勝手に一時停止しないで
 対戦するときは必ず時間制限40秒をかけています。相手に放置されたくありませんし、40秒でいかに打つか、これも対戦の要素だと思うからです。

 こちらがホールインワンを決めた直後の相手のショット時のこと。風が1mという好条件で慎重になるのわかりますが、なぜか一時停止をかけてくるのです。なんだろ?と思いつつこちらは当然停止解除。それでもさらに停止をかけてきます。この間ずっと無言です。わたしがホールインワンを取ったことに対する嫌がらせかなと正直思いました。これを2回繰り返した後に、"風車・・・"の一言。ああ、なるほど。1mの風の場合、動きの遅い風車の羽が軌道をさえぎることがあり、やむなくトマホークが打てなくなることはよくあります。わたしもしょっちゅうぶつけています。この時はグリーン上のカップと相手のねらいのずれを確認していたので気がつきませんでしたけど、まさか風車を待つために一時停止してくるとは、はじめてのことで予想もつきませんでした。
 いってもらえなければわからないですよとこちらも一言。もともと無言でしたのでその場は荒れることなくそのまま終わりましたけど、先に言ってもらえていたら断らなかったと思います。別にそこまで勝負にこだわりませんし、互いにホールインワンのほうが楽しいですから。でも、時間制限部屋で断りもなく自分の都合の良いように一時停止をかけるのはあつかましいにも程があります。驚きです。

 負けそうになると故意落ちする人や落ちはしないけどまるでやる気のないプレイを繰り返す人など、2度と対戦したくない人にいろいろと出会ってきましたけど、今回のものは新しいパターンです。相手に迷惑をかけるという感覚はないのでしょうかね。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.