セルフィ衣装はすべて有料
 アットゲームズが正式サービス開始となりました。セルフィの衣装がすべて有料化。すべて、というのには正直驚かされました。タウンをまわってみたところ、全員初期の短パン・ティーシャツ。それはそうですよね・・・。

 1つの衣装が150円かに200円くらい、全身一式揃えると500円から1000円くらいでしょうか。現状ではタウンをうろつくくらいしかセルフィの意味がないので、これにお金を払う人がどれほどいるのか正直疑問です。プチコインをGコインに交換できるようですが、最低交換単位が10000プチコイン。こんなの無理です。

 こういうのって最低限度の衣装はゲーム内通貨で買えるようにして、そこからさらに優れたデザインのものは有料で提供したほうが活気づいて結局儲はかると思うのですけど、ここまで渋いとは・・・。現状の完全有料セルフィシステムは死んでるも同然です。



Season3へ移行
 Season3へ移行するためのアップデートデータ多すぎです・・・。とりあえずポップアップ画像だけ更新できたので紹介しておきます。まず一枚目、新しいクラブは剣を模したもののようです。日本のぱんがさ系クラブのようなものでしょうか。
 次いで二枚目、マスコットはモッチ・ネコ・イヌ(ウサギ?)らしい。アンダーソンは日本独自仕様のままみたいです。いずれも見た目という点ではあまり人気でなさそう。装備するとボーナス付与の恩恵があります。
 そして三枚目、新キャラのKaz。いままで既存の男性キャラはどれもいまひとつだったので、これは人気でそう。背後霊のような女性はなんなのでしょうね。Kazは一見悪役のように見えますが、そうではないようです。
 その他かつらの種類などが紹介されていますが、髪形については1キャラ1種のみの追加でした。これは期待はずれ。



爽快感のかけらもなし
 最近の流行なのか、またまたレースゲームが公開されました。その名も"とぅいんくる"。ActiveXを使ったブラウザからの起動という駄目仕様ですが、それが嫌でなければ誰でも参加できます(一応オープンβテストらしいです)。
 スピード感はまったくなく、コースに起伏がないので本当にただなんとなく周ってるだけのゲームとなっています。地面に配置してある障害物はジャンプで避けられるのですが、そのジャンプももっさりして、ジャンプしているのかどうかすらよくわかりません。システム表示部分のレイアウトに無駄が多く、画面が狭く感じられるのもマイナスです。雰囲気としてはステアのコースをクリスタルボーダーのキャラで加速なしで走ってる感じでしょうか・・・。爽快感のかけらもありません。

 自分で部屋を作ればひとりでも走れるので、とりあえずそれで試してみるといいかもれません。わたしはひとりで3コース走り、対戦1回してやめました。

 補足:お金を貯めて衣装を買えば加速やスピードといった能力があがるので、初期状態ではスピード感があえて抑えられているのかもしれません。でも、このゲーム内容で衣装を買い揃えるまで続ける人、そんなにいるとは思えないです。




一気にきた
 韓国パンヤは8月1日のアップデートで正式にPangya Season3 Revolutionがオープンすることになりました。

 主な内容は以下の通り。

 ・新キャラクター"Kaz"登場(衣装7種・水着2種も同時に実装)
 ・新コース"Deep Inferno"
 ・アプローチ精度を競うパンヤバトルモード新設
 ・パンヤコース内を自由に歩きまわれるチャットルーム
 ・チャットルーム内でPPアイテムを自由売買できる個人商店
 ・新特殊ショット"スパイクショット"
 ・パワーゲージを2つ消費して飛距離を+20yさせるパワーショット
 ・パワートマホーク・パワーコブラ・パワースパイクが可能に
 ・消費型アイテムから他のアイテムを製作する"カディエの魔法箱"
 ・CPチャージするとスクラッチカードがもらえる
 ・各キャラ用水着期間限定販売(エリカ6種・クー4種・アリン7種他)
 ・新クラブ3種追加
 ・レベルによるパワーペナルティの軽減
 ・各種ボーナス上方修正
 ・ダウングレードにかかる費用の撤廃

 毎回同じこと言ってますが、こういうふうに一度に大量に持ってこないで、例えば水着は半分ずつ2週間に分けて実装するとか、ユーザーを飽きさせないようかつ呆れさせない程度に小出しにすればいいのに・・・。どかっとアップデートして、そのあと何週間も音沙汰なし、そんな運営してたら人はいなくなります。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.