たまにはいい勝負
 エルギル高地での防衛戦、途中参加で1ゲージの3/5くらい差がついた状態。領域も負けていてこれは厳しいなぁと思いつつ、自軍のオベリスクがぜんぜん建てられていないのでクリスタル掘りに専念。周りを見て8個たまっていそうな人に7個ずつ渡してどんどん送り出していきました。

 相手は北東側を押さえて安心したのか、南西側はすかすか。かなり時間が経っていたにもかかわらず南西を押さえることができて支配領域の差もぐっと縮まり、味方ジャイアントになったひとの上手さもあって中央で5分の争いにまで盛り返し、ゲージの差も1/3くらいにまで迫っていきました。

 ここからはこう着状態が続き、これは多分キマイラ勝負だな・・・と考えていたところ、先に動いたのは相手側。キマイラと歩兵部隊10人以上で北東の崖から降下してきました。キマイラが来るのは予想していたことなのでみんなでこれを撃退。護衛の歩兵も殲滅。これで勝負の行方はわからなくなり、残り1/20ゲージくらいのところでついに逆転!!本当にぎりぎりのところで勝利となりました。相手はキマイラ特攻が裏目に出てしまいましたね。のらりくらりかわされていれば多分追いつけませんでした。

 ひさびさにいい展開でした。こういうときはほんといいゲームだなと思うのですけど。

 ここのところレベル10台のキャラの参加をよく見かけます。キャラの作り直しか、それとも自国を捨てて他国へ移籍したのでしょうか。確かに戦争の少ない国だとつまらないですから、早いうちに見切りをつけて他所へ行くのはありだと思いますが、なんだかどの国もやけに多いです。なにかきっかけのようなイベント等あったのかな・・・。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.