またこなかった
 オフィシャルショップ更新でスカウトレベル30の弓がきました。スカウト武器は短剣も弓も揃ったのに、ラブテンションはいまだにこない・・・。もう3ヶ月経ったような。

 レベル40の武器が欲しくて戦争に入れないときは狩りをしているのですが、ウォリアーの剣もスカウトの弓もでたのにソーサラーの杖だけでません。なぜ。本当についてないなあ。

 僻地のクリスタルで掘っていたらそばにいたソーサラーがハイドスカウトが怖いからアロータワー建てようなんて話し掛けてきました。別に周囲を見張ってればハイドくらいわかりますし、こんなところに建てるくらいなら前線に持っていくべきだと思ったてのでそう告げて立ち去りました。そもそもハイドでうろつくスカウトなんてよほど上手い人でない限り戦力外です。ハイド中はなにもできないのですから、相手にせずほうっておくのが一番。それはともかくハイド程度に怯えるとはなんとも頼りない味方です。



立て直せるのかな・・・
 レベル31のスカウトでは一戦しても大して経験値が増えなくなりました。今レベル32のウォリアーの時は経験値アップの書を使ったので気がつきませんでしたが、こんなにあがりにくいとは・・・。スカウトはレベル32でチャレンジャーパンツ装備ができるようになるのでここまではいきたいのですけど。

 何戦かしてみましたが、やはり酷いところは酷いまま。明らかに質が変わってしまいました。好き勝手やってる人たちは全員で協力して勝利を掴むことはどうでもよくて、自分たちの目先の戦いだけ考えてるみたい。厳しいな。あまり酷いところはとっとと離脱したほうが精神的によさそうです。

 首都に入ると初心者向けにゲームの要点を一般チャットで伝えている人がいました。でも周囲で聴いている人はレベル高い人ばかり。あまり意味なさそうでした。戦争が終わった後に反省会と称して敗因や改善点を話し合う国もあるようですが、個人的にはこれも意味あるのかなと疑問に思っています。反省会をするくらいなら戦争開始直後に当該マップでの簡単な動き方とオベリスクを建てる位置、どこまで伸ばすか、あとは場面場面ですべきことをチャットで短く伝えたほうがいいかも。まずは定石を実践させるのがこのゲームを理解させるのに一番の近道です。個人的には反省会のように後付けの敗因をいくら挙げたところで次ぎに繋がるかは不透明だと思っています。でも士気はあがるのかな。

 マップとチャットとゲージと支配領域を常にみていれば、どういう場面でゲージが動いたか、どこにオベリスクを建てれば支配領域が伸びるか、または建てても伸びないか、折られやすいところはどこかなどなど、経験を積めばわかってくるはずなのですが・・・。それが出来ない人が少なくないみたいです。そんなに難しいことではないのですけど。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.