4冠獲得するも
 WizWiz10人大会あと2人だったので飛び入り参加。10人大会なんて良くても銅メダルですし経験値もたいしてもらえないので避けていましたが、大会自体に参加する機会がなくなってきたので久々に勝負してみたかったのです。
 アプローチショットがカコッカコッとカップにはじかれること3回。うーん惜しい。17H真向い風8m3打目絶好のチップインチャンスもはずしました。ビームにはあたったのに。9Hパワーショット打てなくてパー、10Hで170yチップインアルバトロス。あとは普通で結果は-22でした。ひさびさの記録更新ですけど、あまり嬉しくないかも。
 結局1位でベストランナー・スピーダー・チップイン賞の4冠なるも、賞品は1位の分のミラクルサインひとつ。10人大会は各賞の賞品はもらえないのね。この事実にはがっかり。でも、ささやきでおめでとうと声をかけていただいたのは嬉しかったです。
 今日はこの大会だけでおしまい。



ラダーシステム
 対戦での1勝にポイントを付与し重みをつけた対戦システム。9H限定でアイテム持ち込みなし。1H終了ごとにアイテムひとつランダムで使えるようになります。パワーショット時にカーソルがうねうね動きねらいを定められないようになっています。風の強さも?表示となっています。

 とりあえず緊張しつつ一戦。自分で部屋を作れなくて仕方なく自動入室。ルームマスターのほうが自分の好きなコースを選べるので得かな。今回は相手方のランダム選択によりSepiaWind Back9Hとなりました。トータルスコアではなくそのホールごとの勝負。勝負がついたその時点で次のホールに進むので、相手にチップインされると、こちらはアプローチが入らなければそこでおしまい。パットが打てない分PP損です。

 初勝負は2対0でわたしの勝ちでした。11Hでチップイン、15Hで相手方のトマホークショート。ラダーポイントは26ポイント増えました。SepiaWindは後半は簡単ですからちょっと運が良かったかも。相手はパワー25それに対しわたしは21、BlueMoonが舞台ならまず負けていたと思います。

 もともとアイテムにはWizWiz以外は頼る必要ないですし、風の強さが見えなくてもだいたいの予想はつきます。パワーショット時の不気味な動きさえ我慢すれば結構遊べる感じ。WizWiz Back9Hは難易度高そうですけどね。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.