次のアーカルム召喚石で悩む
 復刻イベントのアーカルムポイントを回収して、セフィラストーンが100個になりました。実際には107個必要ですが、とりあえず何か1つ召喚石が取れそうなところにまでは持ってくることができました。水属性のHPを盛るためのジャスティスは年内に取れそうもないので、とりあえず他の召喚石を取ってしまおうかなと、判断が傾きかけています。

 ガイゼンボーガ狙いの光精のアストラは現在190個。召喚石を取ってしまうとアーカルムの契約者のカード交換に必要なセフィラストーン30個分が、この瞬間確保できなくなるのが難点ですが・・・。まあでも結局セフィラ玉髄がありませんからね。クリスマスか6周年かどちらかのキャンペーンで追加されそうな気はしますが、入手性が緩和されるのはまだまだ先でしょう。在庫追加を期待しないで待っています。

ヒヒイロカネがドロップした
 初めてヒヒイロカネがドロップしました。野良アルティメットバハムートHLの救援に入っての一戦でした。唖然とするような展開で呆れましたけど・・・。酷い中で頑張った見返りとして貰えたのかな。

初ヒヒイロカネ

 このヒヒイロカネを使って早速フュンフの最終上限解放を済ませてしまいました。これで最終上限解放済み十天衆が8人。このペースなら来年中に10人揃うのはまず間違いないと思うのですが、どうなるか。

 それにしてもフュンフのリミットボーナスを上げておかなかったのが悔やまれます。フュンフは年末年始のガチャで増えるであろうキャラと一緒に育てるつもりでしたので、キャンペーン中は放置気味でした。

 しかし、正直なところフュンフは10人目でも良かったと思えるキャラです。最終上限解放前だと本当に回復できるだけ。最終上限解放後でも微妙な強化効果が増えるだけ。対アヌビスHL攻略専用といっても過言ではないような・・・。

 とはいえ個々の十天衆に対する関心が最早まったくないので、後悔も不満もありません。10人揃えることだけを考えて、残り2人、頑張ります。

目先の目標が見えない・・・
 召喚石ザ・ムーンを取得して以来さぼっていたアーカルムの転生、さすがにパスポート上限に近づいてきたため、とりあえずポイント・アクイラを1周してみました。狙いは十賢者カイムのフェイトエピソードを進めるために必要なカード交換分の刑死者のイデア14個。上手くいけば3周で済むと思っていたのに、1周目から最低の3個。続く2周で5個ずつ出ても1個足りないという最低の展開です。道中で1個拾えるまで狙いを変えるべきかと悩み中・・・。

 漠然と狙っているガイゼンボーガは光精のアストラが175個まできています。アーカルムポイントが常に40000切らないよう動いているため、これを使ってしまえばすでに200個相当あるにはあるのですが・・・。仮にセフィラ玉髄があっても踏ん切ることができなさそうなくらいには、ガイゼンボーガに対する魅力はもう感じていません。

 召喚石ジャスティスが欲しいですけど、やはり遠すぎます。召喚石ザ・デビルを先に取ってしまおうか。

 個人的にやりたいことが見えなくなって迷走しています。

物足りない難易度になってしまった
 光属性有利のブレイブグラウンドはこれまでで一番簡単でした。いやらしい攻撃が一切なく、単にダメージが痛いだけ。それに耐え切れるHPがあるなら、どんな編成でもクリアできる難易度です。初見の一発で終わりました。

 強敵が待ち構えていた土属性有利のブレイブグラウンドに比べるとだいぶ物足りませんね。そこは20ターン以内クリアの称号を狙ってもらえれば、ということなのかもしれませんが、やはり試行錯誤してなんとか倒したところに格別の楽しさがあると思うのです。倒せるだけなら何の問題もないものを、さらにターンを短縮して倒せと言われても・・・(そもそも20ターン以内で倒せそうもありませんけど)。

 討伐章報酬のSSレア確定ガチャチケットはヴィンテージシリーズの武器になりました。いわゆるハズレです。キャラはだめでもゴールドムーンが欲しかったな。現在138個、つまりシェロカルテの特別交換券まであと12個。ここでの1個を逃すとは、ついてませんでした。

予期せず雷霆公1セット揃う
 アニメ第2話放送記念に雷霆公が配布されました。これでもって手持ちの雷霆公が最終上限解放可能となり、さっそくしておきました。

 残念ながら最終上限解放をしても使用可能になるのは4ターン目から。開幕から使えたら文句なしでしたが、属性防御ダウンが召喚石で賄えるのはなかなか良いです。手持ちはアーカルム召喚石を除いて1セット完成している召喚石は皆無(イベント召喚石はあるけど・・・)でしたので、その点でも嬉しいですね。

 先週の配布分でテスカトリポカもリーチがかかりました。あとはサタン、カグヤ、アグニス、スノウホワイト、アドラメレク。この中だとサタンの配布はあってもおかしくないような・・・。ちょっとだけ期待しておきます。

無料単発ガチャでガウェイン
 無料単発ガチャからガウェインが来てくれました。以前にスペシャルガチャセットを購入して、ガウェインとユイシスどちらを貰おうかなと悩んだことがありました。その時はユイシスを選んでしまったわけですが・・・。あの時から縁のなかったガウェイン、やっとの仲間入りです。ガウェインは最終上限解放が実装済みなので、レベル100まで上げる必要があります。このキャンペーン中にどうにかいければと思います。

 アンチラは結局ハロウィンマカロンを食べさせてレベル100に持っていきました。リミットボーナスは後からついてくると割り切りました。共にレベル100となったアンチラとニオ、その強化効果は並存するため恐ろしく強力な組み合わせとなります。通常攻撃がずっと上限叩いてる感じ。ペンデュラムを通常攻撃のものに変えたほうが良いかもしれません。手持ち風属性は有力キャラが急に増えてきて、編成が悩ましいです。

初日のデイリーミッション忘れかけた
 今日からの四象降臨、すっかり忘れていました。夜になってログインボーナスを貰おうとしたところで気がつく体たらく。でも今の四象降臨はつまらないですから、気にも留めていなかったのは当然かと思います。

 先日のニオに続き、リミテッドシリーズのカタリナもレベル100にしました。途中まで杖の銀片目当てのエンジェル・ヘイロー周回で経験値を稼がせていたものの、飽きてハロウィンマカロンを突っ込んでしまいました。

 カタリナの最終フェイトエピソードはつまらなかったです。話が中途半端に重いというか面倒というか・・・。なぜミュルグレスなのか、それをテーマにしたかったのは良くわかります。しかし単にカタリナとルリアの日常を描いてくれたほうが楽しめたでしょうね。

 逆に、同じくリミテッドシリーズのモニカのフェイトエピソードはとても良かったです。こちらは主人公たちが空の底に落ちてしまってから数ヵ月後、未だ彼らが行方不明の頃のモニカの日常が描かれていました。主人公たちの無事の知らせを受け、その場に崩れ落ち静かに涙するリーシャの姿にこちらも涙してしまいそうな、リーシャの株も上がるような内容でした。リーシャのバランス調整が楽しみです。

アーカルム召喚石ザ・ムーン取ってみた
 アーカルム召喚石のザ・ムーンを回収し、レベル150にまで上げておきました。わかってはいましたけど、やはりダメージ+10%は強い。エウロペの通常攻撃が80万前後にまで伸びてきました(ここでは召喚石ガブリエルを使ってますけど)。エウロペは初見ではあまり強くないなと感じてしまいましたが、実際は凄まじい破壊力を秘めてるキャラで、今ではお気に入りのひとりです。

ザ・ムーンでここまで伸びた

 ザ・ムーンの上限解放をしていく中で、ハーゼリーラの話が楽しめます。カッツェリーラと合流はするものの、話自体は独立した内容でした。彼女のほうがより復讐劇の色が濃い感じですね。

 これでダメージ+10%系のアーカルム召喚石はすべて揃ったわけですが、ここからどうしようか迷いどころにあります。7個目の召喚石を狙うにはセフィラストーンが足りていませんし、2人目の賢者を狙うにしてもまずセフィラ玉髄がありません。セフィラ玉髄があっても個々のイデアが微妙に足りていない状態です。いずれにしてもここにきて明確な目標がなくなってしまいました。

 一応ガイゼンボーガのために光精のアストラを交換で集めてますけど・・・(現在169個)。光属性はフュンフが来たこともあり、ガイゼンボーガはもういいかなという気もしています。召喚石狙いでいくならセフィラストーンを42個強集めるだけのザ・デビル、もしくは逆にこの先3ヶ月近くかけての正義のイデア集めが待っているジャスティスのどちらかにするつもりです。

フュンフ仲間入り
 四象降臨に合わせてのヒヒイロカネが1個追加されました。そして早速ヒュンフに仲間入りしてもらいました。これで十天衆は8人目。12月に貰えるであろうヒヒイロカネに期待して、フュンフの最終上限解放の日を待つことにします。

 先の古戦場中に最終上限解放に持っていったニオはラジエルの書を使ってレベル100にしてしまいました。最終上限解放前のニオはただ昏睡が何ターン続くかだけのキャラで魅力に欠けましたが、最終上限解放後はクオリアの威力が段違いの、まったくの別キャラ。これでもう少しキャラに華があれば良かったのですが・・・。

 リミテッドシリーズのモニカも強いです。トライアルバトルでシエテ・モニカ・ニオで20ターン進めてみると、モニカが最もダメージを叩きだしていました。まさか2ターンめ以降トリプルアタックが確定してるシエテを超えてくるとは。だからこそシエテは調整対象扱いになったのかもしれません。風属性キャラはメイン編成の候補が多すぎて悩ましいです。これでさらにリーシャまでもが調整対象に挙げられていますからね。リーシャが累積防御ダウンを持ってきてくれればモニカと組みやすくなるのですが、どうなりますやら。

キャラクターバランス調整の予告
 今回の300連ガチャ、終わってみれば新しく増えたSSレアキャラはたったの4人でした。Sレアキャラも新規のコワフュールのみという渋い結果に・・・。夏もファラ(水着バージョン)だけで、本当に当たらなくなってしまいました。Sレアキャラ、まだまだ持っていないものは多いのに。

 SSレアはたったの4人とはいえ、4人とも欲しいキャラでした。夏の7人と比べて見劣りすところなく、当たったキャラそのものは結構良かったと思っています。

 11月下旬とまだだいぶ先の話ながら、キャラクターバランス調整の予告がきました。シエテやリーシャ、シスといった現状でも強い部類のキャラが対象になっていることに驚かされる内容です。シエテは強さはそのままに、エンブレーマをサポートアビリティに再配置するのではないかと予想します。しかしシスはまったくわかりません。シスは個人的に不満はなく、今回明らかとなったラインナップの中では一番意外でした。

 リーシャはソニックアウトの使用間隔を短縮して、ファーストエイドの効果を高くするのか、それでなければブレイブコマンドの使い勝手を大きく変更してくるのか。個人的にはファーストエイドを全体化してくれれば十分ですが、そうするとモニカのエアスト・ヒルフェと完全に被ってしまい、それはないように思えます。そういえば今回のガチャのタイミングでモニカとの掛け合いが実装されていました。

 調整対象に挙がらなかったネモネとメルゥ、もう一度手を入れて欲しいです。虚空斧が土属性なのに、得意武器を斧もしくは格闘とする有力な土属性キャラが手持ちにいないので・・・。

 ユグドラシルももう少しなんとかして欲しいところ。今回実装されたSレアのコアフュールにアビリティ内容で負けているのが悲しすぎます。ユグドラシルに限らず、回復系アビリティ持ちのキャラはゲームバランスのインフレについていけておらず、全体に型落ち感が強いです。ザルハメリナや闇属性ロゼッタが今回対象とされたのもこのあたりが理由なのでしょう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.