ジャイ大暴れ
 なんだか建てたオベリスク・エクリプスを守らないで硬直している前線をただ維持しようとしてるだけなのが目に付きます。前線はあくまで領域を確保するためのもの。押しても領域が伸ばせないところに前線を作る意味はありませんし、退いてもオベリスクを破壊される恐れがなければ退いたほうが得なのです(そのほうが城から前線への距離が近くなる)。今日戦った相手はその点わかっていて、僻地のオベリスク・エクリプスを狙って5人ほどで襲撃、折ったらすぐ退くという手際のよさ。わたしひとりで守りにいってもどうにもなりませんでした。

 死に戻って、ああ皆やる気ないんだなと思ったのでこっそりジャイアントで出撃。押せそうな前線の後ろから敵建築物を破壊しまくって遊んでいました。わたし一人でオベリスク3本・エクリプス3本破壊。しかしこれだけ暴れてるのに敵ナイトがきません。相手は相手でこちらの外周オベリスク破壊に夢中な模様。ここでさっさとわたしを退治しにきていれば相手が勝ってたような・・・。

 本当に終盤、僅差というかほとんど差がない状態で、あと2分くらい経てば勝敗がつきそうな場面でひとり敵陣へ進み、中盤に歩兵で折りかけたと思われる敵オベリスクを見つけたのでこれを破壊(前線からかなり深いところなのに周りに敵も味方も誰もいないというレアケース)、戻り際味方歩兵が一生懸命叩いているオベに砲撃してこれもいただき。ここでやっと敵ナイトが複数襲ってきましたが時既に遅し、わたしはさっさと召喚解除して逃亡。そのままゲームも終了で勝ち。

 ジャイアントの脅威、あまり理解されてないなあということがよくわかる戦いでした。味方の動きには失望しましたが、自らの活躍で勝利を引き寄せたことには満足です。

 ちなみにジャイアントの大砲の射程は0.8マス程度。狙いどころによって1発で2発分のダメージを与えられます。ターゲットが赤丸にならなくても、着弾地点のサークルが赤ければ爆風でダメージを与えられることがあります。目視で敵のオベリスクを発見したらマップで距離を確認して、ここからなら安全に破壊できそうだと判断したらさっさとジャイアントになって破壊してしまうのが賢明です。ナイトもそうですけど、とにかく試しにやってみて慣れて欲しいですね。召喚でなさすぎて勝てるゲームをみすみす落としています。自分ひとり気張ってもどうにもなりません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.