テイルズ オブ エターニアβテスト募集
 クローズドβテスト募集の際に登録した個人情報の管理主体がISAOからナムコへ移管されるとのメールが。あわせて13日から第2次クローズドβテスター募集が始まるとのこと。そういえばこんなのもあったのね・・・。ちょうど一年前に登録して以来、何にも音沙汰がなかったので登録失敗していたのかと思ってました。

 ただ、さすがに今となってはこの古臭い感じのグラフィックで惹かれるところが何もありません。テスター募集に申し込みするとPSP他抽選で何かもらえるかもしれないので、それ目当てに申し込むのはいいかもしれないですけど。



あの上転がせばよかったのね・・・
 アマチュア3人でSilviaCannon6H対戦。13Hから開始。相手は1W266yと1W258y。大きくインパクトを外さなければパワータイプ有利だなぁ・・・ということを思い知らされる一戦でした。相手は13Hノーマルショットで右フェアウェイに届いてますし、14Hもノーマルショットでグリーンにのってます。さすがにこれはかなわないな、という感じですね。

 開始13Hわたしは左フェアウェイを狙ったのですが、フェアウェイとラフとの間で止まり、なんと3I制限。2I制限というのはなくもないですけど、それ以下の3I制限。出だし最悪のパー。今思えばこの時点で負ける運命にあったのかも。

 それでも収穫もあって、17H、甲板右の黒い部分を転がしてポケットまで転がし、そこからスピンマスタリー打点下パワーショットでグリーンまで飛ばす方法をみることができました。トマホークでなくてもグリーンの小島まで届く、というのはパワータイプならではの特権ですけど、甲板右黒い部分を転がす、というところは目からウロコでした。木の甲板より黒い部分のほうが良く転がるので、やられてみるとなるほどという技なのですが、あれなら1W246yのパワーショットでもそれなりに転がりそう。コブラより安定するかも。1Hの応用と考えれば自分でも気がつけたのにな。上から見ると段差がありそうに感じるので、あのルートは見逃していました。

 結果はPP差で3位(ビリ)。相手のミスで18H開始時点で2位だったのに、18Hホイール抜けを失敗して追いつかれてしまいました。でも楽しかったからいいかな。3人でもサクサク進んだのであまり時間はかかりませんでした。いつもこういう対戦が出来たらいいのに。

 ゲーム内で声をかけられることがなぜか増えました。別の対戦でも友達登録を求められましたけど、申し訳ないですけど丁重にお断りしました。誰に気兼ねすることなく遊んでいたいので、パンヤでは固有の仲間を作らないようにしています。誘って頂いてもクラブに入ることはありません。

 経験上、仲良く一緒に遊ぶ人が増えれば増えるほどしがらみが多くなって、上手くいってるときはそれでいいのですが、何かをきっかけに関係が崩れるともうダメ。ゲームの世界はとても狭いので、関係を絶ちたくてもそれができません。そういうどうでもいいことで気苦労を負いたくないので、予防策として友達登録はしないのです。常に見知らぬ人との対戦のほうが新鮮で楽しめるという思いもあります。でも、無言部屋でも気軽に話してくれる分にはこちらも嬉しいです。どうでもいいショットにナイスナイスと言われても辟易しますけどね。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.