ルーメンの災い
 露店でレベル60ピュアハートハンマーが480銀で売っていました。このハンマー、洒落たデザインでいいなと思っていたので、買おうかなぁどうしようかなと少し悩んでしまいました。威力は申し分ないのですがクリティカルが低いのが難点。でもクレリックなんて未だレベル43ですし、よくよく考えたらミニドラゴンに参加していればそのうちに雷のウォーハンマーがもらえるはずなので、別にいいか、と自分を納得させました。

 メインのアーチャーはレベル63にレベルアップ。63になると黄金の羽根を100個取ってこいといわれます。隠された監獄にいる黄金ブット狩りまくり。一箇所だけワンフロアが黄金ブットだらけの場所があるので、そこで狩っていれば100個くらいわけありません。ドロップ率1.5倍の助けもあり、3匹倒して2個でる、そんな感じです。これで経験値は108万!です。

 すると今度は、また黄金の羽根100個に加えて、中級解毒ポーションと中級ウイルス抵抗の秘薬を5個ずつ持ってきてと依頼されます。わたしのキャラはポーション生産の熟練度なんていまだ200くらいしかなく、中級ポーションなんてとてもじゃないけど作れません。これは困ったどうしようと倉庫をあさってみたら、解毒ポーションは7個、ウイルス抵抗の秘薬は1個あるではないですか。これをもとに買い取り露店を出して5個集めてこのクエストも無事クリア。これまた経験値108万と、なんとも太っ腹な報酬です。

 このクエスト、まだ続きます。急いで新鮮な水を10個持ってきて、でもどこで取れるかはわからない、多分隠された監獄だろうと言われます。そこで先ほどの黄金ブットの広間に舞戻り。でも先客がいたので、奥のオークハンターの広間、さらに奥のノックス・ブライトブットの広間へと進みながら適当に狩ってみたところ、ノックスからドロップすることを確認。黄金の羽根よりは出難いですけど、しかしたったの10個、集めるのはわけありません。これで経験値は65万。

 この"ルーメンの災い"という一連のクエストを終えると経験値は42%まできていました。レベル64にするのは結構楽なのかも。経験値1.5倍は大きいですね。



熟練度稼ぎ
 エール[3]をリックス[3]とチール[3]にして熟練度を稼ぎました。チール[3]を20個作って熟練度は26000まで上昇。35000まではチールをもう10個ほど作ればいいのかな?という感じです。エール[3]製作可能熟練度12000にしたときよりはるかに簡単かも。リックス[3]とチール[3]の材料は集まりやすいというのも難易度が低くなっている要因ですね。

 ちなみに、1個製作あたりエール[3]で24、リックス[3]で77、チール[3]で247の熟練度が上がります。粉からチール[3]10個作れば熟練度は7000ほど増える計算となります。

 熟練度を稼ぐためにエール[3]はすべてリックス[3]にしてしまうため、手持ちの装備はなにひとつ鍛錬できていません。何のために熟練度を上げるのか、それを考えと本末転倒です。リックスもチールもミニドラゴンの報酬でもらったものが100個以上あるのに・・・。

 でもいいです。陽炎のバトルボウ(強度4)を鍛錬できるようになることを当面の目標にします。



艶美服の威力
 不具合の補償で経験値1.5倍期間、よくわからないけど配布された天使の艶美服を装備してストーニーを狩ってみました。20分でSPストーンがなくなるまでに経験値は60万弱。すごい稼ぎ・・・。

 クリティカル+25%の効果ってどれくらいなのかなと常々興味はありましたが、使ってみるとそれほどでもありませんでした。雷の弓でも割とクリティカルヒットがでるので、+25%ならほとんどクリティカル?と勝手に考えていましたから。現実はそんなに甘くありません・・・。といっても、3発4発クリティカルが続くことも多いですし、あるとなしでは雲泥の差です。ただ、でないときはまったでない、波が大きいですね。

 ストーニーよりも軟らかく、それでいて経験値の多い敵がいました。トランピーザクラブです。以前試した時はそこそこ硬かったのに、今だとグリンキーより軟らかいのです。なんなんだろう。レベル補正でもかかってるのでしょうか。まったくの謎ですが、経験値はストーニーの1割増し、数もそこそこ、乱獲できれば申し分ありません。でも必ず誰かがいます。というか、特定の人に独占されてる感じ・・・。トランプの周りにはクイーンスパイダーがうろついているので、これを相手にしていると稼ぎ効率が下がることと(消耗が大きい)、ドロップはストーニーのほうが明らかに良いので、あまり固執する必要はありませんけど。

 チョコ武器ですぎ。ウルガの街でたくさん捨てられています。なぜか店売り処分できませんから、アイテム欄を圧迫するだけの存在です。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.