数がいてもダメ
 シュア島古戦場跡での防衛戦、参加したときにはもう相手の降下作戦が始まっていて、崖下が最前線。こちらも崖下で食い止めているもののじりじりとKill数で負けてゲージに差がついてしまいました。相手はナイトを8騎もだしてきて、こちらの陣地でうろうろ。味方ナイトは2騎のみ、これを追いまわしています。わたしは味方ナイトの援護にまわりアイスジャベリンで氷漬けにしてヘルファイアいれたり、牽制したり、敵ナイトをかもるのも結構楽しいです。

 相手はこちらが召喚をだしていないのに次々にナイトを繰り出してきていました。ずいぶん無駄なナイトがいるなあと眺めていたら、ゲージの差も少しずつ埋まり、結局逆転の勝利。単純に前線での歩兵の差で勝負が決まったようです。あのナイトの群れはなんだったのかな・・・。こちらがむきにならず、召喚で対抗しなかったので完全に肩透かし状態です。歩兵に戻って戦線に復帰していればこちらが負けていたと思います。

 自軍でもよくあるのですが、なんだか意味もなくナイトしている人が少なくありません。やることがないのでクリスタルを運びまわるナイト、これは役割としては重要ですが、敵ジャイアントがやってきているにもかかわらず運搬を続けたり(もちろんHPが少ない等の事情があれば別ですが)、あと一撃でやられる場面でも敵ナイトにつっかかって逆にやられたり、無駄が多すぎです。どんなにダメージを受けても死なない限りは自軍のダメージにはならないので、一旦解除して回復、またナイトになればいいだけのことなのに、追わなくてもいい敵ナイトにかまいすぎて無駄死にするナイトが本当に多いです。ナイトが少ないだなんだとチャットでわめいている人がいつもいますが、運用方法が悪ければ数を出しても意味がないのは上に書いた通りです。出しすぎればその分歩兵の数が減ることをもうすこし意識して欲しいものです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.