なにもできない
 ファンタジーアースゼロは実質オープンテストになって人がすごい来ています。中央マップは50vs50の戦場だらけ。なかなか参加できないので薬代でも稼ごうかなと思っても、低レベルマップひとつに20人以上います。これ無理ありすぎ・・・。狩る場所5つくらいしかないのに。できることが何もありません。開発と運営はいったいどれくらいのユーザーが遊ぶことを想定してこのゲームをデザインしたのか、本当に疑問です。

 それでもぼけーっと待っていたらやっと戦争に参加できました。初めての人も多いのかなと思ったので、ここにオベリスク建てましょう、敵こないうちにアロータワー建てちゃいましょうとそれとなくチャットで指示してました。動くのは経験者ばかりのようでさすがに対応が早いです。黙っててもよかったかも。相手方の国のほうが新兵が多かったようで、2ゲージも差をつけて勝利。ドラゴンもでてきたみたいですが、まったく意味なし。こんなに大差がつくのも珍しいです。



ミニドラゴンに焼かれる
 ミニドラゴンのキングダムクエスト、面白いです。昨日は思ったほどではなかった、なんてつれないこと書きましたが、死んではダメと自分に制約を課すとなかなか熱い戦いが待っています。例によってミニドラゴンを倒してSUCCESSの文字が出ているときに生きていないと宝箱は貰えないわけですが、たまたま最後の瞬間に死んでしまいあまりに情けない思いをしたので、二度と繰り返すまいと固く誓いました。

 しかしこのミニドラゴンすさまじい強さです。炎のブレス喰らったら4998のダメージ。骨も残らず焼け死んだ感じです。盾役の人はいったいどうやってこれに耐えてるのでしょうか・・・。湧いてくる雑魚からも攻撃喰らうでしょうし、すごすぎです。盾役楽しそうだなー。

 もちろんアーチャーでも手に汗握っています。ミニドラゴンが翼を広げて舞い上がる前にスキル攻撃してしまうと退くタイミングが遅れてしまい、ああやられたかも・・・と冷汗状態。でもあの攻撃、範囲がよくわかりません。隣でばたっと死んでしまうメイジを横目に自分は助かっていたり、これだけ退けば大丈夫だろうと思っていたところにぶしゅっと即死してたり。ま、でもそういうところが面白いわけですけどね。

 キンクエ時間まで少しあったのでクレリックで蔦の森へ。いつのまにかウィールドのモーションが速くなっています(その代わり見た目しょぼくなりました)。ブレークも若干素早くなっていて、ブレーク・サイキックブラント・ウィールド三連発でインプのHPの半分弱削れます。これ強すぎなような・・・。クレリックの攻撃スキルは遅すぎて使い物にならないと記事にしたことがありますが、その弱点がなくなりました。ちなみに、この攻撃パターンで狩りをする場合、スキルのモーション速度はメイスでもハンマーでも同じなので、ハンマーが断然おすすめです。



不手際が続く
 パンヤはとんでもないことになっていたようです。わたしは今週のアップデートには興味なかったので遊んではいなかったのですが、延々メンテナンス状態。ガチャPPのレアがでまくりだったみたいで、なんだかなぁ・・・という感じがします。

 この対応を協議するのに6時間近くもかかるものなのか、という疑問もありますが、それよりもガチャレアの当選確率をそんな任意に変えてしまうことのほうに驚かされます。これって危険ですよね。ある時点では当選確率を上げておいて、それとなく出易いとふれまわり、みんながガチャするようになった時点で確率を下げ嵌め込む。CPガチャの場合、運営は大儲けです。でもそれは許されないことだと思います。というか、この例では詐欺ですよね。

 わたしもクロポンは欲しいのですが、まだ7000PPしか費やしていません。手持ちがあまりないのもありますけど、とにかく当たる気がしません。やるだけ無駄な感じがして、今ではPPガチャにはまったく関心がなくなっています。今回のような不手際を目の当たりにするとなおさらですね。



神秘的な歌声
 エルドリンのほうはあまりに人が多くてルーメンにきました、でもこっちも人多くてこれはキンクエ競争率高いね〜なんて話している人がいました。ホント多すぎですよね。ルーメンの村長のまわり、30人以上はいましたよ。エルドリンはもっと多いでしょうから・・・参加できない人はかなりの数にのぼるのでしょうね。

 キンクエの開催間隔をなぜもっと詰めないのか、さっぱりわかりません。このゲームの一番のウリ、ここが遊べないのでは意味がないのに。もちろん30分間隔にして1回17万なんて経験値が入ってしまうとレベリングがおかしくなってしまう、運営がそういう危惧を抱くのは理解できます。でもこれは例えばキンクエ自体は1時間間隔にして、連続して参加できないシステムにすればいいだけのこと。そんなに難しいことなのでしょうか・・・。

 ゲームを起動すると美しいコーラスが流れてびっくり。今まで音楽を切っていたので気がつきませんでしたが、このゲームにはまったく似つかわしくない、神秘的な雰囲気の歌声が聴けます。キャラクタ選択時の左にいる女神のCGこそいまひとつですが、ローディング画面もすっきりとしたデザインに変更されて、このゲーム、ぱっと見だけならクオリティがすごく高くなりました。やっぱり正式サービス開始が早すぎたのではないかな・・・。今ここから始まりだったなら結構いい線行きそうな気もしますけど(内容の割に動作が重いのがネックになりますが)。

 キンクエそのものはとても面白いのに、どうしてここを伸ばそうとしないのか、それがわかりません。半年経って、ミニドラゴン以外はβ当時のままってやる気なさすぎです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.