作の反応はいまひとつなままなのです。確かにフォルダの中身を表示するのは速くなってますけど、でも劇的に速くなったというほどでもありません。ハードディスクが数世代前のものですし、そのあたりが足を引っ張っているのかもしれません。期待はずれでした。

 新システムへの移行は結構簡単でした。古いマザーボードを取り出すときに掃除したのが一番の手間だったり。新しいハードディスクが届いたらWindowsXPをインストールすることにします。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.