剣聖と対決
 第六話はまだ続いて、今度は本物の要塞、レイストン要塞が舞台となります。シード中佐にカノーネ、モルガン将軍、そして剣聖カシウス(エステルのお父さんであり、ヨシュアの育ての親)が敵としてたちはだかります。なんだか戦う意味がさっぱりわかりませんが、ファンサービスなのでしょう。

 カシウス、さすがに一撃は強力なものの、単身でこちらの相手をしてくれるので、アースウォールで攻撃を防いでいれば余裕で勝てます。怖いのは開幕直後、攻撃を防ぐ手立てがない一瞬だけ。そこさえしのげればカシウスの攻撃前にアースウォールの効果を維持するように落ち着いて立ち回っていればいいだけです。間違ってもチェインなど使わないように。チェインを使うと攻撃後しばらく誰のターンにもならないので、その間にカシウスに一方的にやられてしまいます(トドメにチェインで攻撃してみたら、リシャールの攻撃以外ほとんど効かず倒せず。その後カシウスのターンが3連続きました。あぶなかった・・・)。注意するのはここくらいかな。カシウスのSクラウトは鳳凰烈波、火の鳥になって特攻してきます。これってアースウォールがない状態で喰らったらどうなるのでしょうか・・・。ともかく、カシウスに勝つと剣聖の紋章というアクセサリが貰えます。そこそこ強いアクセですが、なくてもまったく問題ない、そんな程度です。

 レイストン要塞をクリアすると今度は真っ黒いグロリアス、その名も黒の箱舟が舞台となります。要塞ではリシャールが、箱舟ではヨシュアがイベント上強制参加することになるので、ここのところアネラスの出番がなくなってしまいました。現時点ではケビン・クローゼ・レンを固定メンバーとしていて、あとひとりをイベントに合わせて入れ替えています。そのたびに装備やクオーツを取り替えているのでちょっと面倒。全キャラ分揃えないで遣り繰りするところに貧乏性がよくでています。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.