あがらない
 レベル88のレベル上げきついです・・・。ジュエルツリークエストを持ってしてもきつい。3回こなして経験値は5%。クリア報告して経験値を貰ったときに経験値のゲージがあまり増えなくなったのが目に見えるので精神的に余裕がなくなります。結構頑張ったつもりなのに稼げたのは10%だけ。

 ジュエルツリー、装備ドロップがまったくありません。太陽のタイタニックボウを1度だけ拾いましたがそれだけ。ネックレスはよくでますが、防具は1度も取れていません。このあたりも飽きてきた原因かもしれませんね。粉はたくさん集まりますが、サファイアがないのでエールにもしないでそのまま倉庫行き。

 単発クエストはクリアしないで貯めこんであります。でもこれ全部クリアして報酬経験値貰ってもレベルアップしません。これらのクエストはレベル89から90にするときにすべて開放するつもりです。遠いですが。



レベル88
 レベル88。ジュエルツリークエストはなくなることはありませんが、別途レッドニックス繰り返しクエストが始まりました。過去の例からして新たな繰り返しクエストが登場したレベルでいままでの繰り返しクエストは終わりになるので、ジュエルツリーは89になった時点で消滅なのでしょう。

 レベル87から88で必要経験値が2億1400万だったのが、88から89へは2億4400万になりました。3000万も増えてます。クエストでお金貯める機会が増えたと前向きにとればいいのでしょうか。雑魚1匹の経験値はジュエルツリーで12000強、レッドニックスで14000強、ガーゴイルでもやっと16000強なので、雑魚乱獲のみでレベルを上げるのは無理ありすぎです。

 新たな繰り返しクエスト、レッドニックスクエスト50匹倒せは経験値470万、お金は580銀と別に悪くありませんけど、試してみた限りではジュエルツリークエストのように短時間ではこなせません。当り前ですけど・・・。89までは今まで通りジュエルツリークエストで稼いだほうが早そうです。

 その他依頼されるクエストはクリスタルガーディアンを倒せ、(レッドニックスの)赤い羽根を集めて来いのふたつだけでした。後者の報酬経験値は2200万もありますが、これをこなしても全体の10%にも満たないのです。レベル99にさせないよう、そろそろ天井が重くなってきはじめたのでしょうか。

 レッドニックス目当てに火炎鉱山に行ってみました。内部は結構綺麗です。見慣れないオブジェクトもたくさんあり、興味津々。入り口付近にいるラーバヴィヴィは黄色ネーム、他はオレンジネームで極々普通に倒せます。このあたりまでなら余裕だと思います。

 しかし少し奥に進んだ先、細い通路にいたラーバマグマトンが強烈で、一撃3300で即死でした。カートマイナーの一撃2500でも驚きましたけど、3300って・・・。喰らった瞬間目が点になりました。スクロールで固めておかないとダメそうです。固めてもどうなんだろ。これクエストで倒せと依頼されても困ってしまいますね。

 ちなみに、火炎鉱山で死ぬとやっぱりウルガに送還されます。



ひとりでねばる
 ミニドラゴン4人でクリアならず。最後は自分ひとりでタイムアップ。対ミニドラゴン、ひとりでやるのは楽しかったですけど倒すのは無理でした。

 スクロールポーション使っている人が誰もおらず、自分以外はミニドラのブレスで即死か瀕死。これは駄目そうだなと早々にわかっていましたけど、参加者のひとりメイジだけは一応やる気があったみたいなので自分も頑張ってみました。アーチャーはクリアがきついとわかるとキャラ放置、正直目障りでした。最後は無言でルーメンに強制送還されていましたが、それでもパーティから脱退しないのでこちらから抜けました。こういう人いると萎えます。他人任せのクリアにのっかるだけなら参加者が多いキンクエにでればいいだけのことなのに。わざわざ少人数の中にきて、やることやらないでまわりに嫌な思いさせているだけなのがわからないのでしょうか。いろいろな人がいるので嫌な目にあわされたらその時だけは甘受して、以後同じ相手からは自衛するしかありませんね。

 それはともかく、キンクエは少人数募集なんていうのがあっても面白そうだと思いました。難易度調整できないのなら参加者の上限を半分〜1/3程度にしたものを並存させて参加者数を絞ることで難易度を上げるのです。参加者がバラけてしまい通常のキンクエがなりたたなくなるという反論も予想されますが、少人数枠に参加申請する人は少人数で楽しみたいと思っているわけで、そもそも通常枠のほうには参加しないので問題はないのではないでしょうか。



名声30000
 ミニドラゴン、00時発のものに18人くらいいたのであえて05時発のほうに参加申請。こちらは5人で始まりそうだったのですが、始まってみたらなんと16人もいました。00時発のものは13人に減ってる・・・。あららと思いながらも16人なら5・5・5・1で、1はわたし一人でいいやと思ったのでパーティ招待拒否設定にしてスタート。そのままミニドラゴン叩きまくってクリアでした。ミニドラゴンの真下で戦うことはクレリックの役割上あまりないので楽しかったです。

 クレリックは特段攻撃力がないわけではありませんが、パーティ組んでしまうとどうしてもヒールを期待されてしまうので、あまり突撃できないのがつまらないですね。もちろん可能な限り瀕死のサポートはしますが、死にかけてるのにいつまでも自分で回復しない人は少なくないですし(それで実際死んでたり・・・)、そういう人とは組みたいとは思いません。

 露店でキングゾンビの指輪とゴブリンキングの指輪を買いました。安かったので2個ずつ。どちらもVITとAGIが今使っているゴールドドラゴンリングより上なので置き換え用によさそう。たくさん並んでいたのでパーティダンジョンのボス狩りまくったのでしょうね・・・。

 メインのアーチャーはレベル87の途中で名声が30000超えました。70前半で7000くらいしかなかったのに。繰り返しクエストで貰える名声は25なので、これはどんなにこなしてもたいして稼げませんが、単発クエストだと600強貰えるものが多いので名声はどんどん貯まっていきます。さすがにここまでくるとポーション熟練度上げに名声が足りないということはなさそうです。現在、最低級ポーション作りまくって熟練度16000まできました。このゲームがサービス終了になる前に35000いくかはわかりませんが、これからもちびちびと作っていきます。

 メインキャラは繰り返しクエストのおかげで経験値がどんどん増えていきますし、サブキャラはキンクエだけで十分遊んでいられますし、一頃に比べると随分楽しいゲームになりました。



○×クイズ
 ○×クイズイベントに参加しました。なんと1問目で1人残して他全員失格。最後の1人も2問目で失格というハプニング(?)があり、仕切り直しに最初からやり直しという珍事が起きました。

 1問目はキングボヨンに出てくるボヨンは8種類である○か×かという問題。わたしはわからなかったので悩まず×の方向へ。正答を出す材料が皆無ですし悩んでも仕方ありません。×にしたのは、ただ×のほうを向いていたというだけのことです。わたし含めて即座に×に向かったのが3人ほどいたのですが、これがよくなかったのかみんななぜか×へ来てしまいました。○は1人だけ。

 最後に残った方は2問目の答えはわかっていたようでしたがわざと間違えてお終い。イベントもう終わりかーとみんな爆笑&失笑していました。運営もまさかここまで早く終わるとは思っていなかったようで、仕切り直しを提案してきました。

 仕切り直しでは無事最後まで残った人がいて、これで週末経験値が1.5倍になるというご褒美でした。仕切り直した時点でデキレースみたいなものでしたけど。

 わたし個人は4問目だったか、ウルガの鍛冶屋の名前で全参加者中ただ1人(もう1人いたかも)○に行きそこで失格でした。あとは応援にまわって最後まで観戦していました。

 イベントは50分くらいかかりましたが、まあまあ楽しかったです。



無料では揃わないのかも
 キングダムカードで武器カードが未だにでません。出易いのはキャラクタカードの初級職カードとエリアカード。中級職カードは出るのを確認していますが、出難いと言っていいと思います。一方、価値のない砂塵の浜辺カードはもう5枚も被っています。61種カードがあるにもかかわらず、武器カードはいまだなし、各種カードの上位カードもなし、どう考えても特定カードが出易く、特定カードが出難く調整されています。結局お金を使ってカード買わないと揃わないようになっているのではないかと勘ぐってしまいます。キャラクタカードは4枚単位の交換で上位カードになるからまだしも、交換できないエレメンタルカードの上位カードなんて無料では絶対出なさそう。出ないなら揃いませんし、毎日カード引いても意味ないのかも。運営に釣られてるだけな気がしてきました。



レベル87
 ウルガから黄金の洞窟へ向かう途中で宝箱を見つけました。ウルガ倉庫側から降りてすぐ、道のど真ん中。結構前ですけどウルガの階段を下りた真正面に宝箱があったこともありました。人が一番多い時間帯なのに・・・。こういうのを見ると人いないゲームなんだなーって感じます。わたし個人としては人が少なめのゲームのほうが好きなのでかまいませんけど。

 メインのアーチャーはレベル87になりました。クエスト報酬経験値が多くて楽すぎ。さくさくこなせてお金も稼げるので楽しくもあります。レベル80台は70台よりはるかにレベル上げしやすいですけど、86から87はダントツで上げやすかったです。ジュエルツリー30匹クエストの楽さはおかしいくらい。逆にこの先このクエストなくなったらと思うと・・・。ともかくここまできたらレベル90にしてダークネス装備を揃えようかな。レベル90以降の装備はいまのところ一度もとったことはありません。あるのかな。

 サブキャラをジュエルツリークエストができるまで育成したら16分で1金弱稼げるようなります。わざと死に戻って経験値減らせばレベル上がりませんから、延々とお金を稼いでいられます。このクエストに限れば、敵から敵へと移動する時間が馬鹿にならないのでアーチャーかメイジがおすすめかも。

 わたしもお金がまた貯まってきましたが、欲しいものがなにも売っていません。87でもジュエルツリークエストは健在なのでまだまだお金貯まりそう。



三度目の正直ならず
 看守長退治三度目の正直でも失敗。看守長と戦っている途中に拷問官一群が湧いてしまい、見つかってしまいました。隅っこで戦ってたのに。さすがに拷問官3匹背負いながら看守長倒せるほど耐久力はありません。エルドリンへ逃げ帰りました。

 でも経験値はたくさん貰えてレベルは54に。まさかクレリックのレベルが上がるとは。本当はキンクエ参加用キャラとしての余生を過ごさせるはずでしたが、タクティカルアナコンダでメインのアーチャーがどうにもならなくなり、それならクレリックはどうだろうかと動かし始め、クエストをこなしキンクエにも参加してここまできてしまいました。しかしこの先レベル61以上にしても蜘蛛のキンクエには(以前と同じバランスなら)絶対参加しないでしょうし、それを飛び越えてレベル70になるのはちょっと考えづらいですし、レベル上げる意味がないのが・・・。

 ロボス12人、この人数だと強烈につまらない。すぐ抜けたくなりました。でもぐっとこらえて適当にクリア。10人超えてたら開始メッセージ中に参加取消しないと。今回はぼけっとしていたら始まってしまいました。ロボスは7人、ミニドラゴンは5人以下が楽しく遊べる人数だと思います。ゴードンは行ったり来たりしてるだけなので楽しさどうこうより最大人数でさっさとクリアしてしまうのがよさそうです。少人数で頑張っても、クリア過程も経験値も報酬もしょぼすぎ。チール[4]出たときだけ当たり。ハニングは10人以上いたほうが楽しめます。8人以下だと時間切れでハニングに辿り着けません。ちゃんと自分で楽しめる人数を把握した上でキンクエやる分にはまだまだ遊べるゲームだと思います。



ハニング楽しい
 ハニングに15人で参加。フルメンバーなのでどうかなーと思ったのですが、いやいや15人でも結構面白いです。メイジ多目だったのでやることなかったのは確かですけどね。みんなでわーっと敵の群れに特攻して殲滅していくのは初期キングボヨンのキンクエを髣髴とさせます。ああ、遊び始めた時もこんな感じだったなーって。

 ロボスも7人で遊んでクリア。なんだかいつも自分がマラソン担当してる・・・。メイジが雑魚一群に範囲攻撃→逆に集中攻撃されて死亡→そばでサポートしていた自分がすべて背負うことになる→マラソン開始。全部このパターンです。別にマラソン担当でもいいですけど(するの前提で移動速度アップスクロール持ち歩いてます)、でも走らない人は走る人の負担を減らすためにもファイアヴィヴィを優先で倒して欲しいです。そこに気を払わずまったくどうでもいい敵を相手にしているのを横目で見ていると、ああなんだか自分だけ馬鹿みたいだなと悲しくなってきます。

 それはともかく、7人だとマラソンでよければクリアはかなり余裕です。3人だと前半途中からマラソン開始になりきついです。きつくはないけど楽ではないのは何人からなのでしょうか。試してみたいな。



美味しいジュエルツリー
 ジュエルツリークエストがとにかく美味しくて、6分かからず経験値2%、お金は460銀貰えます。ファイアーニックスクエストも相当楽でしたが、こちらのほうが圧倒的に楽。グリフォンの羽根を使っていても往復に時間を持て余してしまいます。

 狩り場はバーニングストーン西、橋が3方向に掛かっているところの一角。北西側が効率よいです。みんなジュエルツリーだけ狩り易いように邪魔なマグマトンを排除しているためか、すべてのマグマトンがはじっこに追いやられていて非常にやりやすくなっています。先客がいた場合は割り込まないで待っているか、南側の橋を渡って次の橋の手前までいくとジュエルツリーがそれなりにいます。マグマトンが多くて鬱陶しいながらもここでやっても10分かかりません。

 このレベルはこれだけで終わりそう。他のクエストはジュエルツリークエストがなくなってからやろう。経験値よりもお金の貯まる勢いが半端でないです。お金は持っていてもしょうがないのでまたなにか買おうかな。皆がこのクエストするレベルになったらインフレ確定ですし。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.