1PP差で勝った
 今まで何度か対戦している人がやってきました。勝率は五分五分といったところ。開始2Hで相手がパットミス。このホール、カップがグリーン右にあるときは確かに難しいです。
 でもPP差がじわじわ縮まってきます。6Hまでそのまま進んだのですが、その6Hの2打目、わたしは神経補助剤使いながらトマホークミス。ゲージがなかなかMAXでとめられなかったので、外しそうな予感はありましたけど。相手はなんなくトマホークパックスピンでベタピン。スコアで追いつかれ、PPは大きく離されてしまいました。
 最終7H、相手の2打目が終わった時点で60PP差(当然カップ側に寄せてます)。ビーム放射の向い風9mという最悪の条件のなか、スピンマスタリー打点下トマホークで一発逆転を試みました。ねらいは当然30yロングパット。でも、力足らず25y奥までしか届きませんでした。
 あぁ負けちゃったと思ったら、トマホークで10PP加算されるの忘れてました。グリーン奥からのパットは何度もしているのでぱぱっと決めてロングパットボーナスもゲット。この時点では勝敗はよくわかりませんでしたけど、終わってみると1PP差でわたしの勝ち。よかったーと思いつつ、ちょっと必死、おとなげなかったかも、とも思う対戦でした。6Hでトマホーク決めてれば苦労なかったのに。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.