風晶のエレメントが欲しい・・・
 今回のスペシャルバトルのハデスはHPが大きく増やされていました。しかし防御力は下げられたのか、ダメージが目に見えて通りやすいです。あとエフェクトが軽くなりましたね。前回までの魂(?)が飛び交う演出はかなり重く、リロードしまくっていたのを覚えています。今回はそれをする必要はありませんでした。

ハデス弱くなってる

 水晶のエレメントは1500個を回復し、とりあえず十天衆最終上限解放分は確保できました。しかし未だに風晶のエレメントは1500個を割っているため、やはりどこかでダマスカス鋼を使う必要がありそうです。ラストストームランスの最終上限解放もしたいですし、当分の間は風晶のエレメント不足に悩まされそうです。

 レガリア武器が一通り揃ってから、救援に入ることもめっきり少なくなりました。BPが有り余ってしかたありません。もったいないなと思いつつ、もう色々と面倒になってしまったとも感じています。

2ヶ月待ってこの内容の薄さは・・・
 メインクエストは舞台があっという間にナル・グランデに移り、(表向きは)紫の騎士そしてロキと共闘するという雑な展開でがっくりきました。紫の騎士から言質を取ったわけでもないのに、間抜けすぎるグランサイファーの面々にも泣けてきます。主人公達の旅を手伝うと言ってくれたリーシャも、あのシーンを最後に行方不明。同乗していなければ出番は当分なさそうですね・・・。

 星の旅人編については、まだ運営にもあらすじが見えていないのかもしれません。少なくとも今回の内容は行き当たりばったり感が凄まじいです。編が改まってからしばらくは面白かったのが嘘のようです。

アサルトタイムを潰されたのは痛い
 今回の古戦場は2日連続でアサルトタイムと騎空団アビリティが潰されてしまい、ここ1年で最低の貢献度にとどまっています。プレイ時間の関係でさっさと撤退した前回よりはるかに低い有り様。夜しか参加できない人にはあまりに不公平なイベントとなってしまいました。

ヴァルナ

 ボスはヴァルナ。召喚石に忠実なデザインですが、動きは前回のタコ単体のほうが良かったような。ホームランもありませんし・・・。古戦場はいかに快適に周回させるかに配慮しすぎて、ゲーム性が低くなるばかりなのがつまらないですね。仮に時間があっても、個人的に古戦場に力を入れなくなるのは時間の問題だったと思います。

 天星器は八命切を選択。4本1セット分回収できれば、と思います。いくらなんでもこれくらいはいけるでしょう。

まさかの描き下ろし
 バレンタインお返しが届きました!まさかの描き下ろしです。今年はモノクロのポートレートなので、来年は去年のようなカラーのブロマイド風のものになりそうな予感。ポストカードも付いていましたが、こちらは残念ながら去年とまったく同じものでした。

2019リーシャ

 今年は特にお気に入りのゾーイ、リーシャ、グレアの3人にしました。3人ともチョコを持っているデザインです。特にリーシャはコミカルに描かれているのが可愛らしい。

 質感は去年のもののほうが圧倒的に上です。でもイラスト自体は今年のものもとても良いです。つまり来年は狙い目ですね。今回は3人に絞っておいて正解だったかも。

 ネコポスゆえ当然ながらポストへ直接投函されていました。しかしA4サイズの厚さ2cm強もある実質小包状態のものがねじ込まれているのを見て、正直無理があると思いました。品名が"バレンタイのお返し"と明記されているので、気になる人は注意が必要かもしれません。

 それにしても既存のイラストを使いまわさずに新規に描き下ろしてくるとは・・・。予想外でした。注文して良かったです。嬉しい。

ネコポスだった
 昨日は宅急便とあったので警戒しましたが、今日になって確認できた荷物状況によるとネコポスでした。これだと今年もブロマイドの可能性はありそうです。全キャラ分、新たに書き下ろしているとはとても思えませんけど・・・。さてどうなりますか。明日が楽しみです。

 明後日からは古戦場。時間もやる気もない上に、ヒヒイロカネ交換も相当遠いのでむしろ気楽です。水晶のエレメントが少しでも稼げれば十分という気構えで挑みます。

何が来るのか・・・
 サイドストーリーにきたアステールのイベントはあまり面白くありませんでした。仲間になるのはアステール、しかし実際はスーテラの成長物語。これだったらスーテラの決意にアステールの存在が大きく絡む展開にならないとダメでしょう。

 明らかによくなかったのがマライアの存在ですね。自業自得で姉を失っただけならまだしも、復讐の名目で間抜けにもマルドゥークを復活させてしまい、それでいて仲間面させるのは無理があります。アステールがいなければ、この取り返しのつかない失敗を重ねたマライアこそがスーテラの成長を促すのに相応しい存在になれたかもしれません。しかしそうはなりませんでした。

 率直に言って、メーテラ姉妹の物語にまとめてしまったほうが良かったと思います。

 2月のバレンタインキャンペーンの発送準備が整ったと連絡がありました。3つしか注文していないのにヤマト運輸宅急便で来るとのことなので、やはり今年はブロマイドではないのかもしれません。いかにもなグッズはいらないので、期待と不安で半々です。ちなみに去年はクロネコDM便が使われていました。

秋めいてくるまでには揃いそう
 闇精のアストラがやっと折り返しの100個を超え、現在101個。別途アーカルムパスポートとアーカルムポイントの残りが結構あるため正確なところはわかりませんが、だいたい当初計算したペースにあると思われます。ただドロップに限れば1周3個程度はあるだろうとの読みは外れ、実際には2個あるかどうかですね。光精のアストラのほうが良く出ます。

 特定のアストラ狙いで周回し続けると特定のイデアが丸々無駄になるため、最速にはこだわらず、集まっていないイデアを目当てに周回しつつ特定のアストラは交換で貯めていく、最終的な効率を考えればおそらくこれがベストなのでしょう。さすがに理解しました。

レガリア武器集め終了
 とりあえずあと1本、ニーベルン・ホルンが出ればなあと昨日と今日2戦ずつゴッドガード・ブローディアに挑んでみると、見事(?)ニーベルン・ホルンが出ました。これで3セット目の完成です。

 先日完成したラストストームハープ3セットのクリティカル確定編成は、正直あまり強くありません。これは武器よりも、おそらく最終上限解放済みニオ頼みの編成なのでしょう。最終上限解放前のニオでも、昏睡さえ決まれば上限を叩くことは可能ですが・・・。昏睡は1ターンで解けてしまうことも多く、頼りにはなりません。それと比較すると、かつて主流だったティアマトボルト・マグナ背水編成は自由度が高く、しかもラストストームハープの渾身編成に決して劣らず、ティアマトボルト・マグナの最終上限解放を進める手も有力だったかなと思えてきます。

 一方、今回のニーベルン・ホルンのクリティカル確定編成は強いです。理由はわかりませんが、風属性よりも土属性のほうが(個人的に使っている)キャラが強いのかもしれません。

 当面の目標としていたレガリア武器集めはこれにて終わりです。ここからの栄誉の輝きはニーベルン・クリンゲかアビスルック、ヘルマニビスあたりとの交換に使っていきます。

野良でもクリアできる時代か・・・
 ゼノ・コキュートス撃滅戦に追加された新武器は、ほぼ交換だけで1セット揃えることができました。これまでの資産を食い潰して、ですけどね。今回でトレジャーが底を突いてしまったため、次回もしあるのなら1からのスタートです。しかしそれはあまりにきついので、少しだけでも取り返しておきたいと思います。

 試しにマルチバトルのほうをオート放置してみたのですが、やはり無理でした。手動だとほとんどダメージを食らわずにいけるので、もしかしてと思ったのですが・・・。途中一度手を入れれば余裕なのに。この一手間が惜しいというか面倒というか、まあとにかく周回する上では天と地の差があります。同様にゼノ・ウォフマナフも無理でした。仕方ありません。半手動でやることにします。

 野良で流れてきたアルティメットバハムートHLに飛び入り参加。他の参加者が猛者揃いで5分程度で討伐成功です。50%切ってからのシルウス連発でゾーイとクビラが落ちてしまったものの、あとはなんということもなかったです。終盤たまたま私が入れたファランクスが"完全なる破局"を受け止め、全滅を免れたのはついていました。わかってはいましたけど、私程度でも戦力的には十分足りていたと感じました。ルームでの募集はトールを要求されるのでやらずにここまで来てしまいましたが、今回の野良の一戦をもって通用することがはっきりしたのは儲けものでした。

アテナ仲間入り!
 1月以来4ヶ月ぶりにスペシャルガチャセットを購入してアテナを貰っておきました。

スペシャルガチャセット購入

 アテナは実装当時から欲しかったキャラのひとりでした。今思えば12月の実装時に260連つっこんで取りに行くのが正解だったわけですが・・・。グリームニル実装まで待って、あわよくばグリームニル+シヴァもしくはエウロペの二兎どちらも狙おうと目論んだのが上手くいきませんでした。

 アテナはトライアルバトルで試した限り思ったほどではない印象でした。しかし、グリームニル戦に連れ出してみると凄まじい強さを見せてくれます。女神の怒りレベル5状態で敵から攻撃されると180万ダメージの追撃(というかアビリティ発動)があるのです。グリームニルは常に全体攻撃ですから、アテナは毎ターンこの追撃をし続けます。ダメージ量だけでみれば毎ターン奥義を撃ち込んでいるようなものですね。

 逆に言うと条件が揃わないと追撃はないので、救援で使うパーティにはあまり向かないかもしれません。短期決戦に限れば、アテナ・アニラ・シヴァの得意武器槍パーティよりも、アニラ・アンスリア・グレアの得意武器格闘パーティのほうが強力かもしれないとすら思えます。贅沢を言えばちょっと期待はずれでした。

 それはともかく火属性キャラが本当に充実してきました。まだエッセルの最終上限解放も残していますし、これからが楽しみです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.