勝っても負けた
 クラウス山脈の攻撃戦、序盤こそ人数差で負けていたので押されたものの、あっという間に押し返して西は坂の上まで敵オベリスクを破壊して圧倒。1ゲージ差がついてしまいました。敵キャッスルまではもう目前なのでこのあたりが前線維持の限界ですが、それでもしばらくは粘ってました。でも敵ドラゴンが召喚されてから一転。坂のアロータワーで粘ってはいたものの、敵ジャイアント2体により盾となっていたアロータワーが破壊されてからは完全に敗走です。

 ここまでは仕方がありませんが、この後が酷い。だーれも西側にこなくなってしまいました。ひとりやられまたひとりやられ・・・。西側は完全に制圧されて、北の坂の上まで押されてしまいました。このとき生き残っていたのはスカウト3人ソーサラー1人くらいかな。確かにウォリアーの人はきついと思います。でも、20人近くいた面々がほぼ誰も戻ってこないってどういうこと。一時は2ゲージ弱の差あったのにあれよあれよと1ゲージ差を切ってしまいました。

 情けない・・・楽なほう楽なほう行ってしまうんですよね。最初の前線から数えて4ブロック分退くまでほとんど誰も来ないなんて。呆れて軍団チャットでその旨流したら、やっと10人くらい駆けつけてきて敵を追い散らすことが出来ました。でも言わなくても来て欲しかった。マップみれば西側が壊滅してるのなんて一目瞭然なのに。これでもし敵キマイラがきていたらどうするつもりだったのでしょうか。

 あの時言うまでもなく西に向かってきてくれた人は間違いなくわかってる人です。向かわなかった人は・・・。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.