やっぱりもう遊ぶ時間ないかも・・・。
 無料ガチャはルーレットでガチャピンモードが当たってしまい、ゲージはリセット。グランデフェス中にも関わらず50連ハズレが続き、60連目でユエル(水着バージョン)とSレアのヴァンツァが当たりました。ムックモードはありませんでした。

 やはり遊んでいられる時間はガチャを回す程度しかないので、毎週の栄誉の輝き稼ぎは絶望的となりました。アーカルムの転生も簡易探索頼みになりそうです。

 もう遊べないとわかってくるとガチャの結果などどうでもよくなってきます。キャラを育てられないのでフェイトエピソードも楽しめませんし・・・。それでもメインクエストだけはと決めてはいるものの、このままだとそれすらどうでもよくなってしまいそう。そうやって最終的に遊ばなくなるのかな。なんだか寂しくなってきます。

予想よりも厳しい出だし
 ポイント・ケルサスを2周して闇精のアストラは4個増えただけでした。ドロップは9-3デスから2個ずつのみ。3-3と6-3のパペットからは光精のアストラのほうが1個でましたけど・・・。そして星導の天球儀を2個使ったため、交換2個分のポイントを失ってしまいまた。予想より厳しい出だしで先が思いやられます。

 残念ながら実生活の関係でゲームをする時間が取れなくなりそうです。毎日のログイン程度なら問題ありませんが、毎週の栄誉の輝き稼ぎやアーカルムの転生が上限までこなせるかはわかりません。古戦場参加はもう当分の間は無理です。あと勲章40個だったかでヒヒイロカネと交換できたのにな。その他各種イベントについても周回要素に付き合っている時間はないでしょう。ガチャチケットやダマスカス骸晶を回収することもなくなりそうです。ただ、唯一楽しみにしているメインクエストの更新があれば、それは遊びますし記事にすることもあると思います。ま、とにかく実生活が最優先です。

 正直なところ、グランブルーファンタジーを初めてもう2年と3ヶ月ですから、そろそろ止める頃合かもしれないと考えることは何度もありました。良い機会だと思って距離をおくことにします。別にグラブルが嫌いになったとか、そういったことはまったくありません。去年の夏前までは嫌気が差していたのは事実ですが、夏にグレア(水着バージョン)を引いて、編成の自由さを感じるようになってからはむしろ楽しく遊んでいましたからね。

召喚石デスをレベル200にしてみた
 デスの最終上限解放(Lv150→200)を終わらせました。

デス最終上限解放

 スナップショット右下のトレジャー、巨獣骨50個集めるのに若干手間取りました。手間を考えると蒼光の輝石との交換で集めてしまっても良いと思います。交換する場合は同等トレジャー50個で蒼光の輝石250個が必要になります。1種類だけであればまず問題ないはずですが、10種類すべてを交換で済ませようとすると2500個かかる点には注意してください。

 私はそこまで蒼光の輝石を持っていないので、ドロップ率アップを盛れるだけ盛って90章エピソード3を周回してトレジャーを集めまた。メイン召喚石こそコロッサス・マグナだったものの、フレンド召喚石はカグヤを最優先で選択。1時間弱で5~10個程度でしょうか。同時にベスティエフルーツとトキシックフラワーも狙えます。この3種のトレジャーについては地道に周回して集めるのも悪くないと思いました。

 デスのこの段階での終上限解放を終えるとついにニーアのフェイトエピソードが登場します。

ニーアフェイトエピソード

 それを終わらせると改めてニーア獲得のためのフェイトエピソードが出現し、そこで"デスが描かれたカード"が要求されました。

闇精のアストラ200個

 噂のアストラ200個も確認できました。とりあえず集まるまでに7ヶ月はかかるだろうと見ていますが、さてどうなりますか。

せっかくのムックモードでも・・・
 今日はルーレットでガチャピンモードが当たってしまい、目前まで貯まっていたゲージは消滅。そのガチャピンモードは10連で召喚石マキュラ・マリウス、続くムックモードも10連で被りのグレア(水着バージョン)でした。グレア嬉しいですけど、すでに持ってますからね・・・。

 昨日は20連でぎりぎりガチャピンモードに届きませんでした。ここで初SSレア枠を引き、被りのマルキアレス。しかしSレアの闇属性ジャミルが当たり、これが5周年キャンペーン初のキャラ獲得となりました。今日もSレアのアルルメイメヤ(浴衣バージョン)が当たり、一応最低限は恩恵を得られていると言えなくもありません。限定バージョンは引けるチャンスが少ないですから、Sレアとはいえ当たっただけでもマシでしょう。

 しかしこれでグランデフェス中のガチャピンモードはほぼ期待できなくなってしまいました。そしてグランデフェスがちょうど終わる頃に次のガチャピンモードになるであろう嫌らしさ。今回の無料ガチャは個人的に恐ろしく流れが悪いです。満足のいった去年の夏と年末年始のガチャの帳尻合わせだと思って、ここは耐え抜きます。

無料ガチャ不発中
 無料ガチャは10連10連20連でSSレア枠なし。Sレアキャラすら出ていません。このままだと明日ガチャピンモードになってしまい、グランデフェスとも被らなさそう。今のところは最低に近い進行で萎え気味です。

 レガリア武器のドロップ緩和について、今のところ確かに落ちやすくなっているような気はします。ニーベルン・クリンゲ、ラストストームランス、ラストストームブレイド、テュロスワンドがそれぞれ1本ずつ出ていますので。本当にドロップ率がこのままであるのなら、半年かからずお目当ての武器が揃いそうですが・・・。そんなに上手く行くわけないとも思いますけどね。5周年記念武器交換をどれにするのか悩ましいです。

闇精のアストラが揃うのは7ヶ月後か
 週明けアーカルムの転生はポイント・ケルサスからの再スタートです。1-1から7-3まで進んで闇精のアストラは0個、光精のアストラが1個でした。これは厳しい・・・。いったいいつまで周回し続ける必要があるのかと思い、以下、大雑把に計算してみました。現時点で闇精のアストラは22個、あと178個必要な状況です。

 1週間(アーカルムパスポート7枚分)で稼げるアーカルムポイントを6000として、ポイントすべてを闇精のアストラとの交換に投じると毎週4個ずつ増えていきます。一方、ポイント・ケルサスには闇属性(と光属性)の中ボスが存在せず、したがって3-3と6-3でのドロップは運次第で1個あるかどうか、あとは9-3のボスがデスである限りは最低でも2個は確定、よって全体で3個は期待できるとします。(星導の天球儀にかかるポイント分は不意の闇精のアストラドロップ分で相殺)

 これらを踏まえると、目標の178個を超えてくるのは29週目。全力で交換を進めてもほぼ7ヶ月・・・。昨日記事で、前例からすると7~8ヵ月はかかりそうと書いたのが見事に当たっていました。とはいえなにがしかのキャンペーンでアーカルムパスポートの配布があるでしょうし、6ヶ月程度で集まると思いたいです。半年!先は長い。

 今月分の栄誉の輝き交換でラストストームハープ2セット目が完成しました。今年に入ってからはニーベルン・ホルンの交換を優先していたのにドロップ運に恵まれず、ラストストームハープに逆転されてしまいました。

 ただ2セット装備しても特になんということもなく、さらに3セット目を揃えてクリティカル確定状態にしても、たいして強くならないようにも思えます。結局キャラ側の強化効果頼みなのかもしれません。その3セット目は5周年記念武器交換を使えば即日揃うわけですが、ちょっとこれは迷いますね。レガリア武器ドロップ緩和がどの程度のものかもまだわかりませんし。5周年記念武器交換の期限は来年2月末(!?)までなのでじっくり考えることにします。

そう簡単ではないとは思っていたが・・・
 アーカルムの十賢者実装!でも仲間にするのは当分先になりそうです。アーカルム召喚石のさらなる最終上限解放自体は難しくないものの、その次の段階で属性のアストラが200個必要となるとか。Twitterで大騒ぎになっていました。

 200個・・・。個人的な話ですが、デスとザ・スターを取得から最終上限解放に持っていくのに必要な素材をすべて揃えるのに10ヶ月かかっています。そこには闇精のアストラと光精のアストラ100個ずつが含まれています。意図せずドロップした余り分があるので再度10ヶ月かかるわけではありませんが、少なく見積もっても7~8ヶ月はかかりそう・・・。交換分で上積みして6ヶ月切るかどうかでしょうね。

 当然ながらデスとザ・スターの両方の十賢者を平行して狙うことは現状無理です。能力はザ・スターのガイゼンボーガのほうが好みだったのですが、エヒソードがいまひとつ。まずはデスのニーアを優先することにします。ポイント・ケルサスに出戻りです。

 ザ・サンおよびザ・デビルのために今日まで集めていたセフィラストーンは193個、火精のアストラは197個になりました。両方取ってしまうとセフィラストーンが尽きてしまいダメですが、どちらか一方だけであればニーア獲得に支障はなさそうです。少し様子を見て判断したいと思います。

5周年アップデートに期待してしまう
 5周年直前生放送、イベントより面白かったです。アップデート内容も盛りだくさんでした。一番嬉しかったのはレガリア武器のドロップが若干緩和されそうなところ(まだ詳細は不明)。目先の目標がこれしかないのに、毎月のドロップ数はランダムで1~3本という渋さ。強運の持ち主でもなければお目当てのレガリア武器など早々集まるわけがありません。これが1年近く続いたわけですからね・・・。

 正直なところ、この集めにくさについてはさして不満はないのです。ただ、本当に集まらないので、停滞感にうんざりさせられてしまうのが問題でした。レガリア武器が集まらなくてもマグナ武器の最終上限解放を進められるようにしてくれてさえいれば、それはそれで楽しめたはず。しかし実際は必要なトレジャーがレガリア武器の最終上限解放と被っていたため動けませんでした。実際、私はこの1年で最終上限解放に持っていけたマグナ武器はひとつもありません。そのあたりが改善されるのでしたら嬉しいです。

 十賢者は実装当日に獲得するのは無理そうな条件でした。ただデスとザ・スターに対応する賢者、どちらも一目強そうなキャラで期待してしまいます。使ってみないことには本当のところはわかりませんけどね。

 あとは順次来るアップデートをおとなしく待っています。

前編よりは面白かった
 トリプルゼロイベント後編は面白かったです。まさか最後の最後でナイトサイファーが出てくるとは・・・。でも場面場面の演出で話を盛り上げているだけで、内容はあまりないような・・・。個人的にはビィくんとルリアの正体(?)のヒントらしき描写が最も興味深かったイベントでした。

 黒衣の男(バブさん)は結局何がしたかったのでしょうね。何の見せ場もないまま封印されてしまいました。仮に世界が終わった後も神の塔でひとり生き残ったとして、それに何の意味があったのか。ルシフェルが庇護していた空の世界を終わらせることで、自分はルシフェルを超えたと証明したかった、ということか。なぜか主人公と直接対峙することのない思わせぶりな存在でありながら、連合のかませ犬役で終わる不自然さ。封印を破っての再登場は十分あり得そうな気がしますが、さてどうなりますか。

 ルシファーもいまひとつわかりませんでした。ルシファーの思惑通り事が運べば空の神と星の神の争いもついに決着を見るわけで、それはそれで創世神の思惑通りなのではないか・・・。しかしそれでは神への反逆になりません。ルシファーですら創世神の前では道化でしかなく、その行動はホメオスタシスから当然に導かれるものである、そういう話だったのか。うーん。考えても話が進展するわけではないのでここまでにしておきます。

 敵役がしっかりしていないイベントはどうにも締まらないのが残念です。その意味では去年のベリアルは本当に良いキャラでした。

風属性ヘルエス当たった
 前夜祭キャンペーン本日分の単発無料ガチャで風属性のヘルエスが当たりました。単発の無料ガチャで、その時の目玉SSレアキャラが当たったのは闇属性のゼタ以来。そういえばゼタもこの時期に当たったような?と確認してみると、やはり2年前のこのタイミングの無料ガチャでした。去年は何も当たらず、しらけていた記憶があります。今年は当たってラッキーです。

風属性ヘルエス引いた

 風属性ヘルエスの強さは今のところ今ひとつ判断つきませんが、被ダメージあるまでトリプルアタック確定、13ターンに1回味方全体の攻撃力大幅アップというアビリティ性能が、なんとなく最終上限解放前のシエテを思い起こさせます。光属性のシャルロッテもほぼシスでしたし、最新キャラを用いて十天衆の型落ちした性能を見直しているのかもしれません。

 フェイトエピソードが衝撃的でした。アルスター島は英雄再起イベントの後に再び災厄に見舞われていたようで、再三の復興を目指す話がこのヘルエスのフェイトエピソードになっていました。この災厄についてはスカーサハのフェイトエピソードで語られているのかもしれません。持っていないのでわかりませんけど・・・。こういうやり方をされると、スカーサハが欲しくなるので困りますね。

 ここまでの無料ガチャ、SSレア枠は今回が初めてでSレア枠は2回、どちらもキャラではありませんでした。光属性のミリンは引けないまま終わりそうです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.