IceCannon Hole10/Par4
 氷の道に流し込めれば490y地点まで転がっていきます(行き過ぎて470yまで戻ってきますが・・・。)。多くの人がここで飛距離記録を更新できると思います。

 2Wで道に重なる位置に狙いをつけて1Wでバックスピンショット。追い風なら少しだけ右へずらします。勢いがありすぎと壁に跳ねた球が奥のフェアウェイに落ちてしまったり、道からそれてラフに乗り上げてしまうこともあります。そこでバックスピンをかけて勢いを殺し、斜面を生かして転がりだすようにします。自信があるなら2W・3Wトマホークトップスピンを打ち込めばより稼げます。

 あまり転がりすぎるとグリーン後ろの看板付近まで行ってしまいますが、この看板は他のコースのものと異なり貫通しません。アプローチの際は必ず避けるように。

 スピンマスタリー打点上トマホークトップスピンを道の壁右側に当てたところ、1オンしました(グリーン上でスピンが発動し奥へ転げ落ちました)。



IceCannon Hole11/Par4
 4I前後で甲板に落とし、そこからウッドでグリーンを狙うのが無難だと思います。左の氷地帯は無視で。

 ティーショットであまり飛ばしすぎると排気口(黄色い丸のところ)が正面にきてしまい、カップが右にある場合にアプローチしづらくなってしまいます。この点だけ注意。

 1Wで甲板左側へ普通に打ってもかまいません(白色ルート)。ただし、甲板左側面に看板(赤丸のところ)が正面に来てしまうとアプローチショットができません。その点だけ気をつけてください。

 オーバードライブを狙うならウッドでトップスピンをかけて空母上の氷のカートロードに打ち込みます(赤ルート)。すぐ右側がOB地帯であること、カートロード縁の段差の下で止まってしまうと次のショットがその段差に引っ掛かってしまう恐れがあることなど、あまりおすすめはしません。 

 SilviaCannon6Hのように空母側面の排気口に当ててがばっと飛距離稼げそうですけど、今のところ成功したためしがありません。



IceCannon Hole12/Par4
 右の氷地帯から続く小道に転がすことができればかなりの稼ぎになりそうですが、普通にやっても無理だと思います。ここは正面のフェアウェイに打ち込んで安全確実にバーディで十分。

 フェアウェイとラフ(黄色の丸のところ)の境目でバウンドさせれば70PPほどオーバードライブが取れると思います。ただし、ラフにつかまると2Wクラブ制限です。

 グリーンは8H・9Hに続きほぼまっ平らです(グリーンのカラー付近に傾斜がある)。積極的にロングパットを取りにいくとよいでしょう。



IceCannon Hole13/Par3
 強い向い風でなければ2Iで寄せることができます。正面に背の高い花が立ちはだかりますが、アイアンショットならその上を越えていきます。3Wでパワーを調整してアプローチする場合は花に当たる可能性があります。やむをえず3Wを使う場合はかならず花を避けるように。

 カップがグリーン手前の場合はバックスピンショット寄せることになりますが、ミスして奥へ転がってしまうと傾斜がきつい分パットは容易ではありません。確実に止めてください。

 風がなければ3Iでぎりぎりグリーンを捕らえることができます。



IceCannon Hole14/Par4
 戦艦左横の亀裂と氷地帯の穴(黄色の丸)のちょうど中間を転がして氷地帯を転がすようにします。向い風でない限り2W230y打点下でティーショットしてください。ただし雪が降っている場合は追い風でも1Wを使ってください。2Wではラフで止まってしまいます。

 氷地帯手前のラフは右側が右へと傾斜しているので戦艦横の亀裂に誘導されがちです。風で流されないように注意が必要です(赤矢印のように流れて落ちます)。

 氷地帯左もしくは奥の穴に落ちる分には1打罰のうえでそこから打ち直しなので、たとえ落ちてしまってもスコアが大崩れすることにはなりませんが、このの亀裂に落ちてしまうと次のショットでグリーンを狙えなくなり、実質2打罰です。ここにだけは絶対に落とさないように。



IceCannon Hole15/Par4
 空母の甲板に打ち込み、アイアンでアプローチするだけです。1Wでも甲板にのります。

 ティーショットは甲板上の飛行機と右の排気口の間を狙います。右に逸れるとアプローチが排気口に妨げられるかたちになります(アイアンで越えられるので問題にはなりませんが)。

 グリーンの右から左へきつめの傾斜が続いているので、アプローチでミスるとパットが厳しくなります。グリーン手前のラフは上り坂になっているので、カップが手前の場合はショートしがちです。この点にも注意してください。



IceCannon Hole16/Par3
 崖の右を2I打点右・インパクト左で通すのが簡単です(カーブ8以上)。左から右への強風でなければ7y以内によると思います。風が悪くてもカップの右につければほとんど真っ直ぐのラインです。

 狙いは崖の右の裾から少し左にずらしたあたり。崖の側面ぴったりに合わせてしまうと、インパクトを左に切る分曲がりきれず、崖に当たってしまいます。

 アイアンならトマホークで正面の崖を越えられます(赤ルート)。ただ、2Iでは崖に当たることがあります。要注意。17H・18Hでパワーゲージを使いたいので(18Hは必須)、無理にトマホークを使わず崖の右を迂回させるルートのほうがよいと思います。



IceCannon Hole17/Par4
 安全確実にいくなら空母の甲板経由で2オンするのが簡単です(白色ルート)。

 積極的に1オンを狙っていくのならグリーンのある小島の谷に球を流し込めばグリーン手前までは転がっていきます。谷からグリーンへの風があればそのままグリーンにのることもあります。狙いとしては谷の奥側の壁に1Wの先端を合わせ、かつ黄色の丸で囲った位置の角より左にいくように狙いをつけます。向い風や左から右への強い風がある場合はパワーショットにしないと谷の右側へこぼれてしまい悲惨なことになります。上手く左へ流れるかの見極めが肝心です。

 とはいえ、ここはトマホークを無理に打ち込む必要はありません。トマホークが失敗した場合はラフで止まってしまいオーバードライブがまったく稼げなくなるので、むしろ普通にパワーショットを打ち込んだほうが確実です。

 グリーンは簡単ではありません。



IceCannon Hole18/Par4
 正面の氷の谷の側壁にトマホークを打ち込みます。吹っ飛んでおくまで転がっていきます。上手くいけば1オン。残り200y地点を越えれば後は急斜面に導かれてグリーンまで転がっていきます。途中で止まってしまった場合、左壁に100y程度のショットを当ててグリーンまで転がしてください。200y地点ギリギリで止まってしまった場合は20y程度のパワーでショットすればロングパットが取れる位置にいくと思います。

 打点は上でも下でもどちらでもよいのですが、1オンしない場合は打点下のほうが遠くまで飛ぶようです。ただ、打点を上にしておくとトマホークをミスした場合に勢いよく転がり戻ってくるのでOBになりにくいです。

 追い風の場合はトマホークでなくてもパワーショットでもいけます。追い風7m以上あれば1オンできます。

 逆に向い風の場合はまず1オンはしないと思ってください。特に向い風7m以上ではトマホークを打ち込んでも手前のOB地帯へ戻ってきてしまいます。この場合はオーバードライブボーナス諦めて、7I前後でOB地帯の手前に落とし、そこから1W(できればトマホーク)で谷を転がして2オンを狙うほうが確実です。勝負するならスピンマスタリーでトップスピンをかけてトマホークします。

 右フェアウェイから刻むルートは、1W250yでは3オンになってしまうため積極的に狙う意味はありません。

 グリーンの難易度は低めなので、とにかく1オンしてしまえばイーグルチャンスです。



現金取引でアカウント停止
 韓国パンヤで事件が起きました。韓国パンヤ公式サイトによると、不正にCPを取得し、プレゼント機能を使ってCP装備を現金で販売していたユーザーがいた事実が判明したそうです。これに伴い販売者及び取引した232人のアカウントが停止されました(一方的にプレゼントされたアカウントも含むそうです。それについては事実を確認した後に解除)。

 アッブデートもなくなっちゃって、追い討ちかけるようにこの事件。あちらは大丈夫なのでしょうかね。もしかしたらこの事件が落ち着くようにアップデート見送っていたのかな・・・。でも今月3日に起きたようですし、それは関係ないのかな。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.