スカウトは一息
 スカウトがレベル38になったのでトレーダーガーメントとベレー、スカウトパンツにグラブスを購入。大奮発です。地味にクリスマスカラーでなかなかいいかも。

 せっかく装備を整えましだけど、ここからはウォリアーレベル40までの苦行を始めるので、スカウトはしばらくお休み。38から39にするのはそんなでもないのですが、39から40は遠すぎです・・・。経験値5倍書もっと配布されないかなー。

 配布されたゴールドコインを使ってみたら6回中当たりが3回もありました。防具が当たったら、それをリサイクルすると500リングになります。大儲けです。当たれば、ですが。



ハロウィンイベント
 ブライトキングダムでハロウィンイベント。エルドリンにモンスターが出現というのでいってみたのですが・・・。次から次へと出現するモンスターを高レベルメイジが範囲攻撃スキルで一瞬で倒してしまうのでやることがありませんでした。つまらないです。というわけでログアウト。見たことのないモンスターもでるとのことでしたが、呆れてそこまで待っていられませんでした。もうこのゲームに対する印象は最悪。地に落ちました。



装備強化システム
 ファンタジーアースで装備強化システムがきました。でも思っていたのとちょっと違います。これで低レベル武器でもLv40相当の武器にまで強く出来る、見た目で気にいっても性能が劣るため使い物にならなかった武器も日の目を見るようになる、と考えていたのですが、そう甘いものではありませんでした。結局お金を使わせるシステムですね。

 戦争報酬のリングだけでも強化は出来ますが、強化できる数値に幅がありすぎて、よほど強運の持ち主でない限り中途半端な出来に終わります。Lv40に近い武器ほどLv40相当になりやすい感じ。

 正直言って武器はどうでもよく、防具のほうを強化したかったので(11月にくるとか)、このシステムはあまり嬉しくありません。強化にランダム性を持たせてあわよくばお金を使わせる、これってガチャと同じです。もううんざり。運営も商売としてサービス提供しているので仕方がないことだとは思いますけど、こういういくら使うかわからない、無駄金を使わせて儲けようとするやり方には疑問を感じます。

 個人的にはエルフィンイヤーを強化してウォリアーの頭装備にしようと思っていたのですが、あまり強く出来なさそう・・・。



久々にCPチャージ
 久しぶりにパンヤにお金を使ってしまいました。50CPチャージ。アリンのリボンストラップシューズが欲しいのに手持ちわずか5CP足りず・・・。やむなく500円投入です。いままでチャージは効率を考えて3000円単位でしていたのですが、さすがにもう3000円なんて馬鹿らしくて投入できません。元が取れるほど遊ばないですからね。

 でも、500円なら目当ての靴も買えますし、残り45CPでもうひとつなにかアクセサリが買えます。これならいいか、という感じ。よほどのものがこない限りこれが最後のチャージになると思います。新コースと新キャラがきて、また遊ぶようになれば話は変りますけどね。
 今回アリンの黒い靴を買って、前にウェディングドレスを当てるためにお金を注ぎ込んだ時はアリンの白い靴がどうしても欲しかったから、というのを思い出しました。知らず知らず靴にこだわりがあるのかな・・・。

 11月8日から約1ヶ月のうちに全コース18ホール以上まわるとなにかもらえるそうです。ひとりでできたらいいのになぁ。大会や対戦に参加するのはもう面倒でやる気になりません。



ジャイ大暴れ
 なんだか建てたオベリスク・エクリプスを守らないで硬直している前線をただ維持しようとしてるだけなのが目に付きます。前線はあくまで領域を確保するためのもの。押しても領域が伸ばせないところに前線を作る意味はありませんし、退いてもオベリスクを破壊される恐れがなければ退いたほうが得なのです(そのほうが城から前線への距離が近くなる)。今日戦った相手はその点わかっていて、僻地のオベリスク・エクリプスを狙って5人ほどで襲撃、折ったらすぐ退くという手際のよさ。わたしひとりで守りにいってもどうにもなりませんでした。

 死に戻って、ああ皆やる気ないんだなと思ったのでこっそりジャイアントで出撃。押せそうな前線の後ろから敵建築物を破壊しまくって遊んでいました。わたし一人でオベリスク3本・エクリプス3本破壊。しかしこれだけ暴れてるのに敵ナイトがきません。相手は相手でこちらの外周オベリスク破壊に夢中な模様。ここでさっさとわたしを退治しにきていれば相手が勝ってたような・・・。

 本当に終盤、僅差というかほとんど差がない状態で、あと2分くらい経てば勝敗がつきそうな場面でひとり敵陣へ進み、中盤に歩兵で折りかけたと思われる敵オベリスクを見つけたのでこれを破壊(前線からかなり深いところなのに周りに敵も味方も誰もいないというレアケース)、戻り際味方歩兵が一生懸命叩いているオベに砲撃してこれもいただき。ここでやっと敵ナイトが複数襲ってきましたが時既に遅し、わたしはさっさと召喚解除して逃亡。そのままゲームも終了で勝ち。

 ジャイアントの脅威、あまり理解されてないなあということがよくわかる戦いでした。味方の動きには失望しましたが、自らの活躍で勝利を引き寄せたことには満足です。

 ちなみにジャイアントの大砲の射程は0.8マス程度。狙いどころによって1発で2発分のダメージを与えられます。ターゲットが赤丸にならなくても、着弾地点のサークルが赤ければ爆風でダメージを与えられることがあります。目視で敵のオベリスクを発見したらマップで距離を確認して、ここからなら安全に破壊できそうだと判断したらさっさとジャイアントになって破壊してしまうのが賢明です。ナイトもそうですけど、とにかく試しにやってみて慣れて欲しいですね。召喚でなさすぎて勝てるゲームをみすみす落としています。自分ひとり気張ってもどうにもなりません。



パンヤは3周年
 パンヤ3周年。もう3年ですか。わたし一応最初から遊んでいました。NTT回線専用フレッツスクウェアでおこなわれていたβテスト時代から知っていますが、この時はなぜか接続できず遊べませんでした。その後一般向けに開放されてから参加していました。夏の終わり頃だったかな。最初は月額500円予定だったのが、急遽無料に変更になったのも覚えています。βテストも有料サービス前提のチケット制だったんですよね。

 当時はここまで人気が出るゲームだとは思いもよりませんでした。確かによくできてるなとは感じましたが・・・。今見てもグラフィックに古臭さを感じさせませんし、当時のデザイナーがどれだけ優れていたのか、恐るべしです。具体的にパンヤ人気に火がついたのはクーの実装あたりでしょうか。翌年5月頃にガチャシステムがきて個人的にはしらけましたが、一般には好意を持って受け入れられたようです。

 転機がきたのは昨年末のイベントですね。靴下を集めてクリスマスクラブと交換するというものでしたが、さっぱり集まりません。1日1時間遊んだ程度ではまったくでないのです。公式掲示板でも話題なっていました。あー、これは遊んでいるというより遊ばされてるなと感じて断念、これをきっかけに徐々に遊ばなくなってしまいました。その後のチョコを集めてカップルティーシャツと交換イベントでも同様な問題にぶつかり、これが決定的となりパンヤから距離をおくようになりました。そのまま現在に至ります。楽しさが作業をやらされてる苦痛に変わってしまったわけです。これでは遊ぶ意味がありませんからね。

 3周年記念としてさまざまなイベントが行われるようです。単なる作業のようなイベントではなく、誰でも楽しめるものにして欲しいと思います。



テコ入れがほしい
 ステアDASHのランクAで遊びたいのに人がいない・・・。部屋は空きませんし、自分で部屋を作っても埋まりません。待機時間が遊ぶ時間より長いです。

 しかたがないのでBへ。こっちも盛況には程遠い状態。ランダム部屋に空きはなく、ラマイリンク固定のところのみだけは空いていたので仕方なくそこへ。2戦して2勝(1位)。ゴール前でトップが炎にまかれたり、最後の直線でマジカソークを使いごぼう抜きで勝ちました。そこでおしまい。

 ラマイリンクは短すぎて面白くありません。すぐ終わるから稼ぎに使われているのでしょうけど。わたしは逆に一周のみ、15〜20分くらいかかるコースで遊んでみたいです。




早くも飽きた
 ステアDASHは24戦してレベル11、ランクAチャンネルにも参加できるようになりました。が、このあたりで飽きてきてしまいました。人もなんとなーく減っています。

 やっぱり1戦(レース)をして得られる満足感が少ない気がします。経験値はともかく、貰えるお金は雀の涙ですし。各コースをもう少し長めにして、走る楽しさをもっと押したほうがいいかもしれません。意見としてそう送っておきました。

 でも一度ケチがついてここまできてしまうと復活はなかなか厳しそうです。もう少し人が集まるかと思ってましたけど、ダメですね。ゲームとしては以前より断然よくなったと思うのですが・・・。

 そういえばクリスタルボーダーもこんな感じでなくなってしまいました。よく出来た滑走レースゲームでしたけど、アップデートの度につまらなくなる上に、販売されている装備・アイテムすべてが期限付き、装備を使いつづけたいなら期限がくる前にお金を稼がないといけない自転車操業システムでした(有料装備ですら期限付き)。人が集まるわけありません。ステアはあんな風にはなって欲しくないです。




意外に面白い
 ステアDASHやってみました。意外に、といっては失礼ですが、面白くなっています。参加者全員の接戦が多いです。マジカソークという魔法が非常に強力で、最下位からでも十分挽回できるようにバランスが調整されている感じです。4戦して4戦目中に強制終了で落ちてしまいましたが、6位・3位・1位・1位争い中に落ちる、という結果でした。6位のときも1人置いていかれるという展開ではなく、抜きつ抜かれつ状態で運悪く負けたというものでした。

 ちょっと遊ぶゲームとしてはなかなか良くなったと思いましたが、じゃあ継続して遊びつづけるかというとこれがなかなか・・・。レースをこなしてお金を貯めても買える装備品は少なくかつ魅力もなく、キャラはキャラで余りに高くてそうそう買えません。買ったら買ったで即一文なし。モチベーションを維持するためのあと一押しが欲しいです。

 あと、気になったのは視点が低すぎなところ。スピード感を演出するためなのかもしれませんけど、窮屈です。

 これらの感想は無料で遊べるということが前提です。パンヤのガチャ(ガチャPP含む)みたいな無駄金を使わせるシステムがくるなら絶対に遊びませんし、いまのところお金を払ってまで遊びたいというほどのゲームではないです。




テニクル終了
 ハイファイブのテニスゲーム、テニクルがわずか2ヶ月で終了することが決まりました。昨日、対戦ゲームはマッチングが駄目だとこうなる、と記事にしたばかりのところにタイムリーなニュースに驚きです。

 テニクル、わたしもサービス開始の日(βテスト開始日?)にだけやってみましたけど、うーん・・・な出来だったのを覚えています。テニスゲームするなら先行しているファンタテニスで十分、正直その程度な内容でした。ゲームとしてウリがないわけです。運営はSNSを通じてコミュニティを形成させて人を集めようという狙いがあったのでしょうけど、遊ぶ側としてはあくまでゲームが楽しめるかどうかが最重要ポイントなわけで、ちょっとこの点を勘違いしてたのかも。

 テニクル終了はテニクル開発先との問題であって、ハイファイブが運営している他のゲームには何も影響はないそうです。個人的にはブライトキングダムにもう少し力注いでくれたらいいのにと思います。ガチャ以外で。



Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.