さらなる新天地へ
 プリンセスデイズという期間限定クエストをクリアするとプリンセスクラウンが貰えるようになりました。防御11もあり、いまだ低レベルなわたしにはもってこいの装備です。クエストタイトルからすると"ローマの休日"のような内容を勝手に想像していたのですが、ただのお使いクエストでした。

 このクエストを機に、またサーバーを移りました。先に移ったところにそれほど不満はありませんでしたが、名前だけ取ってある3人目のキャラにもこのクエストをさせたかったのと、他のサーバーの雰囲気も味わいたかったからです。

 ただ、やっぱりここでもナイトナイトの人はいます。開戦間もない頃にナイト2騎出して意味なくうろうろしてるくらいなら、1騎出さないでアロータワー3基建てれば前線がどれほど楽になるのか、せっかく歩兵の数で押しているところにナイトになれと横槍を入れて前線から味方歩兵を減らすのが、戦術的にどれだけ無意味(どころか害悪)なのかわからないのでしょうね。もうこれは盲目的にナイトを信奉する宗教みたいなものだと思って関わらないことにしました。残念ながらお手上げです。



隠された監獄2階へ
 あたりに誰もいない雰囲気だったので、いつもの広間とアクーンの広間の2匹のブライトブットを交互に狩ってみました。片方を狩ってるうちにもう片方が湧くので休みなく狩れるのはよいのですが、通路にいるノックスリーダーの処理に時間がかかり全体的な稼ぎ効率はほとんど変わりませんでした。ノックスリーダーさえいなければなー。

 隠された監獄2階にまで初めて歩を進めてみました。入り口すぐ奥で待ち構えていたのはナバルとジャイアントスパークドッグという赤ネームの敵。まずいかな?とは思ったのですが、まずはナバルへ攻撃。思いのほか軟らかく、1匹倒して経験値は4300、同様にジャイアントスパークドッグにも手を出して経験値4500。まったく苦戦することなく、経験値もかなり美味しいということが判明。ただ、ジャイアントスパークドッグの一撃は350〜450もあり、HPストーンの消耗が激しそう。隠された監獄は街から行くのも戻るのも面倒ですし、ストーン補充の手間を考えるといい狩り場と言えるかはまだ判断つきません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.