装備ぼろぼろ
 アスターハンドの耐久度が0に。ビショップチュニックも500しかありませんし、ネプチューンも1100程度。装備がどれもぼろぼろです。でも耐性の数値は下がってないのはなんなんのかな。ずっとビショップでいくつもりなので、装備を外さない限り耐性が維持できるなら耐久度無視するのですけど。

 オフィシャルショップにニンバスが並びました。ラブテンションとおなじ性能の杖、サーバーを移転してから初めてのレベル30杖です。格好よくないのでいりませんけど。今使ってるネプチューンのほうがいい。いっそのことレベル40の杖までネプチューンでいこうかな。

 ホークウィンド防衛戦勝っていたのに電話がきて回線切れ。ついてないです。



戦術で負けてる
 始まりの大地周辺で連戦。全勝できたけど疲れました。

 ワーグノスの地攻撃は開幕で北西クリスタル周辺を奪取してゲージ差をつけるもののそこからがいつも酷い。敵をさらに追い込むでもないのに崖から降りてしまい、北西が手薄になる一方で南東オベリスクも狙われてどちらも崩壊。こんなパターンが多いです。実際負けることもあります。今回は序盤の貯金がモノを言って逃げ切れましたけど、もうちょっと考えないと。後手後手にまわりすぎな最悪ともいえる展開でした(いつもですけど・・・)。

 始まりの大地はB4とB5の境目あたりというキープ位置。あまりこのマップで遊ばないので、こんな位置?と思ったのですが、よくよく考えるとクリスタルを2箇所保持できるのはここしかないみたい。キープは北、キャッスルは東なのに戦場は南西から西という謎な戦場です。細かい戦術はともかく、歩兵で圧倒していたのであっという間に1ゲージ差。相手が残り1ゲージになった瞬間にこちらのキマイラがきまり2ゲージ差の勝利というとんでもないことになっていました。

 アークトゥルス隕石跡攻撃は西の隕石跡の中央にオベリスクを建ててそれを維持するというあまり見慣れない戦術でした。経験上、西隕石跡から敵領域へ大軍で侵攻した場合、当然のことながら東領域が手薄になるのですが、それがわからないのか調子になってオベリスクを建てまくってしまい、後から折られまくりでした。西も侵攻しているのをいいことに余計なところにオベリスク建てて守れなかったり。不慣れな人が多いのかな。

 ワーグノスもそうでしたが、建てられるならとにかく建ててしまおうという短絡的な判断をする人が多すぎです。それで守り難いところを攻められて、それを守るために人を割いて重要な前線が崩壊という負けパターンを何度もみてきました。オベリスクを建てる時は声を出してと一般に言われますが、建てる人はチャットで発言した直後に建ててしまう事が多くて、そこはダメだといっても間に合わないことが普通ですし、なかには建ててから"建てます"と発言する人も少なくなくてどうしようもありません。このあたりわかってる人が少ないと、せっかく勝っていても足をすくわれます。

 連戦連勝ながらも戦術的には相手のほうが一枚上手、ただ歩兵のレベル差で勝っただけの不満の残る内容ばかりでした。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.