韓国ではIceCannonがきてた
 韓国パンヤでは来週かと思っていたIceCannonが早々に実装されました。たまにみせるあの迅速さはなんなんでしょうか・・・。でもポップアップ画像などは非常に地味な感じで、この機にパンヤを盛り上げようという感じはあまりしません。

 SilivaCannon8Hは2Wスピンマスタリー打点下トマホークで正面の島をかすめて1オンすることが可能ですが、いままでの2W226yでは追い風でなくてはグリーンに届かず、しかもカップが奥の場合は50yほど残るので1パットで沈められず、あまり有効なルートではないと思っていました。しかし2W230yでは向い風でも余裕でグリーンに届くことが判明。送風機の上昇気流を高いところで受けるためか、本来わずか4yの差でしかないのに実際の飛距離差は大きくでます。スピンマスタリー分120PP使うことになりますが、スーバーパンヤボーナスx2で150PP以上入るうえにバーディ・イーグル差40PP余計に稼げるので、絶対にトマホークを出せる自信があるなら積極的に1オンを狙うのもありかなと思います。その代わり、トマホークをミスったらOB確定、さらにロングパットボーナスももらえなくなるのでリスクはかなり高いといえます。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.