ドラゴンになる
 ワーグノスの地防衛戦で早々にドラゴンになりました。敵はウォリアーと弓スカウトの連携が上手くてほとんど何も出来ず、ソーサラーが多目の歩兵戦は散々でした。

 ドラゴン、以前はなって間もなくクライアントごと落ちてしまったのですが、最近はファークリップを絞って遊んでいるので今回は耐えられました。ドラゴン難しい・・・。ターゲットサークルが出ないので射程と範囲がよくわかりません。練習モードがないとあまり活躍できないかも。初めてだと飛び方もよくわかりませんしね。ただ、敵ナイトがきても適当に攻撃してれば逆に倒せてしまいます。わたしはやられることなく最後までドラゴンのままでした。

 味方にドラゴンが3匹召喚されたのでキマイラを狙うかなと思ったのですが、残念ながら誰も出ず。ワーグノスは高低差が大きいうえに、前線を任意に移せるのでドラゴンだけで押し込むのはちょっと無理そうでした。ドラゴンラあたりならドラゴンだけで前線を押し込めるのに。

 流石にダメージは評価S。適当やってもこれですから、上手い人はどれだけ稼げるのでしょうね。



エルギル高地の攻防
 エルギル高地攻撃側、開幕から敵がキープ前まで侵入してきてクリルタル掘りをしていた人が襲われ、そのままキープ前を完全に制圧されてしまいました。この時は北西崖横キープだったのですぐに北東側に飛び降りれば難を逃れることは出来たのですが、それではまったく勝ちがなくなると思ったので、わたし含めた数人で粘って粘って(3回死にました・・・)1ゲージを削られたところでやっと奪還。この時点では3/5ゲージほど負けていたのですが、即座にキマイラが北東から敵キャッスル裏の虚をついてみどこに逆転!驚きの展開です。ただ、支配領域の差があまりに大きくてどんどん差が縮まっていきました(もともと大差で負けてましたしね)。終わってみれば1/5ゲージ程度の薄氷を踏む思いの末の勝利。やはり支配領域ダメージは大きいなと改めて実感しました。

 北西キープ、はっきりいってその時点で勝ちの目がなさすぎです。北西にはクリスタルがひとつしかないのになぜ北西キープにするのか、それがそもそも疑問です。南西ならクリスタルはふたつ、そこから北西をとるのと戦術自体は何も変わりません。北東にもクリスタルはふたつありますが、北西をとるためには中央経由でないといけないのでここはダメ。仮に北西をとっても中央から押し込まれたときに援軍を送り込めず、中央で分断されたうえですべて持っていかれてしまいます。というわけで南西キープがもっとも利があるのですが、なぜか北西にキープを建てる人が多いです。

 崖を降下して、迂回して中央を狙うくらいなら、最初から中央にいけばいいのに。そうすれば今回のようにキープ前を占拠されるなんて馬鹿なことは起きませんし、支配領域も五分五分、あとは歩兵と召喚の質の差で勝負をつけることが出来ます。一方で迂回して中央を狙う場合は支配領域で絶対に負けるので、圧倒的に不利です。

 なぜ北西なのでしょうね。変な戦術です。開幕で崖下へ行くか中央へ行くかは別にしても、南西でなくてなぜ北西・・・。敵キマイラを警戒するにしても利を捨てすぎです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.