巡洋艦完成!
 メカコレNO.22、地球防衛軍艦隊巡洋艦が完成しました。手をつけてから2週間くらい、組み立てに4日、塗装で10日というところでしょうか。塗りわけはすべてフリーハンドでやったため、マスキングを失敗してやり直すいつものハマリがなくあっさり完成しました。

 この巡洋艦は"さらば宇宙戦艦ヤマト"において、白色彗星を迎え撃つべく出撃したアンドロメダを旗艦とする地球防衛軍艦隊に編入されていました。しかし劇中の出番はほとんどなく、駆逐艦よりも小さな扱いの轟沈シーンと白色彗星に飲み込まれるシーンでしか確認できませんでした。もっと探せばあるかもしれませんが。波動砲を撃つシーンくらいの見せ場は欲しかったですね。

メカコレ巡洋艦01

 出番がなかったわりには格好良いデザインだとは思います。ただ、艦橋下から主砲までの間がのぺっとしてるので、斜面に仕切りのモールドでも追加すれば良かったかなと完成間近の段階で思いました。

 パーツの合いは比較的良いです。唯一波動砲口のゆがみが大きかったため、接着してパテを盛って本体と整合させました。色の塗りわけを考えると塗装した後に接着したいところですが、それは無理と断言できる程度には合いが悪いです。波動砲口はアンドロメダもパーツの合いが悪かったところからして、当時の技術ではなかなか難しいところなのでしょう。

メカコレ巡洋艦02

 ボリューム感はまったくありません。同型のパトロール艦にはおまけのコスモタイガーIIが付いているのに対し、後発のこの巡洋艦には何もありません。

 白の塗りわけは、先に述べたように完全フリーハンド。まずエナメル塗料のホワイトで下地を作り、塗りわけラインをエナメル塗料用の薄め液を使って綺麗に整え、その上でラッカー塗料のホワイトではみ出さないよう慎重に仕上げています。これは白で塗り分ける箇所が筆を外側に逃がせる位置にあるからこそ可能な技で、何にでも応用できるわけではありませんが・・・。
 
地球防衛軍

 手前から巡洋艦、アンドロメダ、駆逐艦です。駆逐艦は1箱に同じものが2つ入っています。やっぱり実際に見比べても巡洋艦は物足りないですね。

 製作中、巡洋艦が小ぶりなのはアンドロメダにスケールをあわせたからかな?と思っていたのですが、並べてみると艦橋の大きさからしてそれはないことがわかります。箱の説明書きによるとアンドロメダの全長が280m、巡洋艦は190mとあるので、14cmのアンドロメダが1/2000、12cmの巡洋艦が1/1580くらいのスケールとなります。スケールは関係ないというのでしたら、主力戦艦のように箱いっぱいの大きさでも良かったかも。

 というわけでメカコレ巡洋艦でした。とにかく作中での出番がなく興味が惹かれないこと、そして完成までに手をやかなかったこともあって、思い入れがありません。もう少し試行錯誤すべきだったか・・・。

 地球防衛軍側はこれで残すところ護衛艦とパトロール艦、艦載機のコスモゼロとコスモハウンドとなりました。


 本体グレー:クールホワイト+ウイノーブラック+シルバー+スージーブルー(少量)
 本体白:クールホワイト
 本体上の黒っぽいところ:エナメル塗料のフラットブラック+メタリックグレイ+フラットブルー+フラットベース(少量)
 レーダーのオレンジ:以前作った駆逐艦で使ったオレンジの残り
 台座:つや消しブラック

あっさり完成間近のメカコレ巡洋艦
 メカコレ巡洋艦完成間近。6月の半ば頃から作り始め、6月中に完成させようと少しずつ手を入れてここまできました。あとは、他に特になければ、台座の巡洋艦の文字を金色でなぞるだけです。6月中には間に合いませんでしたが7月1日に完成記事を上げようと思います。

巡洋艦完成間近

 これでメカコレ14体目の完成となる予定です。一昨年7体、去年6体、今年いまだ0体・・・。改修して作り続けていたゴーランドはついに諦め、新しく別の箱のゴーランドを組み立て始めて、本体の合わせ目処理中です。余計なことはせずに素組みにします。塗装で手間取っているコスモゼロは直近で失敗した塗装のまま放置中。何度やっても主翼の黄色の塗りわけが左右でバランスが取れず、行き詰ってしまいました。一旦モールドを埋めてバランスよく掘りなおすか(自分の技術では無理そう)、あくまでそのままバランス悪く塗って完成させるか、うーむ。どちらにせよ塗装を剥がしてからの再開なので先は長そうです。コスモゼロなんてすぐ完成すると思ったのにな。

 巡洋艦の次はゴーランドを作りつつ、コスモハウンドかパトロール艦にしようかなと考えています。今年はだいぶ遅れてしまいましたが、残り半年で6体は無理でも4・5体は完成させたいです。そのつもりで作業していきます。

ここでゴーランドに戻る
 先日の古代艦で今年5つ完成したことになるわけですが、残り二ヶ月で当初の予定である残り2つ(計7つ)まで完成させるのはまず無理そうです。ま、別に急かされるようなノルマがあるわけでもなし、気ままにやっていきます。

 とりあえずコスモゼロは塗装するだけの状態にあるので完成する可能性はあるのですが・・・。やはり塗りわけが難しくて手間取っています。このあたりは古代艦とまるっきり同じパターン。とはいえ次に完成するとしたらこのコスモゼロなのは間違いないでしょう。バルゼーは甲板をシールで仕上げることにしたので、コスモゼロとは逆に塗装を剥がし中。なっかなか綺麗に落ちなくて苦労しています。完成は遠いです。そしてゴーランド。技術もないのに不満点に手を入れたばっかりに長らく作業が滞っていました。

ゴーランド途中経過

 とはいえ投げ出したわけではなく、少しずつやすりをかけたり塗装してみたりはしていました。そしてなんとなく形が見えてきたかなというところまできました。このゴーランドがとりあえず次の次の完成品候補です。本当にそう上手くいくのかなという気もしますが。結構ボリュームもあり格好良い(ように見える)ので、なんとか完成させたいです。

古代艦完成!
 宇宙戦艦ヤマトメカコレNO.20、地球防衛軍艦隊古代艦が完成しました。正式名称はM-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦で、古代守が乗っていたのはその17号、だそうです(箱書きによる)。劇中ではヤマト登場前の最大の見せ場を作った艦です。

 このまま自滅するよりは撤退だと判断した地球防衛艦隊司令である沖田十三に対し、ここで撤退しては死んでいったものに顔向けできないと反論する古代守。沖田は、ここで全滅してしまっては地球を守るために戦うものがいなくなってしまう、明日のために今日の屈辱に耐えるんだ、それが男だと説得するが古代は納得しない。男だったら戦って戦って戦い抜いてひとつでも多くの敵をやっつけて死ぬべきじゃないんですか、見逃してくださいお元気でと沖田艦長に別れを告げて特攻をかける。

 その特攻を仕掛けた艦がこの古代艦です。

古代艦01

 塗装に非常に苦労しました。成型色が赤一色なので、赤を塗るところ以外はまず銀色を塗り下地をつくり、ついで白色、さらに黄色、という順に塗っていきました。しかしどうしても上手く行かないところもあり、すべて色を剥いでやり直し、また銀白黄を塗り、また気に食わなくてやり直して・・・、結局3回塗りなおしました。

 黄色はなかなか発色せず、意図して作った色より薄くなってしまいました。もう少しオレンジ色寄りだったのですが。まあでもこれでも特に不満はありません。

古代艦02

 黄色と赤色の塗り分けも大変でした。前半分の黄色は赤色側からマスキング出来るので簡単ですが、後ろ半分の黄色はその形状からマスキング出来ませんでした。結局行き着いた方法はフリーハンド。先に赤い部分を塗り、黄色い部分はマスキングなしで適当に塗り、最後の黄色の部分をマスキングして赤色側にはみ出した部分を修正という手順で塗り分けています。

 この塗り分け作業の中で、本体に貼り付ける出っ張り部分の黄色と赤色のラインとも合うように修正しました。わかっていればどうということのない作業ですが、試行錯誤しながらやったため、二度も一からやり直すというとんでもない手間がかかってしまいました。

古代艦03

 おまけブラックタイガー。これも黄色が薄かった・・・。けどいまさら仕方ありません。まず黄色に塗って(裏は白一色)、フリーハンドでエナメルの黒を塗り、あとはマスキングテープやモールドを使って余計な黒を拭う、という塗り方をしました。黒を被った黄色がどうしてもくすんでしまうのが難点ながら、複雑な塗りわけもそれなりに仕上がりました。

古代艦04

 沖田艦と。本体もおまけも古代艦と沖田艦は同じ大きさです。欲を言えば沖田艦がもう少しどっしりとしていれば良かったのですが。痩せすぎです。古代艦の形状は文句ありません。

 カラーリングがド派手なうえ劇中でも印象的な艦であり、なかなか存在感があって良いメカだと思います。完成までとにかく苦労したこともあり、思い入れも深まりました。もう一回作りたいとは思いませんけど・・・。

 というわけで古代艦完成です。今年メカコレ5個目の完成品。

 本体赤:ハーマンレッド
 本体白:シルバーの下地にクールホワイト+グランプリホワイト(半々くらい)
 本体黄:本体白の下地にキアライエロー+黄橙色(黄色はなかなか発色しないので、意図した色味より濃い目のほうがいいかも)
 窓:エナメル塗料のフラットブラック+フラットブルー

古代艦もうすぐ完成
古代艦完成間近

 おまけブラックタイガーも塗りあがりそう。ついに古代艦が完成しそうです。艦橋上のアンテナの色が白なのか赤なのか良くわからないので未だに迷っていますが(劇中では白だったり赤だったり・・・)、箱絵に従って赤く塗りなおすつもりです。あとは台座の文字に金色を入れておしまい。問題がなければ明日中に完成させます。

 このおまけブラックタイガーはなかなか格好良いです。もう3機くらい付けてほしかったです。

アンドロメダ完成!
 メカコレNO.4、地球防衛軍旗艦アンドロメダが完成しました。メカコレシリーズを作り始めた初期に手をつけたのに、2年越しの完成となってしまいました。別に難しいところはなかったものの、整形の段階で消えてしまった艦首のモールドをどうするか、本体の色をどうするか、と、悩みが重なって放置したのが原因です。やる気を出して手を動かせば些細なことでしたが・・・。

アンドロメダ01

 このアンドロメダはさらば宇宙戦艦ヤマトでは地球復興のシンボルとして、そして地球防衛軍艦隊旗艦として登場しています。しかし一方では地球人類のおごりのシンボルでもあるかのような役割を課せられ、白色彗星に飲み込まれてあっけなくも退場してしまいます。デザインは良いのでもう少し活躍して欲しかったところです。拡散波動砲の動きがあまりに間抜けすぎましたね。それで止まるわけないよ!と突っ込みいれたくなります。

 箱にある武装データが興味深いです。アンドロメダには波動砲の発射口が二つあるように見えますが、このニ連装で1門と数えるみたい。そして艦橋の基部にあるスリットは窓ではなく、なんと五連装大型艦橋砲という武器!?これ使ってるシーンあったのでしょうか。でも使ったら第二主砲が焼け焦げそうな位置ですね・・・。

アンドロメダ02

 悩んでいた本体色はシルバーにグランプリホワイトとわずかのミッドナイトブルーを混ぜたグレーにしました。もともとイメージしたのが艦隊旗艦らしい華々しく明るめのグレー、少し紫がかった色だったのですが、そんな色が再現できるはずもなく・・・。他のメカを作っているうちに、シルバーにホワイトを混ぜると綺麗なグレーになることに気がつき、そこから妥協して今回のグレーを作り出しました。シルバーがベースになってるとはいえラメ感はまったくありません。

 艦首の消えたモールドは、モールド大に切り出したランナータグを貼り付けて凸モールドとして再現してあります。かなり薄く削ったつもりでしたが、塗装してみればオーバースケールもいいところ。でもまあいいやとそのままにしてあります。さらに薄くするのはわけありません。しかしせっかく手間をかけて切り貼りしたので、わざとらしいくらいでいいかなと自分を納得させました。

アンドロメダ03

 クリーム色はクールホワイトにキアライエローを混ぜただけのものです。黄ばんだような色はどうなのかと思い、実は最初はほとんど白という色で塗っていました。でもこれだと単調というか締まらないのですね。何気にこのクリーム色があってることに気がつきました。

 サブエンジンのノズルはそのままだとのっぺらなので、エナメルのフラットレッドを塗ってごまかしています。艦橋の後ろ側の凹モールドも同様。

 メインエンジンノズルはウイノーブラックにシルバーを混ぜて色味を軽くしています。少し赤を混ぜても良かったかもしれません。真っ黒に塗ってみたらそこだけ浮いてしまったのが、この色で落ち着いた感じになりました。

アンドロメダ04

 ヤマトと並べて。残念ながらヤマトのほうが少し小さいです。これはアンドロメダが大きいというより、メカコレシリーズの中でヤマトが小さすぎるせいです。しかし逆に主力戦艦は大きすぎるという・・・。地球防衛軍のメカはことごとく大きさが合わないのが難点です。

 アンドロメダはそのまま完成させてはどうやっても箱にしまえなくなる、と思ったので、艦橋部分は着脱式にしてあります。しかし実際は横倒しであればしまえるという・・・。でもそれだと後部の突起が折れそうですけどね。ここが唯一の工夫でしょうか。

 というわけでアンドロメダでした。今年4つ目のメカコレ完成品です。

 ここまで作ってきたメカコレの中で、塗装しないのであればこのアンドロメダが一番出来が良いと感じました。自分の未熟さもあり、塗装してしまうと一番という感じではなくなってしまいました。残念です。しかし塗装すれば良い意味で似たり寄ったりですね。このメカコレシリーズはもとが100円のプラモデルとは思えないです。本当に凄い。

 本体グレー:シルバー+グランプリホワイト+ミッドナイトブルー(少し)
 クリーム色:クールホワイト+キアライエロー
 メインエンジンノズル:ウイノーブラック+シルバー
 波動砲口内:ハーマンレッド+蛍光レッド
 
 その他細かいところの赤や黒はエナメル塗料で塗りわけ

ガミラス艦完成!
 メカコレNO.15、ガミラス帝国軍ガミラス艦が完成しました。ガミラス艦にはクルーザー型、ミサイル型、デストロイヤー型の3タイプがあり、このメカコレはデストロイヤー型のもの、最も機動力に優れているそうです(箱の説明書きより)。

ガミラス艦01

 組み立てに難しいところはありませんでした。裏側から見ると両翼の付け根の段差が酷いので、その修正に少し手間取った程度です。裏側なんて見ない、というのであれば無視してもまったくかまわないと思います。

 しかし塗装は苦労しました。本体は緑一色なので楽なのですが、目玉のグラデーションが非常に苦しかったです。下地にエナメル塗料のフラットホワイトを塗り、十分に乾燥させた後に黄色・オレンジ色・赤色の順に塗り分けていきました。この部分だけで下地から3回塗りなおした記憶があります。フラットホワイトは色がのりやすくで扱いやすいものの、塗膜の表面がガサガサになるので、普通のホワイトのほうが仕上がりは綺麗になるかもしれません。私のは厚塗りのゴテゴテになってしまいました。

ガミラス艦02

 側面の刺又のようなパーツは劇中では緑色だったり黄色だったりとよくわからなかったので、見栄えのよい黄色を選択しました。箱絵だと本体の緑より明るめの黄緑色です。

 本体の緑色は当初こそ普通にグリーン(Mr.カラーNo.6グリーン)だったものの、あまりに色ムラが出てしまったため、少しずつ色を暗くして慣らしていったらこんな深い緑色に・・・。白色彗星帝国軍のメカで使われている緑色と違っていればいいやということで、そのままにしました。成型色に近い緑色でもあるのでこれで不満はありません。

潜宙艦

 謎のおまけ潜宙艦(せんちゅうかん)。潜宙艦はさらば~のほうで地球防衛軍が白色彗星帝国軍と戦ったときに出てきたメカです。アンドロメダがソナーを上げて(照明弾?)、登場即殲滅されていました。というわけでガミラス艦との絡みはないはずなのですが・・・。箱に"ヤマト・メカコレクションでミニの地球防衛軍と白色彗星軍を編成しよう"と書いてあるので、実質的には潜宙艦がメインでガミラス艦がおまけなのかもしれませんね。

 この潜宙艦、通常時はブルーで、攻撃のときは黒に変色し、宇宙空間に溶け込んで消えてしまうという設定があるようです(箱の説明書きにそうある)。確かに劇中でも黒っぽかったので最初は黒色で塗りました。しかしこれだとガミラス艦と同じ台座に置いたときの見栄えが悪いため、その上からデスラー艦で使った余りの青色を適当に塗ってしまいました。

ガミラス艦とデスラー艦

 デスラー艦とならべて。ふた回りくらい小さいとスケールがあったのにね。ガミラス艦大きすぎ・デザインも大味な感じなのがちょっと残念。

 このガミラス艦は、ヤマト登場前、沖田艦長率いる地球防衛軍を壊滅させ、沖田艦長に"やつらにはこの船では勝てない"と言わしめ、さらには特攻を仕掛けた古代守のミサイル艦を袋叩きにするという、雑魚ながら非常に印象的なメカとなっています。それだけに、やはりもうほんの少し精緻感のあるデザインだったらなあと思います。

 というわけで、ガミラス艦でした。今年これで3つ目のメカコレ完成品です。

 本体緑:グリーン+ミッドナイトブルー
 艦首の角の濃い緑:上記緑色にさらにミッドナイトブルーを加えたもの
 刺又:キアライエロー+黄橙色(ほんの少し)
 目玉:エナメル塗料で塗りわけ

本当に完成目前
今から仕上げる

 完成目前のガミラス艦とアンドロメダ。

 ガミラス艦は台座のネームモールドを金色でなぞるだけ。アンドロメダは予めエナメル塗料の黒を置いておいたところを綺麗に仕上げるだけ。今から作業します。(追記:作業終りました。ガミラス艦とアンドロメダ、同じ日に完成。)

 10月最初の記事はガミラス艦完成のものになりそう。

アンドロメダ完成させたい
 アンドロメダの塗装をしています。もともと塗りかけで放置していたものなので、すでに色をのせたクリーム色の部分はそのまま活かしつつ、塗りかけのグレーの上から新たに別のグレーをざっと塗ってみました。

アンドロメダ塗装中

 アンドロメダはこのグレーをどのような感じにするのかで悩みました。劇中ではいかにもなグレーだったり、突如青っぽいグレーになったり、箱絵では白っぽいグレーだったり。地球防衛軍旗艦ということもあり、白味が強いほうが格好良いかなと試してみるとこれがイメージに合わず、そこから長らく手つかずになっていました。

 今回は銀色をベースにグランプリホワイトとミッドナイトブルーを混ぜて、銀のラメ感がぎりぎりない、わずかに青味のあるグレーにしてみました。これといった特徴がないのが残念ですが、無難な仕上がりになりそうで、これはこれで悪くなさそうです。

 塗装は8割ほど出来たという状態、製作を再開してからまだ数日ですが、もう完成しそうですね。今まで何をやってたんだという気がします。

 ガミラス艦はいまだ生乾きです。この記事を書くのに確認してみると、ほんの少しだけホコリを被ってしまったので、マスキングテープで綺麗にしておきました。やはりちょっと表面が粘つく感じがします。いつ乾くのこれ。このまま生乾き状態が続いても、アンドロメダが完成する直前に台座のネームに金色を入れて完成させてしまいます。

 古代艦は本体についてはもうすることがありません。残っていたアンテナパーツもすべて取り付けてしまいました。ただ、おまけのブラックタイガーの塗装をどうするかで少し迷っています。黄色と黒色、マスキングして両方ともラッカー塗料で塗るか、黒色はラッカー・黄色はエナメル、もしくはその逆、いくつか手があるので悩みますねえ。

 このペースならアンドロメダとガミラス艦は同時に完成しそうです。今月中には完成させたいな。

古代艦ここまできた
 今年の冬からず~っと塗装し続けていた古代艦、やっと完成が見えてきました。もう塗りなおすことはないので手を動かしただけ完成に近づくことになります。

古代艦完成間近

 ここまで、胴体の黄色は2回剥がしました。艦尾の黄色は3回・・・。赤色との塗り分けに難儀しました。今となっては難しい話ではなかったのですが、悩みすぎて失敗を繰り返していました。

 紡錘形のパーツにマスキングテープを貼る場合、太くなっているほうをマスキングしてしまうとテープのゆがみが大きくなります。細くなっているほうでもゆがみますが、まだマシです。つまり古代艦でいうと、艦尾の黄色を塗ってから黄色をマスキングして赤色を塗れば比較的簡単だったのです。胴体中央の黄色は、先の赤色を塗りあげてから赤色をマスキングすれば綺麗に塗り分けられます。この順序は試行錯誤しなければまずわからないとはいえ、恐ろしく遠回りしてしまいました。

 完成間近とはいえまだ塗るところがあります。砲塔に赤いラインを入れなければなりません。エナメル塗料を使うのでもはや大失敗はないとはいえ、これはこれで難しそうです。あと、おまけのブラックタイガーはまだ下地の真っ白状態。これがまた複雑なカラーリングなので手間がかかりそうです。全体としての完成はもう少し先かもしれません。ま、古代艦さえ仕上がってしまえばどうとでもなります。

 平行して進めてきたガミラス艦は、写真はないものの台座の文字を金色で塗れば完成というところまできています。表面をエナメル塗料で洗ったので現在触れない状態です。こちらは近々完成の記事が上がるでしょう。残念ながらあまり上手く塗装できませんでしたが・・・もう完成とします。

 ふたつとも完成にこぎつけそうで、本当に良かったです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.