キングボヨンは簡単に
 キングボヨンの逆襲に4人で挑戦。メイジx2・アーチャーx1・クレリックx1。クレリックがわたしですがレベルは8。スキルもヒールしかありません。武器は最初から持っているメイス、防具は靴だけ。時間がなくて装備を整えられませんでした。でも過去の経験からヒールだけでも活躍できると思ったので遠慮なく参加です。

 たぶん、以前より簡単になっています。ヒールする機会が明らかに少ないです。メイジの気絶・鈍足スキル主体で道を進んでいったことももちろんありますが、それを考慮してもそもそも敵の一発があまり痛くありません。個人的には前のほうがよかったかな?と思いますが、前のバランスだと今回の4人では間違いなくクリア出来なかったでしょう・・・。

 対キングボヨンはメイジのひとりが生命力・防御力増加スクロールとポーションを使ってくれたので、一撃はなんとか耐えられる状態、そこをわたしのヒールと自前のHPストーンで回復の二本立てでしのぎ、湧いてくる雑魚は他の2人が処理する、暗黙の役割分担がうまく機能して死者が出ることなくストレートでクリアでした。みんな間違いなく経験者ですね。

 終わってみればレベル8が14に。たぶんもう1回キンクエに参加したら参加可能レベルを超えてしまいます。いくらなんでも早すぎです。序盤は一般クエストの依頼と報告にルーメンと波紋の森を何度となく嫌気がさすほど往復させられますし、キンクエは1回か2回で強制卒業、あまりにせわしなくて純粋にゲームが楽しめません。美味しいところがすぐなくなってしまいます。

 戯れに参加したキンクエは楽しかったです。キンクエ主体にしたらいいゲームになったと思うのに・・・。



闇の束縛でみつけた
 エピッククエスト用に闇の束縛でブット狩り。ふとみると噴水の縁に白骨死体が・・・。ちょっと笑ってしまいました。このゲームってどうでもいいところが洒落ています。ここの敵は通常フィールドより若干硬め、でも攻撃力は弱め。ドロップはそこそこですが、武器が出易い気がします。装備品目当てならいいのかもしれません。ただ、パーティダンジョンの割に経験値少なすぎなので、わざわざパーティでくる意味はなさそうです。ダンジョンの奥は異常に敵が密集しているのでひとりでやるのも苦しいですけどね。

 パーティを組ませるようにマッチングシステムが実装されましたが、誰も使っていません。わたしも使っていませんし、使う気もありません。パーティなんて面倒です。ドロップの取り合いでもめたくないですし(だから逆にパーティを組んでももめる可能性のないキンクエは好き)。15分遊ぶのにいちいち組むのもなんですし。コミュニティなんていうものはゲームが面白ければ自然と人が集まり形成されていくものなのに、人がいないのにコミュニティを作らせようとしている現状は運営・開発の勘違いもはなはだしいです。テニクルもゲームがどうしようもないのにSNSでコミュニティを作ろうとして誰も来ず、結局2ヶ月でサービス終了。ブラキンでも同じ轍を踏んでいます。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.