DeepInferno遊んでみた
 DeepInferno前半9Hやってみましたけど、うーん・・・これはあまり面白くないですね。おそらく一般的にも人気はでないのではないでしょうか。

 1W260y必須です。1Hは風なしで1W少なくとも260yはないとフェアウェイに届きません。レベルでパワーペナルティ緩和なんていう馬鹿なシステムにしてしまったばっかりに高パワー向けの設定になってしまい、人を選ぶコースになってしまいました。

 それ以下でももちろん遊べますが、IceCannonのように氷上を転がしたり、SilviaCannonのように送風機の風に乗せたりといった、地形を生かして距離を稼ぐことができるホールはごく限られているので、大会でも対戦でも圧倒的に不利です。

 少なくとも前半のホールはどこもオーバードライブは稼げず、グリーンの難易度も高め、PP稼ぎは難しそうです。

 スパイクショットはコブラと同じエフェクトで、ショットした瞬間から上昇しはじめ、頂点で一旦止まった後に急降下していくショットです。感じとしてはコブラの上昇とトマホークの下降を合体させたような・・・。見た目はしょぼいかも。DeepInfernoは火山や絶壁が多いので、それらをまたいでショートカットする場面でスパイクショットを使えということなのだと思います。今のところは特に使う場面でなければトマホークで十分な気がします。

 まだ一回しか遊んでいないのでこの先どうなるかはわかりませんが、今のところは期待はずれです。



やっと始まった
 パンヤSeason3βテストが始まりしまた。これから覗いてみます。順次追記していきます。ちなみに左のスナップショットは新コースDeepInferno2Hでホールインワンをだしたときのものです。なんだかすごくよく撮れていたので掲載。ホントに関係ないですけど・・・。
・カディエ先生のマジックボックス
 これはいままでのリサイクルボックス+αといった機能で、例えばサイレントウィンド10個で抽選補助券1枚にチェンジしてくれるもの。体力安定剤やスピン安定剤なんていうものも作れます(ものすごいコストが掛かりますが・・・)。

・アイテム装備スロットが10個まであります。基本はもちろん8個までですが、あと2個はなにかしらで増やせるのでしょう。

・アクセサリとしてかつらがあります。これは髪型が変わる頭装備扱いなので、例えばアリンのエレガンスウェーブを装備するとリボン系のアクセサリはつけられなくなります。ただし正確度+1・スピン+2と高性能です。

・パワーによるコントロールと正確度のペナルティが緩和されており、セミプロで5ポイント分コントロールがあがっています。つまり+10yしてもSeason2時代のコントロールが維持できます。ちなみにパワー25から30にするのに52500PPかかりました(1キャラ分)。

・パワーをあげるならツインフェザーその他のクラブのパワーをアップグレードすれば安上がりなことに気がつきました。これ絶対忘れて個々のキャラクタのパワー上げるひといるでしょうね・・・。

・パット時のカメラアングルが今までとまったく違います。トマホークでチップイン決めた時も違ってました。

ディープインフェルノのグリーンはWindHill系かもしれません。まちがいっぽいです。ごく普通でした。スピン9で7y程バックスピンがかかってホールインワンになりました。
 メンテナンスがきてしまったので一旦ここでおしまい。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.