ラブちょこ
 いつのまにかアイテム欄に入っていたラブちょこ、何で持ってるのかな?と前から疑問だったのですが(このキャラはイベント後に作ったものですし・・・)、クリスタルをトレードした時に渡してくれている人がいたのですね。いままでまったく気がつきませんでした。同じ国に属していて、勝利に向けて一丸となって戦うのは当たり前のことなのに、クリスタルを渡したくらいでお礼を渡されても正直困ってしまいます。気持ちはありがたいとは思いますけど・・・。



さよならクロポン
 ガチャポンタPPのレア入れ換えに伴い、クロポンがでなくなるそうです。結局わたしは手に入れることは出来ませんでした。

 この先は高レベル・クリムゾンリング・クロポン持ち相手と対戦してもまともな勝負になりませんね。対戦ゲームはいかに相手といいゲームができるか、競ることができるか、それがすべてだと思うのですが、やる前からここまで圧倒的な差がついてしまうと遊ぶのが馬鹿らしくなってしまいます。大丈夫なのかな。



もう十分
 ミニドラゴンの弱体化を感じて、このゲームにはわたしの求めている楽しさはもうないんだ、そう思うに至りました。

 千年ロボスの野望も蜘蛛の襲撃もだらだらと敵を倒すだけになってしまいましたし、ジャイアントハニングはマップも敵も使いまわし、最後の砦だった彷徨えるミニドラゴンまでもが難易度下方修正。どうも開発と運営は、簡単にクリアできるものをプレイヤーが求めている・楽しんでいるのだと判断しているようです。千年ロボスがそれなりに盛況な現状からしてそれはあながち間違いではなさそうですが、わたしには物足りないというか退屈。他の事をしていたほうがましです。

 倒しきれないほどの雑魚に追われながらも皆で協力して一匹ずつ数を減らし、ぎりぎりで千年ロボスを倒したあの達成感も、ミニドラゴンが次にどの攻撃をしてくるのか読みつつ間合いを測りながら攻撃した緊張感も、今はまったくありません。難易度を下げることばかり重視され、結果として楽しさの要素を捨ててしまったからです。これではゲームとして面白い筈がありません。難しくてもクリアした時の喜びを感じられるような、そんなキングダムクエストを期待していましたが、それはこの先もなさそうです。

 アーチャーでのレベル上げに本当に本当に行き詰まった時に使うつもりで、ここ数レベル分のクエスト報酬のいくつか受け取らずにとっておいたのですが、ここで使ってしまいました。行き詰まったわけではありませんが、やる気が萎えて続けられそうもなかったからです。これでさっくりレベル66。でも、レベル67を見ることはないかもしれません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.