テニクル終了
 ハイファイブのテニスゲーム、テニクルがわずか2ヶ月で終了することが決まりました。昨日、対戦ゲームはマッチングが駄目だとこうなる、と記事にしたばかりのところにタイムリーなニュースに驚きです。

 テニクル、わたしもサービス開始の日(βテスト開始日?)にだけやってみましたけど、うーん・・・な出来だったのを覚えています。テニスゲームするなら先行しているファンタテニスで十分、正直その程度な内容でした。ゲームとしてウリがないわけです。運営はSNSを通じてコミュニティを形成させて人を集めようという狙いがあったのでしょうけど、遊ぶ側としてはあくまでゲームが楽しめるかどうかが最重要ポイントなわけで、ちょっとこの点を勘違いしてたのかも。

 テニクル終了はテニクル開発先との問題であって、ハイファイブが運営している他のゲームには何も影響はないそうです。個人的にはブライトキングダムにもう少し力注いでくれたらいいのにと思います。ガチャ以外で。




ステアDASH開始
 オンラインカート ステアがステアDASHとして17日17時から新しく始まります。

 このゲームは相当な期間βテストしてますけど、もうどう改良しても人気を取れるゲームにはならないと思います。ゲームが悪いのではなくて、時期を逃してしまったと思うのです。基本無料のゲームがあふれる中、よほどウリがある内容でなければ人はきません。仮にパンヤが今この時期にサービス開始でも同じことになってると思います。パンヤが成功したのは遊びやすい内容と可愛らしいキャラだけでなく、サービス開始時に競合するゲームがまったくなかったからこそあそこまで人を集めることができたのだと思っています。

 ステアは内容もよくありませんでした。勝てる人が勝てない人を延々と食いまくるゲームシステム。当然勝てない人はやめていきます。勝てない人がいなくなると今まで勝てていた人も勝てない側に回ることになります。するとこの人たちも勝てない=つまらなくなってやめていきます。この連鎖が続いて人はいなくなります。マッチングシステムが駄目な対戦ゲームの典型的な末路です。

 ステアDASHはどうなるのでしょうね。あまりゲームが上手くない人でも遊んでいて楽しい、たまには逆転勝ちできるかもしれない、そんな遊び心をつかむようなシステムだと今までよりは盛況になるとは思うのですが、そのあたりは過去の例からすると開発がまったく理解していなかったので、また同じことの繰り返しになるかもしれません。対戦ゲームは負ける側の気持ちを斟酌してゲームデザインしないと人は残らないと思います。



Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.