やっぱり旬なコース
 アクセス数が異常に伸びているのでなんだろうと調べてみたら、IceSpaをキーワードにした検索に引っ掛かっているようです。どうやらずっと前の韓国パンヤでIceSpaが実装されたことを書いた記事が検索にヒットしているらしい・・・。

 残念ながらいまのところ攻略記事はないのですが、普通にスコアを取るだけならそんなに突飛なことが必要なコースはないと思います。以下に気づいた点だけ書いておきます。

 1W250yでは一見届かなさそうなホールも打ち下ろしならスパイクで1オンできます。滑り台をトマホークトップスピンで転がしてうまく1オンできなければ、トマホークではなくノーマルショットで打ち込んで転がすと球の勢いが殺されることなくグリーンまで転がっていきます。あるショートホールはグリーンがまっ平らで、その周辺の氷も傾斜なし、つまりグリーン外から超ロングパットが狙えます。終盤正面絶壁・奥が滑り台になっているホールは絶壁の一番低くなっているところに1W250y打点下トマホークを打ち込めば壁を越えられます。勢いの関係で1オンは運頼みになりますが、とにかく越えればらくらく2オンです。

 全体にコブラやトマホークの壁当て+スピンマスタリーで1オンが狙えそうなホールが多々あるのですが、実際試していないので可能かどうかはわかりません。1W270yくらいのひとなら楽々いけそうですけど。あと、グリーンが周囲の氷より盛り上がっているところが多いので、直接グリーンにのせないと弾かれてしまう場合があります。これは慣れないうちは要注意ですね。そういえば飛んでいる気球の部分にあたり判定はありませんでした。打球のコースをじゃまするように飛んでいますが、フェイクです。

 そんなにIceSpa人気あるのならコースだけでも画像を載せようと思ったのですが、やはり今まで使っていたツールではキャプチャできなくなっています。厳しいです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.